海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

AI

AI

人工知能を活用した、ウェアラブル型の高齢者遠隔見守りシステム「Aifloo Band」

スウェーデンの首都ストックホルムを拠点とするスタートアップ企業「Aifloo」は、2015年の創設以来、ウェアラブル型の高齢者遠隔見守りシステム「Aifloo Band」の開発に取り組んできた。 ・ウェアラブル端末で高齢...

【Interview】英語学習が続かない人必見!進化したAI英会話アプリ「SpeakBuddy」に迫る

英語が必要なビジネスパーソンにとって、語学スクールなどに通う費用がかかったり、まとまった学習時間も取りづらく、習得は大変だ。 そんな問題を一気に解決するのが、この「SpeakBuddy(スピークバディ)」。スマホに向かっ...

顔の表情や発話状況から感情を識別する世界初の感情認識AI「Affectiva」

音声認識技術の向上に伴い、会話型AIが目覚ましい発展を遂げている。例えば、話し相手の気分を損ねることなく会話を続けられるよう適宜アドバイスするAIも登場している。 ここで紹介する「Affectiva」は、MITメディアラ...

世界初の喋るエレベーター「KONE」は世界7ヶ国にて運用中

今や音声認識や自然言語処理の技術の融合により、本来会話能力を持たない無生物の対象物にコミュニケーション能力を持たせることで、人間との相互コミュニケーションが実現されつつある。 そんななか、コミュニケーション能力を備えた世...

スマホをワンタッチ操作で応答可能にするaPaaS「BrainShop」を無料公開中

近年、人間との相互コミュニケーションを実現する会話型AIの存在感が顕著になりつつある。 「BrainShop」と呼ばれる会話型AI技術を実装した携帯端末は、人間の言葉を理解し、人間によるワンタッチ操作で応答可能だ。 ・2...

【Interview】AIエンジニアの人手不足解消に!人工知能プログラミング特化型のオンライン家庭教師「Aidemy」第1期生の募集開始!

AIは近年、情報通信産業だけでなく、農業や漁業、製造業といった、さまざまな業界で活用が進んでいる。しかし、日本の人工知能エンジニアは日本全体でおよそ1,000人程しかおらず、2020年には約4万8,000人もの人手不足が...

会話行動を分析し、話し相手と良好な関係を築けるようアドバイスする会話型AI「Cogito」

アップルのSiriやマイクロソフトのCortanaなど、高度な音声機能を搭載したパーソナルアシスタントが続々登場している。 米国国防省の研究計画部門(DARPA)からの出資を受け開発された会話型AI「Cogito」は、会...

光のカラーで安眠効果も?スマホで操作できるスマートナイトライト「Zing」

夜間の部屋のイメージをがらりと変える!?「Zing」はスマホから調節可能なLEDナイトライト。AI搭載で人の動きに合わせ光を照らすなど、夜の生活をより便利にしてくれるライトだ。 ・睡眠の質を向上させるLEDナイトライト ...

人間の医師を凌駕! ほぼすべての心不全を正確に判定するAI診断ツールを米大学が開発

近年、AI診療技術は進歩の一途を辿っている。2045年には最も高度な技術が求められる外科医でさえも、AIに追い抜かれると予想されている。 そんななか、米国のスタンフォード大学では、高い確率で不整脈を検出可能な深層学習アル...

オリンピックに間に合う?AIがさらに進化したA.G.I.(汎用人工知能)の開発がスタート、話を聞いてみた

近年、大きな進歩を遂げているAI。米国ではIBMのAIの「Watson(ワトソン)」はクイズ王(人間)に勝ち、日本では将棋のAIが名人を破るなど、その活躍はめざましい。 こうした従来のAIとは異なる、A.G.I.(汎用人...

ついにAIがメンタリストの技術を習得!微細な表情の変化を捉えて心の中を読むAIが登場

嘘をつくときに表れる微細な動きや表情の変化を見分ける能力を持った「メンタリスト」と呼ばれる人たちがいるが、人間よりも精細に外界を捉えられる機械が、高い精度で人間の感情やこれからの行動を見抜くことは不可能ではないだろう。 ...

MIT研究者が絵文字を使ったツイート分析アルゴリズム!DeepMojiはテキストに含まれる感情を検出

SNS上の発言に含まれる感情を検出する技術は、ブランドや商品に対する顧客の態度の追跡や、金融市場の変動を予測する上で有用なことから、精度向上への期待が高まっている。また、SNS上の差別的発言を迅速に取り締まる手段として、...

AIが学生と教師の回答を比較し、フィードバックを送信! 大学ICT教育の推進に貢献

海外の有名大学の講義を無料で閲覧できるMOOCの登場をきっかけに、従来の大学教育が見直されつつある。 米国のノースウェスタン大学の知能系支援システム研究室が開発したスケッチ補助ソフトウェア、その名も「スケッチ・ワークシー...

人工知能がスピーチを自動評価!英語スピーチ用トレーニングアプリ「orai」

大勢の聴衆に向かってスピーチをすることに多少なりとも苦手意識を持つ人は、少なくない。 アメリカ国立精神衛生研究所 (NIMH)の調査結果では、米国人の74%が人前でのスピーチを苦手としていることがわかっている。 ・英語の...

1 13 14 15 16 17

WHAT'S NEW

最新情報