海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

AR

AR


AR機能を活用した砂場「iSandBOX」が登場

「iSandBOX」は、世界で初めて製品化された 「AR砂場」。世界40ヶ国で販売されており、幼稚園・小学校・テーマパーク・博物館・科学館・心理療法・介護など、様々な施設に1000台以上、110都市で導入されている。子ど...

ARでメガネが試着できるサービスを「Warby Parker」が開始、まずは近年発売のiphoneから

知る人ぞ知る、米国ニューヨーク発のメガネブランドWarby Parker。今でこそ店舗を北米で展開しているが、もともとはオンラインストアで事業を始め、今でも顧客の多くがネット経由でメガネを購入している。 そのオンラインで...

日本初!ARシューティングアプリ「ペチャバト」が新感覚だと話題

シューティングアプリ「ペチャバト」は日本発のAR技術を活用したシューティーングゲームアプリ。新感覚のゲームを楽しめるとSNSでも話題のようだ。 ・インクが弾けるシューティングゲーム 現実世界と仮想世界を融合させることが魅...

大人も欲しい!地球儀にスマホをかざして地球をARで学べる!職人手描きの「Earth AR」は美しさも魅力

子どものころ、地球儀を眺めて楽しんだ記憶はないだろうか。世界にはいろんな国や土地があり、多様な生物や地形が存在するんだと思いを巡らしたはず。 そんな地球儀と、現代のテクノロジーAR(拡張現実)が組み合わさったとしたら、ど...

【interview】誰でも気軽にインテリアコーディネートができる!ARインテリアデザインアプリ「FURNI」によるAR×ECビジネスの可能性とは?

家具を購入する際、どうしても部屋の配置のイメージがしづらい問題があった。今回紹介するFURNIというサービスはAR技術を駆使したインテリアコーディネートアプリで、誰もが容易に部屋の内装をシュミレーションできる。開発した経...

「日経AR」アプリで紙面から情報が飛び出す!AR技術を駆使し、新聞に新たな表現の可能性を

日本の経済を中心としたニュースを報じる老舗新聞の「日本経済新聞」。発行部数は現在約242万部を誇る。2010年3月には「日本経済新聞 電子版」もスタートし、紙媒体以外の展開にも注力してきた。 ・AR技術を採用した「日経A...

AIが希望ピッタリの家探しをサポート&実地ではARで完成後の住宅を再現!物件マッチングサービス「AiR」がスゴイ

住まいは生活の基盤となり、それぞれの生活スタイルや嗜好などが反映されるものだ。 これまで家探しといえば、不動産屋に足を運んだり、不動産情報サイトで検索したりして、住みたいと思う地域、間取り、予算などを設定し、自力で条件を...

“100円VRゴーグル”の新型「Auggle S2」は子どもから大人まで楽しめる!コンパクトでDMでも発送可能

最近一気に身近になったVR技術。VRを利用するために高い機器が必要だったのはもう昔の話。大村印刷株式会社が手がけるVRゴーグル「Auggle S」はなんと100円以下というから驚きだ。 ・「Auggle S2」、単価10...

ネッシーに会えちゃう?スコットランドが舞台のARアプリ「HighlandAR Legends」

スコットランドを舞台にしたARアプリ「HighlandAR Legends」は、スコットランドの伝説をめぐることができるというアプリ。現存しない建築物などをスマホを通じて体験できるのがARアプリの魅力の一つでもあるが、「...

リモートでのコラボレートをAR空間で!メンバーや資料を自室に呼び出せる「Spatial」が未来的

リモートオフィス/リモートワークなどで働く場所の分散が当たり前の時代。組織のメンバーが離れて仕事していても、情報共有やコミュニケーションの質を高めることが求められている。 「Spatial」は、そんな要望に応えられそうな...

1 2 3 4 5

WHAT'S NEW

最新情報