海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

AI

AI

元Googleのエンジニア開発のAI学習アプリ「Monoxer」、知識習得のための問題作成から習得判定までを自動で!約1億円の資金調達を実施

新しい言語や知識を身に着けようと思ったとき、当然のことだが“学習”は欠かせない。参考書を読んだり、専門塾に通ったり、問題集を解いたり。反復を繰り返して習得をしていく。 教える側としては、生徒の学習状況に合わせて、学習のた...

AIが動画をマンガに変換、Webページからお試しも可能

ニューラルネットワークによって画像のスタイルを変換する研究分野では、敵対的生成ネットワーク(GAN:Generative Adversarial Network)を用いたアプローチが増えてきている。 GANは、ホンモノそ...

忘年会&新年会で活躍?カラオケJOYSOUNDのWebサイトに人工知能(AI)導入、“よくある質問”にAIが24時間対応

いよいよ迫る年の瀬。忘年会を企画している人も多いのでは? 忘年会の二次会などでカラオケに行く機会もあるかもしれない。国内有数のカラオケチェーンJOYSOUNDでは、Webサイトに人工知能(AI)を導入し、“カラオケご利用...

「少年ジャンプ+」アプリで、AIがユーザーの離脱を予測できるか実験検証!精度約90%、コスト約85%削減に成功

少年漫画の雄といえば「週刊少年ジャンプ」。今でもたくさんの人気漫画を輩出し、人々に愛されている漫画雑誌だ。 時代に合わせ、紙媒体のみならずデジタル化もしており、「少年ジャンプ+」というアプリを展開中。50作以上のオリジナ...

天井にカメラを設置するだけでどんな店舗にも導入できるレジレス買い物ソリューション

米サンフランシスコで2017年に創設されたスタートアップ企業「Standard Cognition(スタンダード・コグニション)」は、人工知能(AI)をベースとするコンピュータービジョンを活用した店舗向けレジレス買い物ソ...

Kickstarterでも大人気! Ankiによる喋るミニロボット「Vector」

米サンフランシスコに本拠を置くスタートアップAnki。ロボティクスとAIに強みを持つ同社が開発した「Vector」が話題を呼んでいる。 ・手のひらサイズのミニロボット Ankiは、米国の名門カーネギーメロン大学ロボット工...

日経のAIを活用した新サービス!取引先のコンプライアンス(法令順守)チェック業務を支援する「日経リスク&コンプライアンス」がリリース

企業と企業の関係はある意味デリケートで、個人と個人が関係性を構築する以上に難しさを含むこともある。初めて取引をおこなう取引先がどういった会社なのか、コンプライアンス(法令順守)がしっかりした会社なのか、まずはそこをきっち...

AIが希望ピッタリの家探しをサポート&実地ではARで完成後の住宅を再現!物件マッチングサービス「AiR」がスゴイ

住まいは生活の基盤となり、それぞれの生活スタイルや嗜好などが反映されるものだ。 これまで家探しといえば、不動産屋に足を運んだり、不動産情報サイトで検索したりして、住みたいと思う地域、間取り、予算などを設定し、自力で条件を...

周囲360度の障害物を回避できる! HoverドローンがAIを搭載して帰ってきた

ドローン好きの人でなくても、「Hover Camera Passport」を覚えているかもしれない。2年前に登場した折りたたみ式の4Kドローンで、性能に加えドローンに見えないデザインなどでも話題となった。 今回はその後継...

子どもがことばを覚えるように言語を学ぶAIをMITの研究チームが開発

MITの研究チームが、子どもがやるように環境を観察し人の話を聞くことで言語を覚える技術を開発した。従来の機械翻訳では訓練にタグ付けしたデータセットが必要だったのに対し、この方法では映像と字幕があれば事足りる。 十分な量の...

ネットスーパーで受注した商品を自動仕分けするフルフィルメントセンターが米国で開設

米マイアミを拠点とするスーパーマーケットチェーン「Sedano’s(セダノス)」は、2018年10月、フルフィルメントソリューションを開発するスタートアップ企業「Takeoff Technologies(テイ...

音楽性について定量的に評価!?データサイエンティストが曲を解析、AIをつかって音楽性を解き明かす

データサイエンティストのHaebichan Jungさんは、データ解析とAIによってアーティストの楽曲の特徴を抽出している。 対象となったのは、最近米TIME誌の表紙を飾り、飛ぶ鳥を落とす勢いのK-popアーティスト、B...

Googleが新プロジェクト「Creatability」を発表!障害の有無に関わらず、機械学習できるシステムを提供

米国勢調査局によると、アメリカでは5600万人以上の人々が、何らかの障害を抱えており、障がい者と健常者のデジタル格差が、拡大しているという。障がい者の場合、パソコンやスマートフォン、タブレットといった端末の所有率は、健常...

アメリカのブロックチェーンエンジニアの平均年間報酬は1700~2000万円!市場は低迷しても業界の成長は止まらない

ブロックチェーン人材の給料が急騰しており、AI人材並みになっているようだ。 こうした背景にはブロックチェーンエンジニアの需要の増大があり、ブロックチェーン関連のシステム開発が、AI関連のものと並んで優先順位の高いプロジェ...

1 3 4 5 6 7 12

WHAT'S NEW

最新情報