海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

EV

EV


ALVAはインドネシアの電動二輪市場をリードできるか

Research and Marketsのレポートによるとインドネシアの二輪市場は、中国、インドに続いて世界第3位の位置を占めるという。また、可処分所得の増加や道路インフラの整備、クレジットやローンサービスの利用拡大によ...

南アEverlectric、車両から充電インフラまで包括した“EV導入ソリューション”提供

現在アフリカでは、大気汚染地域として有名なアジアを上回る勢いで、大気や水質などの環境汚染問題が深刻になっている。経済発展に伴う交通量の増加は、慢性的な交通渋滞を引き起こし、自動車排出ガスによる大気汚染や温室効果ガスの排出...

【投資家注目】アフリカスタートアップの最新トレンドVol.2:電動バイクの現地生産が活況

本稿は、アフリカビジネスパートナーズによる寄稿記事である。同社は、ケニアや南アフリカに現地法人を持ち、アフリカ40か国で新規事業立ち上げやスタートアップ投資に関する支援を提供している。現地のビジネス最前線を知る同社独自の...

5分の充電で約160km走行を実現。StoreDotの超高速充電バッテリー、EVの航続距離・充電時間の課題克服へ

ITの進化により、世界各国でスマートフォンやEV車などバッテリーへの需要が高まるなか、イスラエルのスタートアップStoreDotは、バッテリー業界のゲームチェンジャーとして注目されている。 同社は充電式バッテリー技術への...

武蔵精密工業、二輪EVのニーズ高まるインドで“高性能e-Axle”の開発開始。さらなる小型・軽量・静粛性の実現へ

世界各国が2050年までのカーボンニュートラルの実現を目指すなかで、CO2をはじめとする温室効果ガスの排出量削減は大きな課題だ。とくに二輪車が人々の生活の足として欠かせない新興国においては、二輪車の排気ガスが深刻な問題と...

三井物産、インドEVバス事業に参入。なぜいま“EVバス”なのか、その背景に迫る

2023年12月27日、三井物産はPinnacle Mobility社がインドで展開するEVバスブランド“EKA Mobility”に段階的に85億ルピー(約140億円)以上の共同投資を計画していると発表した。 Pinn...

2分でバッテリー交換可能。インドの電動三輪タクシー「Eリキシャ」対応“交換所ネットワーク”で利便性UPへ

インドでは自動の三輪タクシー、通称“オートリキシャ”の台数が大幅に増え、観光地間の移動に利用されてきた。 最近は、電動タイプの三輪タクシー“Eリキシャ”が登場し、新たな交通手段として注目を集めている。Eリキシャはバッテリ...

ハマスの攻撃に巻き込まれる中、イスラエル自動車スタートアップ“Carrar”が自動車大手“Volvo”にEV用バッテリー供給

イスラエルの自動車部品の新興企業「Carrar」は10月7日にイスラエル南部で1,200人が死亡したテロ組織ハマスによる攻撃に巻き込まれたにもかかわらず、自動車大手「Volvo」との最初の大型契約を締結したと発表した。 ...

米国EVスタートアップ“Fisker”、4度目となる2023年の生産目標を引き下げ。その理由とは?

アメリカ・カリフォルニアに本拠を置くEV(電気自動車)のスタートアップ企業「Fisker(フィスカー)」は、2023年度で4度目となる生産目標の引き下げを実施した。 電動SUV「オーシャン」を提供するFisker Fis...

環境に優しい“未来のモビリティ”を技術革新で叶える。イスラエルのスタートアップ“StoreDot”の挑戦

イスラエルのスタートアップが活気づくなか、StoreDotはイノベーションの道標として登場し、電動モビリティの領域において、持続可能で環境に優しい未来の実現へと舵を切った。 同社は2012年に設立され、バッテリー技術にお...

1 2 3 4 5 9

WHAT'S NEW

最新情報