海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Ranking

RANKING

人気の記事

DAILY

MONTHLY

DAILY

1

スキーヤーはマスト!? ヘルメット並みに衝撃に強いウール帽子「A1」、豪学生が開発

スキーやスノーボードなどを楽しむ時は安全のためにヘルメットを装着すべき。そうはわかっていても、装着感がいまひとつだったり暖を確保できなかったりと、敬遠するスキーヤー・スノーボーダーも少なくない。 そこで、暖かくて、かぶり...

2

Pinterestが2019年のトレンド予測100件を発表!来年の日常生活のインスピレーションを先取り

世界中で、毎月2億5000万人以上の人々が閲覧する、人気ビジュアルディスカバリーエンジンPinterest(ピンタレスト)が、2019年のトレンド予測100件を発表した。 ・トップカテゴリー別に来年度のトレンドを予測 予...

3

便器掃除はお任せ! トイレ特化型ロボット「Giddel」が登場

iRobotの「ルンバ」を筆頭に、今や日々の家掃除はロボット掃除機にお任せ、という人も多いだろう。しかし、一般のロボット掃除機は床掃除には威力を発揮するが、他にどうしてもまだ人の手で行わなければいけない領域がある。その代...

4

太陽エネルギーで水から高温の過熱蒸気を生成する画期的なデバイスをMITが考案

米マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究チームは、2018年12月、太陽エネルギーで水を沸騰させ、この水蒸気をさらに加熱して高温の“過熱蒸気”を生成するデバイスを開発した。 この成果をまとめた研究論文は、科学オンライン...

5

【interview】表参道を巻き込むSansanのPR!ただの名刺管理ツールに終わらないコーポレート・ブランディング戦略とは

クラウド名刺管理のSansanは、ビジネス現場での名刺管理を楽にするサービスだ。BtoB領域の管理ツールは業務効率化やコスト削減といったことにフォーカスしていて、広報戦略を立てづらいなか、Sansanは表参道という街を巻...

6

急病から屋外での事故まで!非常事態に備えるスマートリストバンド「KEZ」

実家の父親が、ある日突然心臓発作を起こしてしまう。或いは、自宅で留守番している子供が怪我をしてしまう。 こういう場合、災難に遭った本人が119番通報することは難しい。誰かが早期に救急車を呼べればいいが、そうでなければ手遅...

7

AIが似ている有名人を顔診断する「そっくりさん」、公開2ヶ月で診断人数100万人を突破!

初対面の人と話しているとき、あるいは皆で集まって盛り上がっているときに、「○○さんって、芸能人の△△に似てるよね」みたいな話題で盛り上がることもあるだろう。正直なところ、「本当に自分の顔はその人に似ているの?」「実際、誰...

8

スタイラスペンが携帯電話に!カメラも搭載の極細フィーチャーフォン「Zanco S-Pen」

スマートフォンがあちこちに浸透した昨今だが、それでもガラケーの需要はまだまだ根強い。海外では「フィーチャーフォン」と呼ばれているが、通話の際はスマホのタッチパネルより確実な操作ができる点が魅力だ。 クラウドファンディング...

9

小さな躯体から240インチHDを映し出すプロジェクター「Piqo」はストリーミング対応

場所を問わず大画面で映像を楽しめるようになるポータブルなプロジェクターは便利だ。しかし大きなものだと持ち運びしにくい。 そこで、小さい躯体ながら最大240インチを映し出すことができるプロジェクター「Piqo」を今回は紹介...

10

【interview】SHOWROOMのビジネス版!スタートアップに特化したライブ配信アプリ「ami」による新 しい起業家支援の形とは

ここ最近、スタートアップの「露出」が増えている。ビジネス的な成長の他、面白い取り組みや社会的意義のある事業などの切り口からテレビやメディアに出る機会もあるだろう。今回は、創業初期のスタートアップにスポットライトを照らす...

11

部屋の隅のスマホを見つけるスタンド兼用シグナルデバイス「KickTrack」

部屋の中でスマートフォンをなくしてしまう。盗まれたわけではないが、それを探すとなるとやはり手間がかかる。 まさかこのような状況で「iPhoneを探す」を使うわけにもいくまい。そこまで深刻な状況ではないのだから。仕方なく、...

12

観覧飛行用1人乗りドローン「HEXA」、来年にもサービス開始!?

人が乗るドローンといえば、大手車メーカーや配車サービスなどが開発を競っている空飛ぶタクシーが真っ先に頭に浮かぶだろう。 しかしLift Aircraftが間もなく開始するサービスは、1人乗り用のドローンを使って、観覧目的...

13

キヤノンの人気ミラーレスカメラ「EOS Kiss M」がガチャになる?!精巧なつくりのミニチュアでなんとシャッター音まで再現

“ガチャガチャ”というと、一昔前はオモチャが入っている子ども向けの商品だったが、近年精巧なつくりのミニチュアなど、大人も集めたい魅力的なラインナップが揃っている。 ・キヤノンのカメラ「EOS Kiss M」がガチャになっ...

