海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

AI

AI

人工知能(AI)とは何か? 定義や仕組み、歴史を理解し、これからの未来を考える

AI分野で著名なSENSY株式会社代表の渡辺祐樹氏に「人工知能(AI)とは何か」をインタビュー。AIの定義や、ディープラーニングの仕組み、そしてAIの過去と未来について伺いました。

AIがこの世にいない人の顔画像を大量生成する、著作権フリーの画像が10万枚!

創作AIの進化は予想以上に速く、気づけば創作物の多くをAIが担っていた…なんて状況も、信憑性を帯びてきた。クオリティの高い創作物を大量生成するAIの出現で、著作の使用料体系に崩壊が起きる可能性がある。 ヒトの書いたものと...

人工知能とコンピュータビジョンを活用したイスラエル発のレジレス店舗ソリューション

イスラエルのテルアビブで2018年に創設されたTrigoは、人工知能(AI)やコンピュータビジョンなどの技術を活用したレジレス店舗ソリューションを開発するスタートアップ企業である。 ・商品を手に取って退店すると自動精算さ...

人工知能とビッグデータで食のサプライチェーンの最適化を実現するクラウド型ソリューション

米ニューヨークで2016年に創設されたCrisp(クリスプ)は、人工知能(AI)とビッグデータにより、生鮮食品のサプライチェーンを最適化して食料廃棄量の軽減につなげる、クラウド型B2Bソリューションの開発に取り組んでいる...

カーネギーメロン大が文章から棒人間アニメを生成するAIを開発!

言葉で伝えた動きがアニメーションになったら動画制作はがぜん楽になるだろう。将来的にはAIがこれを実現してくれるかもしれない。 文章をアニメーションに変換する技術の第一歩として、このほどカーネギーメロン大学(CMU)の研究...

Z会グループとEduLab、AIを活用した「英語スピーキング自動採点」の共同研究を開始 評価者の主観でバラつきがちな判断基準の一律化を目指す

このところ、AIはあらゆる業界、分野に進出しており、身近な存在になってきている。 教育業界も例外ではない。教育サービス事業およびAI事業を展開する株式会社EduLabは、株式会社増進会ホールディングス(Z会グループ)と資...

AIが生徒一人ひとりの学習状況を分析し、「自分専用レッスン」を作成するタブレット型AI教材「atama+」、全国の駿台予備学校に導入へ!

高校や大学受験の対策に、塾に通った経験がある人も多いだろう。大手予備校として著名な駿台予備学校を運営する学校法人駿河台学園では、AIを導入した新たな学習法の構築を進めている。 タブレット型AI教材「atama+」を開発し...

AIがデートのアドバイス!? 新たな婚活アプリ「AIMM」登場

アプリを使用してパートナーを見つけることはすでに一般的。アプリの出会いがきっかけで結婚に至るという話も今や当たり前のようになってきた。そんな中、アメリカのスタートアップ企業が人工知能(AI)を活用した出会い系アプリを開発...

森美術館で展覧会「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命―人は明日どう生きるのか」開催! テクノロジーが人間にもたらすものは、自由か、あるいは……

六本木の森美術館で2019年11月から開催される展覧会「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命―人は明日どう生きるのか」について簡単に紹介! 技術革新や新しいサービスが次々と生まれている今だからこそ、「芸術」という観点からゆっくりと自分たちの未来について考えてみてはどうでしょうか。

AgriTech(農業テック)スタートアップのinaho株式会社、伊藤忠テクノロジーベンチャーズなどから資金調達を実施

自動野菜収穫ロボットを開発するinaho株式会社は、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ株式会社、創発計画株式会社、株式会社ドフ、複数の個人投資家から資金調達を完了しましたこと発表した。 inaho株式会社とは inaho株式...

タクシー相乗りアプリのNearMeが、独自のAIを活用した9人乗りの旅行者向け「エアポートシャトル」サービス開始

タクシーの相乗りアプリ「nearMe.」を提供する、モビリティスタートアップの株式会社NearMe。同社では「nearMe.」以外に、最適ルートで複数人をピックアップできる「最適化アルゴリズム」を開発している。 このたび...

Slack等のコミュニケーションツールのデータをAIで解析し、従業員のコンディションを把握する「Well」のα版がリリース!6000万円の資金調達も実施

「働き方改革」というキーワードが掲げられ、近年、個人や従業員の働き方の多様化が進んでいる。企業にとって、顧客と同様に大切な自社資源である従業員のコンディションを正確に把握してサポートを実行することは、非常に重要だ。 Sl...

保育士の負担軽減! 埼玉県がIoT、AI等を導入し「スマート保育園」のモデル実証実験を行う

現在の保育現場は問題が山積みだ。待機児童問題、その一因である保育士不足や保育士の負担過多、また保育士不足により園児の安全確保にも不安を感じる親は多いだろう。 埼玉県は「Saitama-Collaboration-Loun...

量り売り方式の青果物を自動で識別するソリューションをベルギーのスーパーが試験的に導入

ベルギーの大手スーパーマーケットチェーンColruyt(コルホイト)は、2019年8月、ベルギーのスタートアップ企業Robovisionとの提携のもと、人工知能(AI)によって野菜や果物を自動識別するソリューションをベル...

1 35 36 37 38 39 49

WHAT'S NEW

最新情報