海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

AI

AI

MITの研究グループがAIの推論プロセスを可視化!画像認識の精度が向上へ

複数のレイヤーから構成されるニューラルネットワーク。その推論プロセスを追うことは不可能で、入力から出力までの間のブラックボックスをいかに可視化するかが課題となっている。 こうしたなか、MIT Lincoln Labora...

イギリスのノーフォーク警察、取り組むべき事案の選別にAIを活用

イギリス、ノーフォーク警察は、取り組むべき事案かどうかの判断にAIの活用を検討しているようだ。 ケンブリッジ大学との共同研究により、ノーフォークで発生した数千件の事件を分析して29のファクターを抽出。犯罪の解決可能性を導...

日常会話からうつ病を診断するAIをMITが開発

ツイートからうつ傾向を検出する手法や、質問への回答から精神疾患を特定する機械学習モデルはすでに存在するが、どちらも利用条件の制約が大きい。 このほどMITの研究者らが発表したのは、AIによって日常会話からうつ病を診断しよ...

Facebookの研究チームがAIの翻訳能力を大幅に向上!データが少なくても翻訳可能に

ここ数年で機械翻訳の精度が格段に上がったのは、翻訳技術にニューラルネットワークを用いたニューラル機械翻訳(NMT)エンジンが出てきたことからだ。 最近も精度が上がり続けているニューラル機械翻訳だが、弱点は希少言語の翻訳が...

人や乗り物が写真から消える!写真からモノを自動消去するAI「Deep Angel」をMITが公開

AIの画像/動画を編集する能力は格段に上がってきているが、これによる影響力も見逃せないものになってきた。動画に登場する人物の顔を有名人などにすげ替える「DeepFake」が世間を騒がせたことは記憶に新しい。 今回ご紹介す...

世界初、人工知能が制作した肖像画のオークションを今秋ニューヨークで実施

世界を代表するオークションハウス(競売会社)のクリスティーズ(Christie’s)は、2018年8月、世界で初めて、人工知能(AI)が制作した肖像画を競売にかけることを発表した。 オークションは、米ニューヨ...

AIによるパーソナルトレーニングを自宅で!スポーツサイエンスにもとづいてワークアウトを指導してくれる「Tonal」

ジムやアプリでのトレーニングが続かないという方やパーソナルトレーナーの当たりはずれが気になる方も多いだろう。 そんな方たちに朗報。近い将来には、自宅に居ながらにして、AIによる的確なパーソナルトレーニングが受けられるよう...

KDDIの「IoTクラウドAPI Market」と、人工知能「MUSE エンジン」開発のAKAがAPI連携を開始 自然な英語会話を実現し、海外展開などをサポート

近年目覚ましい技術進化を見せている人工知能。さまざまな業界での活用が期待されている技術だ。 アメリカに本社を置くAKAでは、ここ数年人工知能エンジンMUSEの開発に取り組んでおり、2015年に日本法人を設立。このたび、K...

グーグル系列のAI企業DeepMindが眼疾病を高精度で診断する人工知能を共同開発

グーグルの親会社の米アルファベット傘下でAI(人工知能)の研究開発に取り組む「DeepMind(ディープマンド)」は、2018年8月、英ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)、英ロンドンの眼科専門医療機関「ムーア...

トマトの実を自動で収穫する屋内農場向け自律型収穫ロボットが米国で開発中

米マサチューセッツ州で2018年1月に創設された「Root AI(ルート・エーアイ)」は、人工知能(AI)やロボット技術を応用し、屋内農場における農業生産性を最適化するためのソリューションを開発するスタートアップ企業だ。...

薬の飲み合わせに伴う副作用を自動予測する人工知能をスタンフォード大学が開発

米スタンフォード大学の研究プロジェクトは、2018年7月、人工知能(AI)を活用し、薬の飲み合わせによる副作用を予測する新たな手法を開発。 学術雑誌「Bioinformatics(バイオインフォマティクス)」において、そ...

Googleがスタートアップ向けにAI導入ナレッジを共有!マシーンラーニングの活用事例集「The Lever」

非専門家でもAIを活用できて、質の高い製品やサービスが開発できる時代。第一線で活躍するテック企業や資本力のある大手だけでなく、社会課題を解決していく意志とアイデアのあるスタートアップにもチャンスはある。 Googleのス...

IBM Watsonが危険なガン治療方針を提案!AIの相次ぐ失敗から信頼性にかげり

行政や法執行、企業経営などに関する重要な判断をAIに委ねるようになる日も近いとされるが、現時点でのAIは完璧とは程遠いようだ。 人間のバイアスをそのまま学習してしまうAIの弱点は以前より指摘されていたが、最近、Amazo...

AIが目の動きから性格を判定!世界で初めて南オーストラリア大学らが立証

非言語的な活動を読み解くのは、微細な動きの違いも捉えて分析できるAIの得意分野だ。これまでにも、表情から感情を判定したり、カメラ映像から犯罪を予測したりといった分析にAIが用いられてきた。 今回、南オーストラリア大学らの...

1 9 10 11 12 13 16

WHAT'S NEW

最新情報