海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

MIT

MIT

MITが数万の人工脳シナプスを1つのチップに載せることに成功

米マサチューセッツ工科大学(MIT)が、人間の脳神経シナプスを模倣したメモリスタ(memoristor)と呼ばれる受動素子を十数ミリ四方のチップに数万個載せ、「人工脳チップ」とも言うべきものを作ることに成功した。 過去に...

植物のストレスを感知しスマホに警告を送るセンサーをMITが開発

マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究チームは、カーボンナノチューブで作られたセンサーを使用して、植物が怪我や感染、光害などのダメージを受けたときに生じるストレスを感知するナノセンサーを開発した。 植物に埋め込むセンサ...

切り紙を応用してハーバード大とMITが開発! ポップアップ靴底はグリップが強力

ハーバード大学ジョン・A・ポールソン工学・応用科学スクール(SEAS)とMITの研究者は、一見平面だが歩くとスパイクが飛び出る靴底を開発した。 研究者らは、地面との摩擦力を効率よく高めるべくヘビの皮を模した構造を開発して...

MITがランダムなサイコロの目をシミュレートする新アルゴリズム!

AIや疫学、金融といった領域では、確率を計算するうえで乱数の生成が欠かせない。MITの研究者は、高速かつ低メモリで乱数が生成できるアルゴリズム「FastLoadedDiceRoller(FLDR)」を開発している。 研究...

MIT、水難救助に役立つデータ駆動型アプローチを開発! 海の状態をリアルタイムで分析

海の状態は、天気や風、海流などによって複雑に変化する。こうした不確実性の高さが、流された人や船などの捜索活動をむつかしくしていた。 MIT、スイス連邦工科大学(ETH)、ウッズホール海洋研究所(WHOI)らによる研究チー...

MITが学術イベントの告知ポータルを開設! すでに1000以上の無料ウェビナー掲載

人が集まることがむつかしくなった今の状況は、イベント形態の転換期となっている。リアルイベントが軒並み中止され、替わりに多くのものがオンラインで開催するかたちに移行。 こうしたなか、MITの数学者を中心とするチームが学術イ...

MITが開発するCRISPRベースのコロナ検出テストが唾液サンプルにも対応!

新型コロナとの共存が強いられるニューノーマルにおいては、感染検査を日常的に行うようなシステムが必要。そのために正確で扱いやすい検査キットの普及が求められている。 このような条件を満たすPCR検査や抗体検査の開発が競われて...

カーネギーメロン大とFacebookが毎日更新の新型コロナ症状マップを公開!

COVID-19は、感染力や致死率が近いとの理由でスペインかぜ(日本でも39万人近くが死亡)とよく比較されるが、1918年当時と現在との大きな違いのひとつに、データが扱えるようになったことがある。 感染カーブを平坦化する...

新型コロナの濃厚接触を教えてくれる! コード・フォー・ジャパンが追跡アプリ開発へ

新型コロナウイルスの感染者数拡大を防ぐための戦略として多くの国/地域で、検査と追跡、隔離が実施されている。 日本ではこれまでクラスター対策が中心だったが、一人ひとりへの聞き取り調査では間に合わないフェーズの地域も出てきた...

MITが折り紙式フェイスシールドの量産を開始! 1時間で数千枚の切り出しも可能

新型コロナウイルスの感染患者が増えるにしたがって、地域の医療現場で個人用保護具の不足が深刻化している。こうしたなかMITの研究チームは、N3マスクと一緒に使用し、飛沫の直撃を防ぐフェイスシールドの量産を開始した。 フェイ...

世界終末の決断! MITが小惑星衝突にどう立ち向かうかを決断するコンピュータープログラムを開発

小惑星が地球に衝突するーー。そんな世界終末になりかねない状況で我々人類はどうすればいいのか。それを判断するコンピュータプログラムを、MIT(マサチューセッツ工科大学)の研究チームが開発した。 彼らによれば、ごく小さなもの...

スタンフォード大、バッテリー性能のテスト時間を98%短縮! 超高速充電技術の開発に

電気自動車(EV)のコストで大きな割合を占めるバッテリーパック。徹底したテストが実施されるがゆえに、その期間の長さが開発のボトルネックとなっている。 従来、バッテリー関連技術を開発する際は、数カ月~数年のテスト期間を要し...

モバイル投票アプリのリスクをMITの研究チームが指摘

近年、インターネットおよびモバイルテクノロジーを使用して投票プロセスへのアクセスを増やすことに関心が高まっており、世界各国でもインターネットやアプリを投票の際に活用する事例は増加している。しかし今回、マサチューセッツ工科...

MITの低コスト・スマートオムツは濡れると介護者に通知!RFIDを利用

オムツが濡れたとき、すぐにぐずったり、まったく気にしなかったりと、赤ちゃんの反応はさまざまだ。しかし、湿ったオムツを長く着用すると、発疹や痛みなどが生じることがある。 そこで今回MITが、濡れると介護者に通知する低コスト...

1 2 3 4 5 12

WHAT'S NEW

最新情報