海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech バーチャル体験に“触覚”を用いる!超音波を使って、中空に浮かべた手に感触を再現

Tech

バーチャル体験に“触覚”を用いる!超音波を使って、中空に浮かべた手に感触を再現

先日、VR(バーチャルリアリティ)の技術を活用した“コカ・コーラ”のユニークなプロモーションについて触れたが、VRというとどちらかといえば“バーチャルな視覚的体験”にフォーカスしたものが多い。 「Ultrahaptics...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Ultrahaptics先日、VR(バーチャルリアリティ)の技術を活用した“コカ・コーラ”のユニークなプロモーションについて触れたが、VRというとどちらかといえば“バーチャルな視覚的体験”にフォーカスしたものが多い。

「Ultrahaptics」ではさらに一歩進め、“バーチャルな触覚的体験”を実現しようと取り組んでいる。

・中空に浮かべた手に、“バーチャルの触覚”を感じさせる


イギリスのブリストル大学の開発チームが手がけるこの技術は、中空に浮かべた手に“触覚”を感じさせるというもの。ユーザーの手に特殊なグローブを着用させる必要はなく、手そのものに感触を与えるという。

・“超音波”を活用


「Ultrahaptics」では約40センチメートル四方ほどの大きさの、特殊なトランスデューサー(エネルギー変換器)デバイスを使う。デバイスには“超音波”の技術が用いられており、64もの超音波発生器が格子状に設置されている。

これが力場を発生させ、上空にかざした手に反応し、空気圧の波を上向きに送ったり、細かく振動したりして、ユーザーの手にさまざまな感触、“触覚”を感知させるという仕組みだ。

・「Leap Motion」と連動させ、広がる可能性


Ultrahaptics2国際家電見本市「CES 2015」でお披露目された際には、ジェスチャーコントロールツールとして注目を集める「Leap Motion」を併用したプロモーションを展開。

はじける泡の視覚グラフィックと連動し、泡のバーチャルな触覚を感知できるようにした。

超音波による“バーチャル触覚”は、ゲームやエンターテイメント分野の可能性を大きく広げたり、目の不自由な人をサポートする医療、福祉サービスへの応用など、これからの展開が期待される。

Ultrahaptics
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報