海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up “人生の残り時間”をカウントダウンする時計「Tikker」が登場

Start Up

“人生の残り時間”をカウントダウンする時計「Tikker」が登場

「毎日を有意義に過ごしています」と声を大にして言えるだろうか。ついつい日々をダラダラと過ごしてしまったり、変わり映えしない毎日を無為に送ってしまったりと、胸を張って人生を満喫していると言える自信がない人もいるかもしれない...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Tikker「毎日を有意義に過ごしています」と声を大にして言えるだろうか。ついつい日々をダラダラと過ごしてしまったり、変わり映えしない毎日を無為に送ってしまったりと、胸を張って人生を満喫していると言える自信がない人もいるかもしれない。それでも時は必ず過ぎていく。

「Tikker」は、“人生の残り時間”を刻むデジタルウォッチだ。腕につけた文字盤には、残りの人生の時間が、年、月、日、時、分、秒単位まで表示される。ユーザーは、健康の履歴や年齢など、個人的な質問について回答し、質問事項を埋めていくと、その結果が算出され、人生のカウントダウンが開始される。「Tikker」のセットには、“About Time”というブックレットが付いていて、ユーザーのライフスパンを算出するプロセスの解説が載せられている。

この時計は、“死の時計”とも形容されているようだが、開発者は自身の祖父が亡くなったとき、人生の残り時間をカウントする時計を思いつき、2年の歳月をかけて「Tikker」を開発したという。人生の残り時間を自ら把握することで日々を充実させ、時間を大切に過ごして、納得の人生を送って欲しいという意味で、開発者としては、“happiness watch”と捉えているという。

資金調達プラットフォームKickstarterでキャンペーンをおこなっている「Tikker」は、39ドルでプレオーダーでき、出荷は来年4月を予定している。毎日を有意義に過ごす意識をキープするために、あなたもこの“幸福の時計”を利用してみては。

Tikker
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報