海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up ソーラー充電タイプの小型荷物追跡ガジェット、世界中で追跡可能

Start Up

ソーラー充電タイプの小型荷物追跡ガジェット、世界中で追跡可能

スーツケースなどの荷物やペットの居場所を追跡できるガジェットがこのところ次々に登場しているが、最近は小型化の傾向が顕著だ。現在クラウドファンディングサイトで資金を募集している「Retrievor」も小型化を一層進め、開発...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Retrievorスーツケースなどの荷物やペットの居場所を追跡できるガジェットがこのところ次々に登場しているが、最近は小型化の傾向が顕著だ。現在クラウドファンディングサイトで資金を募集している「Retrievor」も小型化を一層進め、開発した米国・フロリダ拠点のスタートアップは「同様の機能を持つガジェットの中では最小」とうたう。コインほどの小ささであることに加え、太陽光発電で自動充電されるというすぐれもの。GPSを使っているので世界中どこでもトラッキングできる。

Retrievorがどれくらい小型かというと、大きさは米国の25セント硬貨ほどで、厚さは硬貨4枚分ほどとなっている。重さもわずか12グラムなので、スーツケースやバッグのポケットにしのばせるだけでなく、キーホルダーなどにつけるのもOK。もちろんペットの首輪や、子どもの自転車、靴などに付けて迷子対策として、また登山やトレッキングするときの遭難防止策として活用できる。

他の荷物追跡ガジェットと同様、Retrievorも専用アプリで居場所を確認する仕組みだ。GPSを活用した追跡システムなので、まさしく商品名(“見つける人”の意)どおり、世界中どこでもRetrievorを取り付けた目的の物や人の居場所を特定できる。誤差の範囲は120—300センチという。

値段は299ドルと、他の追跡ガジェットより高価になっているが、現在クラウドファンディングサイト「Indiegogo」で展開しているキャンペーンでは179ドルで入手できる。実際利用するときには、トラッキングに衛星を使うため、月額1.79ドルの使用料がかかる。

Retrievor
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報