海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 座りっぱなしを防ぐスマート机「Stir Kinetic Desk」 天板の高さが自動で変わる!

Start Up

座りっぱなしを防ぐスマート机「Stir Kinetic Desk」 天板の高さが自動で変わる!

PCで書類を作成したり、メールを書いたりと日々デスクワークに追われる人は多いのではないだろうか。しかし座りっぱなし、というのは健康のためにはよくないらしい。1時間座り続けるのは寿命を23分縮めるのに等しいという研究もある...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Stir Kinetic DeskPCで書類を作成したり、メールを書いたりと日々デスクワークに追われる人は多いのではないだろうか。しかし座りっぱなし、というのは健康のためにはよくないらしい。1時間座り続けるのは寿命を23分縮めるのに等しいという研究もあるほどだ。そこで登場したのが、天板の高さを調節できる“スマート机”の「Stir Kinetic Desk」。天板が電動で上下するようになっていて、座りっぱなしの人に立つことを促すことで健康維持に役立てられるというものだ。

デスク(58.5×29.5インチ)の表面には温度センサーが備わっていて、机を使用しているかどうかが分かるようになっている。また、机の隅にタッチスクリーン式のデバイスが埋め込まれ、ユーザーがそろそろ立って仕事をしたいと思った時にスクリーンをダブルタッチすると天板を上げることができるなどの機能を備えている。高さは25−51インチ(63.5−129.5センチ)の間で調節可能。一定の時間ごとに天板の高さが自動で変わるようにする機能を使うと、同じ姿勢をとり続けるのを防ぐことができる。

この机の賢いところは、ユーザーの動きから「今月の累計座り時間、立ち時間」を計算して示してくれるということ。また、立って仕事をする方がよりカロリーを消費するが、そのカロリー計算までしてくれる。BluetoothやWi-Fiにも対応していて、ランニングの距離や消費カロリーなどを計測するガジェットを交信させると、ランニングをしてから仕事に臨んでいることなどを認識し、自動変動設定の場合に座り時間を長めにしたりするというスマートさだ。

価格は3980ドルと決して安い額ではないが、手作業で作製されていて、また各種ケーブルやタッチスクリーンが埋め込まれ、コンセント差し込み口やUSBも備えられている。販売は始まったばかりで、初回は50台のみの生産。開発したStirは販売状況を見て、今後の生産計画を決めるという。

Stir
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報