海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

FDA

FDA


授乳する女性の強い味方に! ウェアラブル搾乳器「Elvie Pump」はスマホで操作

母乳を搾る搾乳器にもテックの波が来たようだ。英国ロンドンのスタートアップがこのほど発表したのは電動式、そしてウェアラブルな搾乳機。 ブラに挟み込むだけ、しかもウェアラブルなので家事などをしながらでも使える。電動式だが、動...

強迫性障害の症状が3割以上軽減!?脳に電磁波をあてる治療デバイスがFDAの承認へ

現在、世界の人口のおよそ0.5~2%が強迫性障害に苦しんでいると考えられている。なんらかの思考や行動のパターンが繰り返され、強迫観念が制御できないのがこの疾患だが、薬物療法と行動療法では治療効果が出ないケースも少なくない...

AIが失明の危機を防ぐ!?糖尿病網膜症を診断する専用ソフトウェア搭載のデバイスをFDAが認可

糖尿病が進行するとさまざまな症状が出てくるが、そのうちの一つに糖尿病網膜症がある。血糖がうまくコントロールできないことで網膜の血管が損傷し、視力が低下する。最悪、失明に至ることもある。 そうした糖尿病網膜症を人工知能(A...

心臓発作を感知するウェアラブル「Embrace」、FDAの認可を取得

米国マサチューセッツ州に拠点を置く医療スタートアップ、Empatica社が開発した「Embrace」は手首につけるスタイルといい、大きさといい、どう見てもスマートウォッチかフィットネストラッカーだ。 だれも、このウェアラ...

携帯電話の使用によるがんリスクは深刻ではないとの米FDA調査結果

携帯電話を頻繁に使用することで、がんを患うリスクが高まるのでは、という懸念は以前からある。実際にそう主張している論文もあれば、「無関係」とする調査結果もある。 果たしてどちらなのか。このほど米国食品医薬品局(FDA)が発...

ポケットサイズで低コストの医療用スキャナ!iPhoneに接続して使う「Butterfly iQ」は深部のガンも発見する

昨今の人工知能(AI)による画像診断事情をウォッチする方は、医療の未来は明いとの印象をお持ちだろう。 しかし一方で、世界の人口の2/3はいまだ超音波診断デバイスにアクセスすらできない現実がある。コストの壁が超音波スキャナ...

薬も3Dプリントされる時代へ!ZipDose技術で、溶けやすく飲みやすい薬を生成

3Dプリントの技術は、あらゆる分野に活用され、広がりをみせている。 ・FDA認可の新技術が使われた、3Dプリント製の薬 医療分野もその例に漏れず、Aprecia Pharmaceuticals Companyでは、Foo...

スマホのレンズで皮膚ガンを早期発見!?超精細画像が可能な「Molescope」

カナダのスタートアップMetaOptimaが開発している「Molescope」は、皮膚がん発見をサポートする、皮膚検査のための医療デバイスだ。 ・スマホのレンズに取り付ける スマートフォンに取り付けるアタッチメントツール...

顔を30秒当てるだけ!?夢の“自動メイクアップガジェット”がすごい

女性にとって、メイクは身だしなみの1つ。だが、時間もスキルも必要で、ついつい手を抜いてしまいがち。 そんな悩みに応えて、短時間で理想の化粧を施してくれる、夢のような“自動メイクアップガジェット”が開発されている。 ・世界...

【すでに目標額の約3倍】慢性痛にサヨナラ!痛みを緩和するウェアラブル・デバイスが登場

時計、リストバンド、指輪など、さまざまなウェアラブル・デバイスが活況を見せている昨今。健康や医療の分野にもその動きは広まっているようだ。 ・慢性痛を緩和するウェアラブル・デバイス登場 以前、慢性偏頭痛を防ぐヘッドバンド「...

1 2

WHAT'S NEW

最新情報