海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

食料廃棄

食料廃棄

エコで節約にも役に立つ!見切り品の値引き情報配信アプリ「Afgeprijsd」

欧米では、食料廃棄量の削減が地球規模の課題として広く認識されるにつれて、売れ残りメニューや見切り品を割引価格で販売したい事業者と一般消費者とをつなぐスマホアプリが、ますます多様に増えている。 とりわけ、オランダのスタート...

カメラとスマホアプリで冷蔵庫の中身をモニタリングするスマートガジェット「FridgeCam」

環境庁によると、日本の一般家庭から排出されている食料廃棄量は、2013年時点で、870万トン。 いわずもがな、環境負荷の軽減の観点からも、食料廃棄量の削減が望ましいが、家庭の冷蔵庫には、様々な食料が所狭しと詰まっているこ...

レストランの売れ残りメニューを割安で販売するアプリ「Food for All」がボストンで誕生

食料廃棄削減連合(FWRA)によると、米国の飲食店が排出した食料廃棄物のうち、寄付もしくはリサイクルされている割合はおよそ15.7%。 飲食店が余剰食料をチャリティなどに寄付する“フードバンク”の仕組みは、米国でも確立さ...

規格外の野菜や果物がお得な定期購入サービス「Tasty Misfits」、ロンドンで展開中

世界食料安全保障プログラム(GFS)のレポートによると、英国では、大きさや形、傷などの理由で、規格を満たさず、市場に流通しないまま、飼料となったり、そのまま廃棄される食料が、総生産量のおよそ4割にのぼる。 最近ようやく、...

ホテルの豪華ビュッフェに特化した余剰食料の割引情報サイト「BuffetGO」が登場

近年、英ロンドンの「Too Good To Go」や加トロントの「FlashFood」のように、売れ残ったメニューを割引価格で提供したい飲食店と一般消費者をつなぐオンラインプラットフォームが徐々に広がり、食料廃棄量の削減...

余剰食料の値引き販売とオンライン寄付を融合させた「Too Good To Go」がロンドンに進出

世界の食料廃棄量が、生産量全体の約3分の1にのぼり、近年、その削減がグローバル規模で喫緊の課題となっている。 このような環境のもと、米ニューヨークの「PareUp」、仏パリの「OptiMiam」、加トロントの「Flash...

高度なアルゴリズムで余剰食料の寄付をオンデマンド化するスマホアプリ「Copia」

小売店や飲食店などから余剰食料の寄付を受け、生活困窮者らに提供する“フードバンク”の取り組みは、世界各地に広がっているが、これを実現する上で課題となるのが、輸送手段の確保。 フードバンクの機能を担う非営利団体では、余剰食...

見切り品の特価情報をゲットできるスマホアプリ「OptiMiam」

フランスでは、大型スーパーを対象に、売れ残った食料の廃棄を禁止し、生活困窮者を支援する非営利団体やチャリティーへの寄付を義務づける法律が成立。 食料廃棄量を削減し、食料の有効活用を推進する、国家レベルの先進的な施策として...

日本でも始まってほしい…規格外の野菜や果物を割り引いて販売するサービスが世界各地で広がる

数多くの野菜・果物が、鮮度や栄養価、味は十分であるにもかかわらず、大きさ・色・形が規格に適合しないために、商品として一般に流通しないまま、廃棄されてきた。 国際連合食糧農業機関(FAO)によると、いわゆる規格外青果物の割...

1 2

WHAT'S NEW

最新情報