海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Ranking

RANKING

人気の記事

DAILY

MONTHLY

DAILY

1

PUBGのプレイに最適のiPhone向け左手用コントローラー「Flydigi Wasp」

フォートナイトとPUBG。どちらもスマホで遊べるTPSゲームである。世界中に多くのユーザーを抱えている。 しかしスマホのタッチスクリーンというものは、TPSゲームを考慮して作られたというものではない。タッチスクリーン故の...

2

これぞ手のひらサイズ!懐かしの名機「Palm」がAndroid OSを搭載して復活

90年台に一世を風靡し、スマートフォンの原型を築いたともいわれるモバイルデバイス「Palm」。当時からの隠れファンも多く、新型として復活するという噂が流れた際には話題となった。 そんなPalmが本当に復活を遂げたようだ。...

3

高性能低価格イヤホン「PaMu」がBluetooth5.0搭載モデルになって帰ってきた!

今年始め頃に話題になった「PaMu」という製品がある。これは現在流通しているワイヤレスイヤホンの性能水準と同等であるが、クラウドファンディング「Indiegogo」ではわずか29ドル(約3200円)という破格で出展されて...

4

名刺サイズなのに4G通信! ドコモのカードケータイ「KY-01L」は世界最薄の5.3ミリ

セカンド携帯にしておくには惜しいかも。そう思わせるカードケータイを、NTTドコモが発表した。 京セラ製の「KY-01L」は名刺ほどのサイズながら4G(LTE)通信ができ、Wi-Fiテザリング、Bluetoothにも対応す...

5

「よし、サウナで働こう」!「スカイスパYOKOHAMA」、働く現代人の集中力向上をはかる「コワーキングサウナ」としてリニューアル

サウナ好きな人の中には、「汗を流せる」「体内のめぐりをよくする」という物理的な効果に加えて、「静かで心理的に落ち着ける」「頭がすっきりして考えがまとまる」という精神的な効果を期待している人もいるかもしれない。 ・サウナワ...

6

「Creative Cloud」が大幅にパワーアップ!注目の新機能から新製品情報まで紹介

デザイナーやフォトグラファーなら、アドビのソフトウェアに日頃お世話になっていることだろう。グラフィックデザイン、動画編集、ウェブデザインのアプリケーションサービス「Creative Cloud」を活用している人も多いかも...

7

テイクアウトコーヒーが待たずに買える!オーダーから清算までモバイルでできる新サービス「TOGO」

毎朝、コーヒーカップを片手に出勤。こんな姿が、日常風景として、もはや当たり前になるほど、テイクアウトコーヒーの需要は、加速している。おかげで、人気店は朝から長蛇の列。利用者が増えれば増えるほど、当然、待ち時間も長くなる。...

8

超豪華版Airbnb「BeOurGuest」で訪日外国人に贅沢な宿泊体験を

いまや旅行する際の宿泊先としてホテルの次にあげられる民泊サービス「Airbnb」であるが、それと差別化すべく民泊でハイクラスな宿泊体験を提供する、いわば超豪華版「Airbnb」のようなサービス「BeOurGuest」が巷...

9

たった1700円!SIMフリー携帯「Nokia 105」が新デザインに

スマホと併せて持つ通話専用携帯として、また海外に行ったときに使う携帯電話として人気の「Nokia 105」。シンプル機能もさることながら、レトロなデザインも魅力だ。 そのNokia 105の新バージョンがこのほど発表され...

10

たったの145グラムスマホ用スタビライザー「Pocket」は携帯性抜群!

写真だけでなくビデオもスマホで撮る人が増えてきているが、ワンランク上のビデオに仕上げたい人は必見。わずか145グラムのスマホ用スタビライザー「Pocket」が登場した。 ポケットにも入るポータブル性が売りで、縦横両方の撮...

11

ロボットが野菜を収穫!シリコンバレー郊外で世界初の自律型屋内農場が誕生

シリコンバレー郊外のカリフォルニア州サン・カルロスで2015年に創設されたスタートアップ企業「Iron Ox(アイロン・オックス)」は、2018年10月、植物科学と人工知能、ロボット工学を融合させた世界初の自律型屋内農場...

12

通話とテキストに特化したミニマリスト向けスマホ「Punkt MP02」、予約受け付け開始

動画を観たり、写真を撮ったりするスマホとは別に、通話とテキスト専用の端末の需要は一定数あるという。そうした2台目としての端末を探している人に、今回はスタイリッシュな小型電話を紹介しよう。 「Punkt MP01」の後継機...

13

ラジオも聞けるクラフト紙製Bluetoothスピーカー「Musicanvas」はアート

高音質で多機能なオーディオプレイヤーも良いが、たまにはこんなものも良いかもしれない。現在Makuakeでキャンペーンを実施しているスピーカー「Musicanvas」は、なんだか懐かしい印象すら覚えるちょっと変わったラジオ...

