海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

3Dプリント

3Dプリント


マクドナルドのポテトの揚げ油を3Dプリント用樹脂に変換成功

カナダのトロント大学の研究チームは、マクドナルドの使用済みの揚げ物から出る廃食用油を初めて、3Dプリント用の高解像度の生分解性樹脂に変換することに成功したことを発表した。 ・油の分子構造からヒント 使用済み油を3Dプリン...

NASAに採用された3Dプリントエコホーム、地球でも

2019年3月アメリカ航空宇宙局(NASA)が実施した火星の居住スペース建築コンペにて優秀作品に選出された、宇宙建築のスタートアップAI SpaceFactoryの「MARSHA」。 この度AI SpaceFactory...

汗をかいて温度調節するロボットの筋肉を3Dプリントで米大学が作成!

スマホや掃除機などの電化製品を使っているとき、本体が熱くなるのを感じたことはないだろうか。これは、バッテリーやモーター加熱によって起こる場合が多く、そのまま使用を続けると故障につながることもある。 ロボットも同様に、モー...

スマホを3Dスキャナーにする「Phiz」が4時間で目標調達額を達成!

3Dプリンタが一般ユーザーに普及していないのは、3Dモデルの作成がややこしいことが要因の1つだろう。現実のオブジェクトをスキャンして3Dモデル化できる3Dスキャナーは、扱いづらいうえに正確性の高いプロ仕様のものは価格も高...

3D Printing Corporation、1.3億円の資金調達を実施

B2B向け3Dプリント製造ソリューションを提供する株式会社3D Printing Corporationが総額約1.3億円、シリーズA資金調達を実施した。 3Gプリンティングの資金調達 同社は、金型などの従来の製造方法で...

MITが温度で複雑に変化する3Dプリントシートを開発、平らなメッシュシートが人の顔に!

MITの研究チームが、環境の温度変化に応じて複雑に変形する構造を開発した。同技術は、OrigamiRobotのようなものよりも複雑な構造に変化し、どのような形にするかは事前に設計することが可能だ。 将来的には、状況によっ...

MITが靴や車の色をカメレオンのように着せ替えできる技術!光でインクを再プログラム

カメレオンのように、色を手軽に着せ替えできたら、モノを新しく購入しなくても気分が変えられるだろう。MITのコンピューターサイエンスおよび人工知能研究所(CSAIL)の研究チームは、光で再プログラム可能なインクを使用してこ...

振動で動く世界最小サイズの3Dプリントロボットを米大学が開発

いま、さまざまなロボットの開発が進んでいる。今回、アメリカのジョージア工科大学が開発したのは、振動で動く世界最小サイズの3Dプリントロボットだ。 ・振動を利用して動く3Dプリントロボット ジョージア工科大学は、圧電アクチ...

レゴブロックを組むようにロボットを作る! MITの研究チームがロボット設計の新手法

生物は20種類のアミノ酸から構成されているといわれている。これと同じようにロボットを基本パーツから組み立ててしまおうというプロジェクトがある。 MITの教授、Neil Gershenfeld氏を中心とする研究チームは、「...

ロケットを3Dプリントしてロボットが組み立て!カリフォルニア州のスタートアップがNASAとリース契約

ロケットを3Dプリントすると、重量を大幅に減らせて製造プロセスを簡素化できる。 3Dプリントによる衛星打ち上げロケット、「Terran 1」を開発するのが、米カリフォルニア州に本拠を置く航空宇宙関連スタートアップ、Rel...

1 2 3

WHAT'S NEW

最新情報