14

Andoroid端末とワイヤレスイヤホンを簡単ペアリングできる「Fast Pair」がさらに便利に

急速に浸透しつつあるワイヤレスイヤホン。使うにはスマホなどの端末とペアリングする必要があるが、Googleはそのペアリングをワンタップで行える「Fast Pair」の機能を拡充すると発表した。 一度イヤホンをAndroi...

15

Virgin Galacticの宇宙船、4回目のテストフライトで宇宙に到達!

リーチャード・ブランソン氏率いる宇宙旅行会社Virgin Galacticは13日、宇宙船SpaceShipTwoの4回目となるテストフライトを実施し、初めて宇宙に到達した。 最高高度は27万1268フィート(82.7キ...

16

日本の未来を担うミレニアル世代の国家公務員・ITスタートアップらが協働で政策を提案!新たなコミュニティ「社団法人Public Meets Innovation」が設立

日本にも増えてきたスタートアップや個人起業家だが、まだまだアメリカなどに比べると、彼らをサポートする社会体制の整備が十分でない印象があるのは否めない。 近年、人工知能(AI)やブロックチェーン技術などテクノロジーの発展が...

17

ついに純正品登場!Alexaを車の中で使える「Echo Auto」は今ならたったの25ドル

先日行われたAmazonの発表会で、Alexa搭載の多くの新製品が発表された。もちろん刷新されたEcho Dotや、オーディオがパワフルなEcho Subなど気になる製品はたくさんあるが、私がその中でも個人的に気になった...

18

写真を撮ると被写体が何か教えてくれるアプリ「CamFind」が面白い

道端で見かけた犬の種類がわからなかったり、広告に起用されている芸能人の名前が思い出せなかったり…。 そんなときに便利なのが、スマートフォンで写真を撮るだけで被写体の情報を調べられるアプリ「CamFind」だ。 Googl...

19

独Bosch、自動運転車を使った都市向けシャトルバスサービス構想を発表

自動車部品や電動工具のメーカー、独Boschはこのほど完全自動運転のコンセプトカーと、その車両を使ったシャトルバスサービスの構想を発表した。 ユーザーがスマホで乗車を予約すると、システムが最寄りの車両を手配。乗客は車内で...

20

超軽量のラップトップGram最新版、LGが来年CESで発表へ

韓国LGは、軽さが売りのタップトップPC「Gram」のラインナップ最新版を発表した。17インチと、2-in-1スタイルの14インチの2種だ。 市場に出回っている17インチラップトップとしては最軽量の1.34キロになり、最...

MONTHLY

1

Amazonが自律走行ミニカーを発売、249ドルで予約開始!

Amazon Web Services(AWS)は世界初となる自律走行ミニカー「DeepRacer」を発表した。この1/18スケールのレーシングカーは、機械学習によってコースを自律走行できるようになる。 発売予定は3月と...

2

「少年ジャンプ+」アプリで、AIがユーザーの離脱を予測できるか実験検証!精度約90%、コスト約85%削減に成功

少年漫画の雄といえば「週刊少年ジャンプ」。今でもたくさんの人気漫画を輩出し、人々に愛されている漫画雑誌だ。 時代に合わせ、紙媒体のみならずデジタル化もしており、「少年ジャンプ+」というアプリを展開中。50作以上のオリジナ...

3

AIが似ている有名人を顔診断する「そっくりさん」、公開2ヶ月で診断人数100万人を突破!

初対面の人と話しているとき、あるいは皆で集まって盛り上がっているときに、「○○さんって、芸能人の△△に似てるよね」みたいな話題で盛り上がることもあるだろう。正直なところ、「本当に自分の顔はその人に似ているの?」「実際、誰...

4

「Duet Display」がアップデート、iPadが本当にMacのセカンドディスプレーになる!

Apple製品愛用者の中には、iPadをMacのセカンドスクリーンに変えるアプリ「Duet Display」を活用している読者もいるかと思う。 このアプリ、このほど大幅アップデートを行い、これまでより速く作動するようにな...

5

時速1512キロで静かなロッキードの超音速機、2021年に飛行!へ

超音速機が再び、空に戻ってくることになった。しかも、静かになって。 米国の航空機メーカー、ロッキード・マーティンは騒音を抑制した超音速機「X-59」の製造を開始したと発表した。機体は米航空宇宙局(NASA)の衝撃波音の抑...

6

脳からの信号でダイレクトにタブレット操作!ブレイン・コンピューター・インターフェースはここまで進化

キーボードやマウス、音声入力に替わるデバイス操作方法として、神経信号を直接解釈して操作するブレイン・コンピューター・インターフェース(BCI)が注目されている。 同技術をリードするBCIのBrainGateは昨年、毎分8...

7

Pinterestが2019年のトレンド予測100件を発表!来年の日常生活のインスピレーションを先取り

世界中で、毎月2億5000万人以上の人々が閲覧する、人気ビジュアルディスカバリーエンジンPinterest(ピンタレスト)が、2019年のトレンド予測100件を発表した。 ・トップカテゴリー別に来年度のトレンドを予測 予...

