海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

3Dプリンティング

3Dプリンティング


廃プラスチックを再生し、3Dプリンターで製作した巨大ソファーがオランダで出現

蘭アムステルダムで2016年に創設された「Print Your City!(プリント・ユア・シティ)」は、廃プラスチックをリサイクルし、公共空間のための家具や設備を製作する、循環型モデルをベースとしたプロジェクトだ。 こ...

3Dプリンターで出力し、折り紙のように組み立てる、MIT発のロボット製作システム「Interactive Robogami」

米マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究チームは、日本の折り紙から着想を得、3Dプリンティング技術と平面からの組み立てを効果的に融合させることで、誰でも簡単に、短時間で、ロボットを製作できる画期的なシステムを開発した。...

仏ミシュラン、バイオ素材から3Dプリンターで出力する次世代タイヤを開発中

フランスの大手タイヤメーカーであるミシュランは、バイオ素材や生分解性素材を原料とし、3Dプリンティング技術によって製造できるホイール一体型タイヤ「VISION(ビジョン)」の研究開発に、2016年8月から取り組んでいる。...

元Apple社員設立の会社!約1万円でコンパクトな3Dプリンター「Obsidian」

3Dプリンターが一家に1台という時代が到来か?とにかく安くて、置き場所にも困らない3DプリンターがKickstarterに登場した。 それが、会社にとって2世代目となる3Dプリンター「Obsidian」だ。 ・元Appl...

MITが開発した自動建設システムがドーム型の建物をわずか13.5時間で建設

ロシアのエンジニアリング会社「Apis Cor」が専用3Dプリンターで家屋の建設に成功するなど、昨今、建設の分野において、3Dプリンティング技術の活用が広がっている。 しかしながら、従来の3Dプリンティングシステムは、資...

果物の鮮度を常時モニタリングできる、本物そっくりのフルーツ型センサーが誕生

東南アジアで栽培が盛んなバナナや、世界全体の約3割がブラジルで生産されているオレンジ、タイやメキシコが主要生産国であるマンゴーなど、遠方から私たち消費者に届けられている果物は少なくない。 一般に、これらの果物を輸送するコ...

ペットボトル120本から1キロ分の3Dプリンター用素材を再生するエコプロジェクト「Reflow」

アイルランドの市場調査会社「Research and Markets」では、3Dプリンターの市場規模が、世界全体で、2017年から2021年までに、年平均35.08%のペースで拡大すると予測している。 3Dプリンター市場...

ロシア企業が、家を丸ごと3Dプリンターで出力することに成功

中東の代表的な世界都市ドバイにおいて、2016年5月、3Dプリンティング技術により“出力”されたオフィスビルが世界で初めて完成。 イタリアでは、エンジニアリング会社のWASPが建設用3Dプリンター「BigDeltaWAS...

世界中どこでも水質検査が可能に!3Dプリンターで出力する安価な顕微鏡「OpenFlexure」

世界自然保護基金(WWF)によると、世界で24億人の人々が、十分な衛生状態でないため、コレラや腸チフスなどの水系感染症などのリスクにさらされている。 人々の生命や健康を保護するためにも飲用水の水質検査は不可欠だが、既存の...

公園のベンチも自由にプリント!公共空間づくりのためのオープンソースコミュニティ「Wikiblock」

公園や広場といったパブリックスペースに設置するベンチ、椅子、プランターなどを、住民たちの手で、もっと自由につくることができたらどうだろう。 米国の非営利団体「Better Block(ベター・ブロック)」は、2016年1...

1 2

WHAT'S NEW

最新情報