海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Mobile 「ChargeAll」からコインロッカータイプの端末ワイヤレス充電ステーション登場

Mobile

「ChargeAll」からコインロッカータイプの端末ワイヤレス充電ステーション登場

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ChargeAll外出中に携帯端末の電池が切れたり、あるいは残量が少なくなったりして慌てたり不安になったりした経験を持つ人も少なくないだろう。そんなときに救世主となりそうなのが、米国のスタートアップ「ChargeAll」が開発したコインロッカータイプの携帯端末充電ステーションだ。スマートフォンやタブレットなどの端末をロッカーに入れるとワイヤレスで充電できるというもので、米国の街に姿を現しつつある。

カフェやバー、ショッピングモール、オフィス、学校などへの設置を想定していて、自動販売機のように通行人が誰でも使える。ステーションには5つのロッカーがあり、利用するには空いているロッカーに端末を入れ、フルチャージするのか、半分だけでいいのかなどを操作スクリーンで選ぶ。コードにつなげる必要はなく、ただ置くだけというワイヤレス充電式で、ほとんどの機種に対応している。利用料金は充電1回あたり1−5ドル。ロッカーは暗証番号で施錠できるので盗難も防げる。

ステーションの設置者にとっては、充電の利用料金が収入になるほか、操作スクリーンとは別にステーション上部にあるスクリーンで宣伝映像を流すことができるのもメリットだ。また、操作スクリーンでアンケートなどに答えると無料で充電できるようなプログラムを設定することもできる。飲食店や小売店では、店のドアに「店内で無料充電できます」とうたい、集客ツールとして活用することもできそうだ。ChargeAll幹部は「銀行のATMのように、街のあちこちに充電ステーションが登場するようになるかも」と期待している。

ChargeAll
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報