8

開放感に満ちたコンパクトトレイラー「Nest」は週末の“ふらり旅”に良さそう!

週末にふらっと旅行に行こうかと思い立っても、直前だと宿や飛行機、電車のチケットがとれなかったりする。そんなときは、トレイラーでキャンプというのは有力な選択肢となる。 そうした、“ふらり旅”に良さそうなトレイラーが、米国メ...

9

有線と無線に対応!MacBookと同様の感覚で使用できる携帯キーボード「Taptek」

Windows派とMac派の違いは、何も普段使用しているOSだけではない。Macレイアウトのキーボードのファンは、世界各地に存在する。 たとえば、仕事で使うPCはWindowsだがプライベートではMacという人もいるだろ...

10

ライダー用スマートヘルメット「Jarvish X-AR」は音声操作もできる

Teachableでは先日、ワイヤレスで音楽などを楽しめる自転車用ヘルメットを取り上げたが、今回紹介するのはさらにその上をいくライダー向けのヘルメット「Jarvish X-AR」。 ヘッドアップディスプレイ(HUD)を備...

11

副業・パラレルワーク「月イチ」からのお仕事提案サービス「BitWork-Career-」登場!空き時間を有効活用し無理なく仕事を始められる

“働き方改革”が掲げられ、“会社に所属する社員”という働き方だけでなく、個人として働くフリーランスも増え、ワーキングスタイルが多様化してきている。 “人生100年時代”の長い人生を生き抜くために、早くから自立してプロとし...

12

スキーヤーはマスト!? ヘルメット並みに衝撃に強いウール帽子「A1」、豪学生が開発

スキーやスノーボードなどを楽しむ時は安全のためにヘルメットを装着すべき。そうはわかっていても、装着感がいまひとつだったり暖を確保できなかったりと、敬遠するスキーヤー・スノーボーダーも少なくない。 そこで、暖かくて、かぶり...

13

電動バイク「Ujet」は150キロの距離を走行可能!折りたたみ式、しかもハブレスホイール

車、自転車など乗り物全般的に近年、電動化やコンパクト化がトレンドとなっている。もちろんバイクも例外ではない。 ルクセンブルク拠点のスタートアップが開発中の「Ujet」は、その先端をいくバイクとなりそうだ。電動で折りたたみ...

14

Amazonがパーソナル医療データを使って医者より早く病気を予測!

Wall Street Journalによると、2008年にはわずか10%だった米国の病院の電子記録の保有率が、現在80%以上となっているとのこと。 ただ、電子記録の大部分は、カルテ、処方箋、会話記録などの、構造化されて...

15

受験生&保護者をサポートする「慶應義塾大学受験生向けアプリ」がローンチ!アプリでキャンパス見学&イベント情報を随時配信

そろそろ今年の終わりも見え、受験シーズンが到来する。受験といえば、受験生はどの学校を受験するのか、どの学校に通いたいのか、事前にさまざまな調査をする必要があるだろう。 ・「ModuleApps」を活用して「慶應義塾大学受...

16

傾斜15度の坂でものぼれる電動キックスクーター「Unagi」は7万円から

折りたたんだ状態が鰻に似ているからなのだろうか。その名も「Unagi」という名称の電動キックスクーターがクラウドファンディングサイトKickstarterに登場した。 東レのカーボンファイバーを採用した軽量かつタフなボデ...

17

まるで純正品?既存のAirPodsをQiワイヤレス充電に変えるケース「AirCase」

Appleがワイヤレス充電対応のAirPodsを発表してからずいぶんと時間がたったが、未だに販売は開始されていない。発売を楽しみに待っている人も多いのでは? そこで、しびれを切らした人たちにぜひ一度使ってみてもらいたいの...

18

いつでも暖かい昼食を!スチーム機能搭載のスマート弁当箱「steasy」

昼休憩の際、バッグから弁当箱を取り出す。その中身が冷たかったら、元気も湧かないだろう。 スイスの企業が「steasy」という製品をクラウドファンディング「Kickstarter」に投入した。これは携帯型スチーマーとなって...

19

アウディが開発中の空飛ぶクルマ、プロトタイプで初テストフライトに成功

道路を走り、空も飛ぶ。そんなコンセプトでアウディとエアバス、イタルデザインの3社が共同で開発中の電動空飛ぶ自動車「Pop.Up.Next」のプロトタイプが初テストフライトに成功した。 今回は4分の1スケールのモデルでのテ...

20

写真を撮ると被写体が何か教えてくれるアプリ「CamFind」が面白い

道端で見かけた犬の種類がわからなかったり、広告に起用されている芸能人の名前が思い出せなかったり…。 そんなときに便利なのが、スマートフォンで写真を撮るだけで被写体の情報を調べられるアプリ「CamFind」だ。 Googl...

WHAT'S NEW

最新情報