海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

MIT

MIT

MIT発のスタートアップ「Solstice」、独自の信用スコアで誰もが参加できるコミュニティ式ソーラー発電を!

屋上にソーラーパネルを設置することで自然のエネルギーが利用できて電気代の節約になる。ただ、賃貸物件に住んでいたり、設置の頭金が払えなかったり、日照時間が不足していたり…といった理由で、これが叶わない人がほとんどだ。 こう...

MITがソーラー発電機能を備えたIoTセンサーを開発!室内照明もエネルギーに変える

2025年までに、世界で750億台に達すると予測されるIoTデバイス。屋内外問わずいたるところに配置されるセンサーに関して、電源の確保の課題がまだクリアできていない。 RFIDタグなどのように、読み取りデバイス(リーダー...

MITが地球上でもっとも黒い素材を発見、ベンタブラックの10倍!

MITの研究者が、カーボンナノチューブを成長させる過程で、これまで発見された中でもっとも黒い物質を作り出したようだ。“黒”というとどれも同じに思うかもしれないが、可視光の反射率によってその黒さは変わってくる。 これまでも...

MITが靴や車の色をカメレオンのように着せ替えできる技術!光でインクを再プログラム

カメレオンのように、色を手軽に着せ替えできたら、モノを新しく購入しなくても気分が変えられるだろう。MITのコンピューターサイエンスおよび人工知能研究所(CSAIL)の研究チームは、光で再プログラム可能なインクを使用してこ...

MITの糸型ロボットは細い血管もすり抜ける、ジョイスティックによる遠隔操縦も開発中!

日本人の死因4位の脳卒中。急性脳卒中は最初の90分以内に治療できれば、生存率は大幅に上がると言われている。 MITの研究チームが開発した糸型ロボットなら、将来的に迅速な治療を実現できるかもしれない。 研究チームは、磁気で...

MITの自律走行ボート「Roboat」、自在に変形して動く橋にもなる

アムステルダムは都市部の渋滞の緩和に、運河を自律走行するロボットボートを活用しようとしている。自律走行ボート「Roboat」の開発は、MITがAMS Instituteとの共同プロジェクトの一環として進めている。 201...

ヴァーチャル留学で語学学習?アメリカの大学が中国語の授業でVR空間を導入

アメリカ・ニューヨーク州のレンセラー工科大学では、ヴァーチャル環境を活用した中国語の語学学習の授業を開始。学生はバーチャル空間に作られた北京の街並みに入り込むことにより中国語を学ぶことができるという。 ・飲食店や露店でリ...

キュウリの巻きひげの仕組みを模倣した、軽量かつ丈夫な人工筋肉をMITが開発

米マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究チームは、2019年7月、キュウリの巻きひげの仕組みを模倣した、繊維ベースの人工筋肉を開発した。 研究成果をまとめた論文は、学術雑誌のサイエンス(Science)で掲載されている...

わずかな血液で敗血症を25分で診断できる手法をMITが開発

MIT(マサチューセッツ工科大学)の研究チームが新たに開発したセンサーを活用すれば敗血症で亡くなる人の数を減らすことができるかもしれない。 米国では毎年25万人が敗血症で亡くなっているとされるが、MITはその敗血症を従来...

レゴブロックを組むようにロボットを作る! MITの研究チームがロボット設計の新手法

生物は20種類のアミノ酸から構成されているといわれている。これと同じようにロボットを基本パーツから組み立ててしまおうというプロジェクトがある。 MITの教授、Neil Gershenfeld氏を中心とする研究チームは、「...

MITがデータサイエンスを民主化!「Northstar」ならタッチスクリーンで操作できてAIモデルも自動生成

MITとブラウン大学の研究者らは、タッチスクリーンで操作できる対話型データ解析システムを開発した。「Northstar」と呼ばれる同システムなら、コーヒーショップのオーナーでも、データサイエンスを使って仕入れるべきコーヒ...

MITが550個のセンサー付き手袋を開発!材料費10ドルでピッキングロボット開発に役立つ

ロボットに料理やかたつけがでるようになれば、わたしたちの生活は一変するだろう。それにはロボットがうまくモノを扱えるようになる必要がある。 ヒトは触覚的なフィードバックのおかげでモノをうまく識別してつかんだり動かしたりがで...

気候変動による海面上昇を防止!?MITがモルディブの組織と共同で砂州を自己成長させる実験を開始

尋常ではない災害が続く昨今。世界の人口の約40パーセントが沿岸地域に住むと言われ、人々は浸食や上昇する水位の上昇、暴風雨の脅威にさらされている。この問題に着目したのがMIT。深刻な状況を打破するため、特別なプロジェクトを...

MITが植物をルームライト化する技術、電源いらずでサスティナブル!

発光する植物が代替エネルギーの一部となるかもしれない。MITのバイオエンジニアリング研究者の手により登場した発光植物は、電源供給も遺伝子組換えもなしで機能する。 ただ、既存の照明器具を扱うようなわけにはいかず、設置環境か...

1 2 3 4 5 10

WHAT'S NEW

最新情報