海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

MIT

MIT


MITが自閉症の行動から意図を読み取るAI開発へ!個別ディープラーニングにより実現

表情や声から感情を認識するAIの開発がさかんだ。膨大なデータから直接結果を得るディープラーニングでは、顔のどの部分を見るのが感情分析に有効か、などを考えることなくデータから最も重要な情報が抽出できる。 MITメディアラボ...

MITが医用画像の分析速度を1000倍にするアルゴリズム!診断画像のなめらかな位置合わせを一瞬で

MRI検査で得られる画像など、医用画像を重ね合わせて詳細に比較・分析する技術が、コンピュータ支援診断に活かされている。 例えば、脳腫瘍がある患者では、数カ月前の脳の画像を直近のものと重ね合わせて、腫瘍の小さな変化を分析す...

MITがをRFIDシステムの性能を刷新!安価で信頼性の高いIoTセンサーに

近距離無線通信のRFID技術は小型で低消費電力、安価ということから活用の場が広がっている。 サプライチェーンでの商品管理や、流通におけるトレーサビリティ、人に装着しての活動計測などに利用され、今後は、IoTセンサーとして...

発電施設の水消費量を最大30%削減する集水システムをMIT出身スタートアップが開発

米マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者を中心に創設されたスタートアップ企業「Infinite Cooling(インフィニット・クーリング)」は、発電所や大型データセンターの冷却塔で大気中の水蒸気を収集する独自システ...

体内の植え込み型医療機器に無線で給電できる画期的な手法をMITとハーバードが考案

米マサチューセッツ工科大学とハーバード大学医学部ブリガムアンドウィメンズ病院との研究プロジェクトは、2018年6月、高周波によって、ヒトの体内に埋め込まれたデバイスと無線で通信し、電力や光を供給できる画期的な手法を開発し...

MITが細菌とチップを融合させた生物センサー、健康状態がリアルタイムでわかる!

ここ数年での、バイオテクノロジーの技術進展には目を見張るものがある。なかでも今回ご紹介するのは、細菌を遺伝子操作して環境汚染物質や疾患の検知に役立てようという分野の最新研究となる。 細菌を利用して作られたセンサーは、標的...

MITがBitcoinでのスマートコントラクトをテスト!天気や米ドル価格とも連動できる「oracles」

ブロックチェーンの目玉機能ひとつ、スマートコントラクト。記録を残しつつ自動的に契約を履行するこの機能は、ゲームやマーケットプレイス、IoTプラットフォームでの支払いなどに用いられる。 ところで、スマートコントラクトはEt...

MITが3Dプリンティング技術を活用した自律航行ボートの製造手法を開発

米マサチューセッツ工科大学(MIT)は、オランダの研究機関「AMSインスティテュート」らと共同で開発をすすめている自律航行ボート「Roboat」について、その操縦性や制御の精密性を向上させるとともに、3Dプリンティング技...

マップなしに道を探し出せるシステム「MapLite」、MITが開発

カーナビゲーションが発売されたばかりの頃は、当然ながら今より情報量が少なく、そして処理も遅かった。町外れに行くと、地図が真っ白なんてことはざらにあった。そんなときは、ドライバーが自分の目で確認しながら判断しなければならな...

プログラミングできる泡!? MITがしずく型のインターフェースを開発

雨のしずくにも似た、鮮やかな泡。これがコンピューターのインターフェースだなんて、誰が信じられるだろうか。 ・水の性質をヒントに開発 MIT Media LabのTangible Media Groupが開発したのは、プロ...

1 2 3 4 5

WHAT'S NEW

最新情報