海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Mobile 1本でほぼ無限のカラーが出せるスマートペン「Cronzy」が登場!現実世界の色をスキャンして使用も可能

Mobile

1本でほぼ無限のカラーが出せるスマートペン「Cronzy」が登場!現実世界の色をスキャンして使用も可能

赤、青、緑がセットになったマルチカラーボールペンを使った記憶はないだろうか?色が使い分けられるので便利だが、それでも最大3色。 そんな既存の常識を打ち破る、1本でほぼ無制限にカラーが出せるペン「Cronzy」が、クラウド...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Cronzy赤、青、緑がセットになったマルチカラーボールペンを使った記憶はないだろうか?色が使い分けられるので便利だが、それでも最大3色。

そんな既存の常識を打ち破る、1本でほぼ無制限にカラーが出せるペン「Cronzy」が、クラウドファンディングサイトIndiegogoで出資を募集している。

・現実世界のオブジェクトの色をスキャン


ペン本体と専用アプリで動作するデバイスで、Photoshopのようなカラーセレクターから色を選び、Bluetoothでペンにその情報を送り、ペン内部のインクを混ぜ合わせて、その色を模倣するという仕組みだ。

もちろん、アプリから色を選択する方法でもよいが、なんと、身の周りにある色を“ピックアップ”して、ペンの色として使うこともできるという。

Cronzy2ペン本体の端にはセンサーが搭載されていて、それを使いたい色の部分に当てて情報を読み取り、インクをミックスさせてその色を再現する……といった具合。

気に入った色、よく使う色はアプリ内で保存しておくことができ、他ユーザーとシェアしたりもできる。

・5種類のペン先を取り替えて使おう


インクは5つの独立したタンクに収容されていて、それぞれシアン、マゼンタ、イエロー、ブラック、ホワイトの5色。これらをミックスさせることで、1600万カラー以上、ほぼ無限に色を再現できる。ペン内部にはミニチュアモーターが搭載されていて、これが色を混ぜ合わせる。

ペン先は、タイプや直径がそれぞれ異なる5タイプを用意(万年筆タイプ、ノーマルタイプ、0.7、2、3ミリメートルのタイプ)。用途に合わせて取り替えよう。

ペン先の種類にもよるが、1つのタンク内のインク量で、500メートル相当の線を描けるほどになるという。

・1度チャージすれば7時間もつ


Cronzy3ペン本体の大きさは、170×13.5ミリメートル、重さは95グラム。さすがに、普通のボールペンよりは若干大きいが、利便性を考えれば許容範囲だろう。

再充電可能なリチウムポリマーバッテリーは、1度チャージすればおよそ7時間の連続使用が可能だ。専用ケースに入れてチャージしよう。

早期予約特典のセットは199ドル(約2万円)。絵や図を描いたり、色をたくさん使いたい人には、夢のようなツールになりそうだ。

Cronzy
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報