海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

EPFL

EPFL


EPFLが極低温電子顕微鏡でのリアルタイム観察を可能に!

タンパク質などの生体分子を近原子分解能でキャプチャできるイメージング技術「低温電子顕微鏡法(クライオEM)」が、2017年にノーベル化学賞を受賞しています。 最近では、新型コロナワクチンの標的となるSARS-CoV-2ス...

EPFLが数ミクロンの構造をプリントできる3Dプリンターをゼロから開発!

EPFLの研究者らは、直径わずか数ミクロンの構造をプリントできる高性能3Dプリンターを開発しました。3Dプリンターは材料や要求に合わせて調整できて、研究や教育での使用に適しています。 研究者らは最初に市販の3Dプリンター...

EPFLが3Dプリント可能なコネクタ開発! 持続可能なモジュール式竹製家具製作に

成長が速い竹は、ほかの木材と比べて生産性が最大4倍にもなるとのことです。また、最大30%多くのCO2を蓄積でき、構造上の頑丈さもあります。このサスティナブルな木材に目を付けたRomain van Wassenhove氏は...

EPFLがTwitterトレンドの大規模操作を発見!? トルコのローカルトレンドの47%は偽物

Twitterのトレンドは、それをもとにニュース報道がなされたり、議論が巻き起こったりと、影響力が大きいものです。ところがこのトレンドは、意外にシンプルな方法で操作できてしまうよう。スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPF...

NHSによるコロナ接触確認アプリの有効性が検証される!? 30~60万ケースを予防

接触確認アプリを入れていても、実際に通知が来たとの経験がある人はまれだと思うので、その意義を実感しづらいんじゃないでしょうか。こうしたなか、イギリスで利用される接触確認アプリの有効性が検証され、natureで発表されてい...

EPFLは自動運転車用3D検出技術を転用してソーシャルディスタンスを測定!

スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)の研究者チームは、ソーシャルディスタンスを測定するのに自動運転車両用に開発したアルゴリズムを転用しています。 市販のカメラと連携して距離を測定できる同技術、個人情報は収集すること...

EPFLがVRで伝統的な職人の技巧をサポートする技術!

レーザーによるマイクロエンジニアリングを研究する、スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)Galateaラボの研究チームは、スイスの老翁時計メーカー、ヴァシュロン・コンスタンタンと共同で、時計職人の技を近代化する技術を...

EPFL、バイオマス資源の有効活用で地域の再エネシステム最適化を目指す!

バイオマス資源を生成するうででの森林破壊や食糧資源との競合が問題視されている。家庭や農業、林業から生成されるバイオマス資源を有効活用できれば、再生可能エネルギー源としての価値は高まるだろう。 こうしたアイデアを実現すべく...

EPFL、動物の動きをマーカーレスでリアルタイムにモーションキャプチャする技術!

モーションキャプチャといえば、マーカー付きスーツを着用して、身体の各部位の位置をトラッキングする姿を想像しがちだ。 ARやCG制作などで用いられる同技術。実は行動科学など研究領域でも使用される。動物の動きを分析するのに、...

EPFLがARで化学が学べるWebサイトを無料公開!

化学を学習するうえで、分子の構造や動き、そのメカニズムといった目に見えないものの理解に迫られる。図解や模型などの教材はあれどパターンが限られていて、こうしたことが、化学に苦手意識を抱く生徒を生み出す原因の1つになっている...

1 2

WHAT'S NEW

最新情報