海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Marketing 入店と同時に端末におトク情報をプッシュ通信してくれる「shopBeacon」 米デパートで試験導入

Marketing

入店と同時に端末におトク情報をプッシュ通信してくれる「shopBeacon」 米デパートで試験導入

AppleがiOS 7に追加した新機能「iBeacon」をご存知だろうか。Bluetoothを活用して、近距離での無線通信ができるというものだ。この技術を使って、iBeacon搭載の端末を持った客が店内に入ったら、ディス...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ShopBeaconAppleがiOS 7に追加した新機能「iBeacon」をご存知だろうか。Bluetoothを活用して、近距離での無線通信ができるというものだ。この技術を使って、iBeacon搭載の端末を持った客が店内に入ったら、ディスカウント情報などがプッシュ通信されるというシステムが米国のデパートで試験導入された。テストがうまくいけば他の店舗でも展開するとしていて、小売店での買い物の仕方が今後変わることになるかもしれない。

米国を代表するデパートのひとつ「Macy’s」が導入したのは、アプリ会社「Shopkick」が開発した「shopBeacon」。情報を発信する専用ガジェットを設置した店に客が入ると、客の端末が自動で感知し、ディスカウントや各フロアの目玉商品、おススメ商品などの情報がプッシュ通知されるというものだ。また、お買い物リストのリマインダーとしても活用できる。Shopkickが展開する買い物アプリではMacy’sを含め様々なメジャー小売店を扱っている。そのアプリ内をブラウズして気になる商品を見つけたら「likes」としておけば、次回店舗に足を運んだ時にリマインダー表示してくれる。

情報発信するガジェットの大きさは石けんほどと小型で、壁などに取り付けて使用する。価格は40ドル。複数の出入り口にそれぞれガジェットを取り付けるにしても導入費用はかなりリーズナブルなものになるのも小売店には都合がいいだろう。

このシステムはまだベータ版で、まずはMacy’sのニューヨークとサンフランシスコの2店舗で試験運用されている。試験がうまくいけばMacy’sの全米に広がる店舗や他の小売店でも導入される見込みで、スマートフォンの浸透を反映したこの新サービスは今後広がりをみせそうだ。

Shopkick
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報