海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

3Dプリント

3Dプリント


ジングルベルを演奏する3Dプリント製ロボティックアームをケンブリッジ大が開発

ロボットアームというと、やや大掛かりなモーターなどにつながって動くものが多い。 しかしケンブリッジ大学の研究チームが開発したものは、人間の手のように手首で動きをコントロールするというメカニカルなタイプ。なんと、ゆっくりな...

キノコと細菌、ナノ素材を組み合わせた「バイオニックキノコ」が発電につかわれる!

スティーブンス工科大学の研究者らは、細菌と菌類、電子ナノ素材を組み合わせてユニークな発電システムを開発した。 実際組み合わせたのは、藻の仲間として知られ光合成をおこなうシアノバクテリアと、炭素原子の薄型シートをリボン状に...

ファッションの未来が変わる!北欧から完全3Dプリントのリアルクローズブランド「Neo-Ex」が登場

ここ数年、ファッション業界に吹き荒れる3Dプリントブーム。シャネルやロエベといった有名メゾンも、競うように3Dプリントアイテムを発表している。 今やそのムーブメントは、コレクションラインを越えて、リアルクローズの域まで達...

リモートユーザーのスマホ操作を再現してディープな情報が得られる!オープンソースのロボマウントシステム「Remotion」

Webマーケティングに関するユーザー調査では、ページ遷移や滞在時間を見たり、アイトラッキングにより注目ポイントを見たりすることでユーザーの動きを可視化している。 ここで、画面上の情報だけでなく物理デバイスの動きまでわかれ...

火星に移住しても臓器移植に困らない!?宇宙でも使えるバイオ3Dプリンタ開発へ

3Dプリンタで生体組織を印刷するバイオプリンティング技術は急速に発展している。皮膚や臓器がプリントできれば、ドナーの不足する状況下でも移植手術が可能となり、医療への貢献は大きい。 今回ご紹介するのは、そんなバイオプリンテ...

SpaceXにより運ばれた通信衛星がインドネシアの辺境の島々にまで快適なネットを!

アメリカ東部標準時間(EDT)の8月7日深夜遅く、SpaceXにより「Falcon 9」が打ち上げられた。その際運ばれた通信衛星「Merah Putih」は、インドネシアの老朽化した通信衛星を置き換えようというものだ。 ...

革新的な一歩!アメリカの研究チームが3Dプリントによる音響メタマテリアルを開発

めざましく進化し続ける、3Dプリントマテリアルの分野。また一つ、注目すべき研究レポートが発表された。 今回その成果を報告したのは、USC Viterbi School of Engineering内の技術チーム。3Dプリ...

皮膚に直接電子回路を3Dプリントできる技術、米大学が開発

テクノロジーの発達で、ウェアラブルデバイスが次々に開発されている。皮膚にはりつけるモニター機能を持つ医療パッチなどもその部類に入るが、ミネソタ州立大学のアプローチはやや異なる。 できたデバイスを貼り付けるのではなく、皮膚...

3Dプリンター4台を6か月間使い完成させたメタルブリッジがオランダ市内に登場

雑貨や家具のみならず、最近は住宅までその汎用性を広げている3Dプリント。その威力は、公共の建築物にもおよんでいる。オランダでは、完全3Dプリントによるステンレス構造の橋が話題に。プロジェクト開始から、約3年の歳月をかけて...

ドイツの研究チームが3Dプリントによる精子ロボットを開発!子宮頸ガンの治療に活用

近年、進歩が目覚ましい3Dプリント技術は、ナノ生物学を推し進めるのにもおおいに寄与している。治療や検査を目的とするマイクロボット/ナノロボット、これらにも3Dプリントが用いられているのだ。 今回ご紹介するのは、ドイツの総...

1 2

WHAT'S NEW

最新情報