14

AIが乳がんのリスクを予見! MIT、放射線医師と同レベルの診断ができるモデルを構築

Techableでは先日、GoogleがAI(人工知能)を使って転移性乳がんを検知できるツールを開発したことを紹介した。そして今回は、乳がんになる前の段階でリスクを予見する技術のニュース。 米国のマサチューセッツ工科大学...

15

折りたたみ式だけど存在感ありすぎ!? 立ち乗り電動スクーター「Stator」開発中

新たなパーソナルモビリティが間もなく登場する。米国カリフォルニア拠点のデザイナーNathan Allen氏が手がける「Stator」は、電動スクーターだがかなり変わったデザインだ。 立ち乗り式でしかも大きめのタイヤを採用...

16

日本でも合法!公道を走れる国産折りたたみ式電動バイク「Cute-mL」

クラウドファンディングサイトkibidangoに、折りたたみ式電動バイク「Cute-mL(キュート・エムエル)」が登場。日本の道路運送車両法に準拠しているため、公道走行もOKだという。 ・町のチョイ乗りからレジャーのおと...

17

指先に乗るサイズのスマホ用顕微鏡「iMicro」は最大倍率800倍!

顕微鏡といえば実験室などに据えられていて、重たく、かさばるものというイメージがあるが、今回紹介する「iMicro」はスマホに取り付けて使うお手軽タイプ。 なんと指先に乗るほどのサイズながら最大倍率800倍とかなりパワフル...

18

PUBGや荒野行動にも対応!コントローラー付きゲーミングスマホ「DOOGEE S70」

「PUBG Mobile」に「荒野行動」、「フォートナイト」。これらは世界的に大人気のFPSゲームだ。いずれもスマートフォンにインストールするアプリである。 しかし、スマホ故の欠点もある。タッチスクリーンでは複雑な操作が...

19

iCarが2度目の接触事故!シリコンバレー企業による自律型車両の安全性を考える

アップルが自動運転車両の開発に乗り出しているのは、周知の事実。iCarと命名し、実現に向けて、着々と準備している最中だ。 ・8月に続き10月の走行テストでも接触事故 しかし、その道のりは、今のところ前途多難の模様。8月に...

20

電動バイク「Ujet」は150キロの距離を走行可能!折りたたみ式、しかもハブレスホイール

車、自転車など乗り物全般的に近年、電動化やコンパクト化がトレンドとなっている。もちろんバイクも例外ではない。 ルクセンブルク拠点のスタートアップが開発中の「Ujet」は、その先端をいくバイクとなりそうだ。電動で折りたたみ...

MONTHLY

1

スーパー台風24号は本当に巨大! その姿を宇宙からとらえた写真が衝撃的

またも台風がやってくる。進路を日本の方へととりつつある大型で非常に強い台風24号だが、その姿を国際宇宙ステーションに滞在しているドイツ人宇宙飛行士Alexander Gerst氏が写真に収め、ツイッターで公開した。 分厚...

2

タブレットよりも小さいWindows PC「Ockel Sirius A」レビュー

ノートPCを持ち歩くのが当たり前になり、どこでも仕事ができる時代になりました。さらに、スマートフォンの登場でタブレットやスマホでも仕事ができるように。しかし、スマホだけではどうしてもできない作業、やりにくい作業がまだまだ...

3

1万円ちょっとで買える!Xiaomiの格安スマートウォッチの新型「Amazfit Verge」が登場

iPhoneに似たハイスペックなスマホを出していることで知られる中国の会社Xiaomi。そのXiaomiのサブブランドことHuamiは、独自のOSを搭載した格安のスマートウォッチを出していることで有名だ。 一時期「Ama...

4

折りたたみ式だけど存在感ありすぎ!? 立ち乗り電動スクーター「Stator」開発中

新たなパーソナルモビリティが間もなく登場する。米国カリフォルニア拠点のデザイナーNathan Allen氏が手がける「Stator」は、電動スクーターだがかなり変わったデザインだ。 立ち乗り式でしかも大きめのタイヤを採用...

5

Googleスマホ「Pixel 3」の日本版ティザー動画が公開!「ぎゅっ、から始まる」機能とは?

Googleのフラグシップスマホといえば「Pixel」シリーズ。10月9日の発表会にて新型Pixel 3が発表されることがほぼ確実となっているが、本モデルからようやく日本でもリリースされることが決まり、楽しみにしている人...

6

AIが似ている有名人を顔診断する「そっくりさん」、公開2ヶ月で診断人数100万人を突破!

初対面の人と話しているとき、あるいは皆で集まって盛り上がっているときに、「○○さんって、芸能人の△△に似てるよね」みたいな話題で盛り上がることもあるだろう。正直なところ、「本当に自分の顔はその人に似ているの?」「実際、誰...

7

ゴキブリをサイボーグ化…Bluetooth接続で動きをコントロール

小型で省エネ、自律的な昆虫ロボットは、災害時の捜索や救助活動などでの活躍が期待される技術だ。 小型ロボットのプラットフォームとして昆虫を利用すること自体は目新しいものではなく、この10年にさまざまなものが開発されてきた。...

