海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 「犬モード」がTesla車に登場!消費者のニーズをすぐに反映

Tech

「犬モード」がTesla車に登場!消費者のニーズをすぐに反映

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
暑い日に屋外に停めた車に残されては、熱中症になったり生命に危険が及んだりするのは人も犬も同じだ。幼児と同様、犬もエンジンをかけてエアコンをつけたり、ドアをあけたりといったことはできない。

そこで、愛犬が車内で快適に留守番できる機能を追加できないかと消費者からリクエストのあった機能がTesla車に導入された。その名も「dog mode」だ。

・周囲に通知する役目も

このモードでは、エンジンをとめていても車内の温度が一定に保たれ、そしてフロントにあるディスプレイに「飼い主はすぐに戻ります。心配しないで。エアコンはついていて、いま○度です」と表示されるというもの。

飼い主は愛犬に快適に留守番してもらえるという安心感が得られると同時に、周囲の通行人にも「車内に残された犬は快適な環境にある」ことを周知できる。

・消費者のニーズを反映

犬のためにここまでする?と思う人もいるかもしれないが、米国では動物愛護の観点から、車の窓を割って暑い車内に残された犬を救出するというケースも少なくない。

もちろん、今回の犬モードは留守番をする犬に快適に過ごしてもらうのが目的。もし犬モード中に車のバッテリー残量が20%を切ったら、オーナーのスマホにノーティフィケーションが送られ、オーナーは表示された送風アイコンをタップして犬モードを継続させることができる。

犬モードのアイデアは昨年夏に消費者がTwitterでCEOのElon Muskに提案していたもので、それに対しMusk氏は「Yes」と答えていた。消費者のニーズをすぐに反映させられるというのはTeslaの強みといえそうだ。

Tesla/Twitter
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報