海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech バッテリー交換式の電動トラック「Lion8」、今秋発売へ

Tech

バッテリー交換式の電動トラック「Lion8」、今秋発売へ

カナダ・モントリオール拠点のスクールバスメーカーLion Electricはこのほど、電動の大型トラック「Lion8」を発表した。 航続距離が400キロと長く、またバッテリーがモジュール式となっていて交換できるのが特徴だ...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
カナダ・モントリオール拠点のスクールバスメーカーLion Electricはこのほど、電動の大型トラック「Lion8」を発表した。

航続距離が400キロと長く、またバッテリーがモジュール式となっていて交換できるのが特徴だ。

・効率運用できる

Lion Electricは黄色い車体でおなじみのスクールバスを主に製造している会社。Techableでも昨年、同社が電動スクールバスの生産を本格化させていることを紹介した

そして今回はトラック。クラス8のさまざまな目的に使えるタイプだ。カスタムメイドのバッテリーモジュールにリチウムイオン電池を搭載して走る。

この電池は取り替え式になっていて、トラック内やステーションなどに予備バッテリーを準備しておくことで、充電のためにトラックが使えなくなる、ということをなくせる。つまりトラックの効率運用ができる。

・初の顧客は酒類公社

その他のスペックはというと、最大出力は470HP、最大トルクは2507ft/lbs。そして最高スピードは時速105キロとなっている。

Lion8は今秋にも発売される予定で、すでにプレオーダーの受付が始まっている。最初の顧客はケベック州酒類公社(SAQ)となることが決まっていて、ワインやビールといったアルコールの運搬に使用される。

価格は未定だが、ディーゼルトラックよりは高い設定になるのは必至。ただ、Lion Electricは「燃料費やメンテナンス費が抑制できる」とアピールしていて、長期的なメリットを武器に北米市場を開拓する方針だ。

Lion Electric
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報