海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Mobile 【Interview】月々6800円でブランドバッグ使い放題!アプリ『ラクサス』がスゴイ

Mobile

【Interview】月々6800円でブランドバッグ使い放題!アプリ『ラクサス』がスゴイ

『ファッションシェアリング』という言葉を聞いたことがあるだろうか?月会費を払うと、高級ブランド品の洋服やアクセサリーをカタログの中から選んで借りることができるサービスだ。アメリカで10年ほど前に始まり、映画『セックス・ア...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
laxus1『ファッションシェアリング』という言葉を聞いたことがあるだろうか?月会費を払うと、高級ブランド品の洋服やアクセサリーをカタログの中から選んで借りることができるサービスだ。アメリカで10年ほど前に始まり、映画『セックス・アンド・ザ・シティ2』でも取り上げられた。

このブランドバッグのシェアサービスが、ついに日本でもアプリを通して手軽に使えるようになった。エス株式会社の児玉昇司(こだましょうじ)代表取締役社長に、話を聞いた。

■月々6800円でブランドバッグ使い放題!

Q、ずばり、『ラクサス』アプリとは、どのようなサービスですか?
laxus2「薄さ1センチのスマホが、1,000個のブランドバッグを収納した夢のクローゼットに繋がります。1,000個のブランドバッグを収納した夢のクローゼットが、あなたのバーチャルクローゼットに。

ラクサスは、月々6800円で、ヴィトンやシャネルなどの高級ブランドバッグが無制限で使い放題!もちろん、無期限・個数無制限。憧れの新作ブランドバッグが、いつまでも、何個でもお使いいただけます。

ラクサスは、1,000個を超えるブランドバッグを収納した夢のクローゼットが使い放題、という全く新しいユーザ体験を提供するサービスです。」

■在庫は1,000個以上!

Q、そもそも、どのような経緯 でこのサービスを開発することになったのでしょうか?このサービスに発展した経歴と 共に教えてください。
「ファッションシェアリングを提供するため創業者4名が、2006年に独立し弊社を設立。2011年にラクサスの元になるサービス『洋服のシェアリング』を企画(月額4,800円で、洋服・アクセサリー計6点が使い放題)。

その後、サービスを徐々にシンプルなサービスにブラッシュアップ。2014年末にブランドバッグに変更し、このたびローンチするはこびになりました。

ラクサスは、女性の永遠の課題である、『今度の集まり(会食、参観日など)に持っていくバッグがないの』を、一撃で解決します。

20万円のバッグを20回ローンで購入したら、月々1万円を払って使えるバッグは1個だけ。ラクサスなら、月々6800円で1,000個以上の在庫から選び放題、使い放題です。」

■大胆なバッグにも挑戦できる!

Q、このアプリを開発中、苦労した点はあ りますか?また、ユーザーにはどのように使って欲しいですか?
laxus3「変数の多さに苦労しました。好み、回転率(利用日数、交換頻度)、配送日数など、極めて変数が多く、試算のための仮説をたてるのに苦労しました。

ラクサスのメインターゲットは、オシャレな方、ファッションに興味がある方です。年齢や職業などでの区分けはしておりません。もっと気軽に、いろいろなバッグを洋服に合わせてコーディネートする楽しみを味わっていただきたいです。

購入する(所有する)となると、どうしても無難なバッグに偏りがち。ラクサスを使って、大胆なバッグにも挑戦してください。そして、もっとオシャレで、もっと輝ける、新しい自分を見つけていただきたいと考えております。」

■安心の「キズ保障」

Q、高級ブランド品のレンタルということで、傷をつけてしまったら・・と気になります。御社が提供している「キズ保障」の詳細を教えてください。
「通常利用でのキズを保証します。バッグとはキズがつくものです。普通に使っていて、引っかき傷などがついてしまっても、気にしていただく必要はありません。

ただし、次にお使いになるお客様がいらっしゃいますので丁寧にお使いいただくようお願いしております。丁寧に使っていただいたお客様にはポイントを付与し、ご利用代金などを割り引く仕組みがございます。

一方で、バッグの中にコーヒーをこぼしたり、完全に水没させたり、故意に穴をあけたり、そういった極端な場合には保証外となります。」

■早期の海外展開を視野に

Q、後の他の企業との提携など、将来の予定 /企画を教えてください。
laxus4「早期に海外展開を計画しています。創業者4人は、世界 85ヶ国での販売経験があります。国内にかぎらず、早期に海外に展開したいと計画しています。具体的には米国(ニューヨーク、サンフランシスコ)、マカオ、シンガポール、香港、台湾、韓国を計画しています。

輸入ブランドバッグの分野においては、すでに大手ブランド取扱企業など複数社と契約しており取扱可能なバッグの総数は事実上日本最大級です。

今後はバッグ以外のファッション分野にも拡大していきたいと考えております。現在の唯一の敵は、他のサービスではなく、「所有」という概念そのもの。各種シェアリングサービスが拡大していくには、所有にこだわる概念を変えていくことが重要です。」

先行する同社の洋服シェアリングサービスと共に、ファッションシェアリングという概念自体を市場に浸透させていきたいと語る児玉社長。

同業他社で最近ローンチして話題になっているairClosetもしかり、傷や弁償代金が気になり日本ではなかなか浸透しなかったファッションシェアリングのビジネスが、今こそ伸びる時期に来ているのかもしれない。

サービスは、2015年2月23日(月)からスタート予定で、ローンチ後の動きに期待がかかる。

月々 6800円でブランドバッグ使い放題!アプリ『ラクサス』
※2015年2月23日(月)からスタート

(Writer: Saera Jin)


 
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報