海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

AI

AI

ライブ配信のハードルを下げる!データアーティスト株式会社のリアルタイムモザイクAI

データアーティスト株式会社(以下、「データアーティスト」)が、同社の研究プロジェクトにてリアルタイムモザイクAIを開発した。各種ライブ配信や報道番組における活用を見込んでいる。 動画を撮影しながらリアルタイムにモザイク処...

世界初! ICT 技術をウニ畜養事業に活用、実験開始

ウニノミクス株式会社と東日本電信電話株式会社はAI・IoT等のICTを活用したウニ陸上畜養トータルソリューションの構築に向け共同実験協定を締結したことを発表した。 ICT技術でウニ畜養事業を強化 同実験は、磯焼け対策、水...

AIによる眼科画像診断支援!DeepEyeVisionが「AI.Accelerator」に採択

AIによる眼科画像診断支援サービスを展開するDeepEyeVision株式会社(以下、「DeepEyeVision」)が、ディップ株式会社のAI・人工知能ベンチャー支援制度「AI.Accelerator」における第13期...

顔認証技術でマスクのまま高速検温「KAOIRO」クラウド版登場

LM TOKYOが、顔認証技術を活用した高速体温測定システム「AI検温モニタKAOIRO-カオイロ-」のクラウド版をリリースした。 顔認証技術で低リスク化 「AI検温モニタKAOIRO-カオイロ-」は2020年5月25日...

ミシガン大がAIベースのバーチャルカウンセラーを公開!

新型コロナによるストレスは、誰もが少なからず感じているだろう。うまく話を聴いてくれる人がいれば、ハードな状況の人ほど不安や孤独感が解消されるにちがいない。 ミシガン大学とテキサス大学の研究チームは、こうしたカウンセラーの...

AIが類似特許を発見!AI特許調査プラットフォーム「Amplified」の正式版がリリース

米国のサンフランシスコに本社を置くAmplified AI社が、AI特許調査プラットフォーム「Amplified(アンプリファイド)」の正式版をリリースした。 独自開発のAIを搭載 AI特許調査プラットフォーム「Ampl...

高度な情報処理能力を搭載した二足歩行のロボット登場

ヴイストン株式会社は、高度な情報処理やネットワーク接続に対応した二足歩行ロボット「Robovie-Z(ロボビー・ゼット)」を7月末に発売する。 高い情報能力を持つ二足歩行ロボット 二足歩行ロボットのロボット「Robovi...

デューク大が開発のAIは顔画像を高解像度に変換! 目じりのしわや歯並びまでも

低解像度の画像を高解像度に変換するAIはこれまでにも開発されてきた。従来8倍が最大だった高解像度変換を、このほどデューク大学の研究チームが最大64倍にまで引き上げたようだ。 これにより、目元も口元もハッキリしない顔画像が...

正しい手洗いしてる?AIが見て判定するシステムを富士通研究所が開発

厚生労働省が推奨する方法で手洗いしているかどうかを判定するAIシステムを、富士通研究所が開発した。 手洗い動作は両手指が複雑に絡み合うため、これまでAIによる認識が困難だった。富士通研究所は人の一般的な動作を認識するAI...

ジョージ・ワシントン大発の「CyberGraph」はAIツールでサイバーセキュリティを強化する

サイバー攻撃が高度化し、サイバーセキュリティの脅威が増す一方で、サイバーセキュリティ人材の不足が叫ばれている。 こうしたなか、ジョージ・ワシントン大学発のスタートアップ「Cyber Graph」は、効率的にサイバーセキュ...

アプリに顔認識AIを実装できる!画像認識プラットフォーム「AIZE」のAPI提供がスタート

株式会社トリプルアイズ(以下、「トリプルアイズ」)が、画像認識プラットフォーム「AIZE(アイズ)」のAPI提供をスタート。 機械学習に関する専門知識を必要とせず、利用者がアプリに顔認識機能を実装できるようになった。 囲...

AIを活用した動作解析!トレーナー向けのiOSアプリ「Sportip Pro」が誕生

株式会社Sportipは、iOSアプリ「Sportip Pro(スポーティップ プロ)」のリリースを発表。 ヘルスケアに関わる指導者やトレーナー向けのアプリとして、指導の効率化をサポートする。 高精度な分析を実現 「Sp...

名刺アプリEight、AI活用の新機能「スキルタグ」をリリース!

Sansan株式会社が提供する名刺アプリ「Eight」は、250万人以上が利用するビジネスにおけるコミュニケーションツールだ。 多くのビジネスパーソンが利用する理由は、正確な名刺のデータ化・管理をはじめ、ユーザー間の情報...

革新的な材料の発見につながる可能性 「例外」を発見するAI開発

横浜市立大学大学院生命医科学研究科を中心とした研究チームが、「例外」の発見に特化した人工知能(AI)「BLOX」を開発したことを発表した。 例外的な物質を効率的に発見するAIを開発 これまで、材料開発を飛躍的に発展させて...

1 2 3 4 5 22

WHAT'S NEW

最新情報