8

Fitbitの新フィットネストラッカー「Charge 3」、150ドルで10月7日発売

Fitbitがフィットネストラッカー「Charge 2」を発売してから2年。満を持してそのグレードアップ版「Charge 3」が米国で10月7日に発売される。価格は150ドル(約1万7000円)。 防水機能が加わり水泳に...

9

高性能低価格イヤホン「PaMu」がBluetooth5.0搭載モデルになって帰ってきた!

今年始め頃に話題になった「PaMu」という製品がある。これは現在流通しているワイヤレスイヤホンの性能水準と同等であるが、クラウドファンディング「Indiegogo」ではわずか29ドル(約3200円)という破格で出展されて...

10

デザインが斬新! ドイツ発の電動バイク「Pocket Rocket」で楽々通勤

バイクは便利な乗り物だ。車のように渋滞に巻き込まれたり駐車場所を確保するのに難儀したりすることはなく、それでいて自転車より早く移動できる。 そのバイクを電動にし、そして気軽に乗れるようなデザインにしたのがドイツのバイクメ...

11

タクシー会社が本気で考えた!吹くだけでタクシーを呼べる笛「タクシーホイッスル」

巷ではUberやLyftなどの個人配車サービスが盛り上がりを見せているが、タクシー業界も負けてはいられない。横浜を中心に神奈川、東京、埼玉エリアでタクシーサービスを運営している三和交通が斬新なプロジェクトをMakuake...

12

大人も楽しい!魚が目の前に現れるARアプリ「AR TOUR ~OCEAN~」

教育の分野でも活用例が増えつつあるAR(拡張現実)技術。「AR TOUR ~OCEAN~」もそんなAR技術を取り入れた教育系ARアプリだ。現実世界に魚たちを表示させることができ、形や大きさに加え動きまで再現。図鑑では味わ...

13

これぞ手のひらサイズ!懐かしの名機「Palm」がAndroid OSを搭載して復活

90年台に一世を風靡し、スマートフォンの原型を築いたともいわれるモバイルデバイス「Palm」。当時からの隠れファンも多く、新型として復活するという噂が流れた際には話題となった。 そんなPalmが本当に復活を遂げたようだ。...

14

通話とテキストに特化したミニマリスト向けスマホ「Punkt MP02」、予約受け付け開始

動画を観たり、写真を撮ったりするスマホとは別に、通話とテキスト専用の端末の需要は一定数あるという。そうした2台目としての端末を探している人に、今回はスタイリッシュな小型電話を紹介しよう。 「Punkt MP01」の後継機...

15

PUBGや荒野行動にも対応!コントローラー付きゲーミングスマホ「DOOGEE S70」

「PUBG Mobile」に「荒野行動」、「フォートナイト」。これらは世界的に大人気のFPSゲームだ。いずれもスマートフォンにインストールするアプリである。 しかし、スマホ故の欠点もある。タッチスクリーンでは複雑な操作が...

16

指紋認証センサー内蔵ディスプレイを搭載したOnePlusの新モデル「OnePlus 6T」が10月17日に登場か?

「OnePlus」といば、海外で人気のコスパの高いAndroidスマートフォンだ。日本では未発売のため知らない人も多いかもしれないが、500ドル(約5万6400円)台で最近のフラグシップモデル並のスペックを兼ね備えている...

17

食材の相性をAIで解析し、最適なレシピを自動生成する次世代型レシピアプリ

「Plant Jammer(プラント・ジャマー)」は、AI(人工知能)を活用し、家庭にある食材や調味料を入力するだけで、ヘルシーで美味しい料理のレシピを自動生成するスマホアプリ。 iOS対応アプリ、Androidアプリと...

18

いじめの写真をAIで検知! インスタ、新機能を数週間以内に展開へ

美味しそうな料理に、可愛いペットのアップなど、他愛もない写真を共有するのは楽しい。しかし、中にはソーシャルメディアを使って他人を攻撃する人も残念ながらいる。いわゆるオンラインいじめだ。 そうした問題に取り組もうと、比較的...

19

【interview】受験生の3人に1人が使う学習管理システム「Studyplus」のグロースハック戦略と新しい教育産業の仕組み

学校教育の中で、教科書片手に先生から教わる授業をただ聞くだけでは学習進捗が掴みづらい。海外ではLMSという学習進捗管理システムが何年も前から利用されてきた。そんな中、Studyplusは、日本のレガシー産業である学校教育...

20

建築費用はわずか105万円!IKEAがオープンソース型のモジュール式狭小住宅を開発

「Building Blocks(ビルディング・ブロックス)」は、大手家具量販店イケア(IKEA)の専門研究機関「SPACE10」がデンマークの建築家2名とともに6ヶ月かけて設計・開発したオープンソース型の狭小住宅である...

WHAT'S NEW

最新情報