海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 厚さわずか0.3ミリ、内蔵メモリ搭載の“電子タトゥ” 皮膚に貼り付けて投薬も

Tech

厚さわずか0.3ミリ、内蔵メモリ搭載の“電子タトゥ” 皮膚に貼り付けて投薬も

医療の分野にも、新しいテクノロジーが次々と導入されている。以前、皮膚に付着させて活動状況を追跡する“電子タトゥ”を紹介したが、このようなタイプのツールは、Google傘下のMotorolaのほか、テキサス大学オースティン...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Nanshu-Lu医療の分野にも、新しいテクノロジーが次々と導入されている。以前、皮膚に付着させて活動状況を追跡する“電子タトゥ”を紹介したが、このようなタイプのツールは、Google傘下のMotorolaのほか、テキサス大学オースティン校の研究チームでも開発が進められているという。

大学の研究チームが手がける電子タトゥは、単に身体の活動データを集めるだけでなく、皮膚を通して投薬をおこなう機能をもっているのが大きな特徴。パーキンソン病やてんかんなど、長期的に治療が必要な病気の治療に対し、非常に有効性が高そうだ。

厚みはわずか0.3ミリメートル、幅が2センチメートル、長さ4センチメートルほどのバンドエイドサイズのツールには、特殊なセンサーや内部記録メモリ、投薬、マイクロヒーターなどの機能が搭載されているというから驚きだ。

このツールは、高分子ポリマーの薄い層が積み重なった構造になっている。層ごとに、皮膚の温度や体の動きをキャッチするセンサー、データを集めて保存するResistive RAMメモリのほか、体温を利用して放出され、皮膚から吸収される仕組みで作用する薬品が仕込まれている。

開発者によると、特に身体を動かすことが不自由な患者に、有用な医療ツールになるだろうと期待しているという。小さなツールの中に詰まった最新テクノロジーを、私たち一般人が日常的に使用する日がくるかもしれない。

Nanshu Lu University of Texas in Austin
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報