海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

食料廃棄物

食料廃棄物

余剰食料を必要な人たちに届けるオンラインプラットフォームの欧米での広がり

余剰食料を必要な人たちに届けるオンラインプラットフォームの欧米での広がり 米サンフランシスコの「Feeding Forward」、ニューヨーク大学(NYU)の卒業生が創設した「Transfernation」など、近年、ま...

食料廃棄物を削減しながらローカルビジネスを応援する、一石二鳥のアプリがロンドンで人気

地方で暮らす両親から届く新鮮な野菜・果物を、友人や仲間、近所の人たちで分け合うなど、“おすそわけ”は、日本にもなじみ深い習慣であり、シェアリングエコノミー(共有経済)の元祖ともいえる取引形態のひとつだ。 ・ロンドン発、お...

冷蔵庫の中身を記録すると自動でレシピを作成!食料廃棄物も減らすアプリ「Foodfully」

せっかく買った食材のことを忘れてしまい、そのまま廃棄せざるをえなくなった経験はないだろうか。 米国化学工業協会(American Chemistry Council)の調査結果によると、米国では、1年間で、世帯あたり64...

余剰食糧を「捨てる」から「譲る」へ。必要な人に食べ物を譲るプラットフォームが開発される

米ニューヨーク市で1年間に埋立処理される食料廃棄物は、約133万トン。そのうち50万トンは、レストランなどの飲食店から排出されている。 ニューヨーク市では、「埋立処理される廃棄物を2030年までに75%削減すること」を目...

食料廃棄削減に!消費期限が迫る商品の値引き情報をシェアするアプリがNYで人気

米国では、食料生産量の30〜40%に相当する食料が消費されないまま廃棄されているのが現状。 米農務省と環境保護庁は、2015年9月、米国政府として初めて「2030年までに米国内の食料廃棄量を50%削減する」という目標を掲...

食料廃棄の削減に!消費期限が迫る割引商品の情報をシェアするアプリ「Froodly」

スーパーマーケットや食料品店では、生鮮食品や乳製品など、消費期限が迫る商品を割引価格で販売するケースが少なくない。 そこで、クラウドソーシングを活用し、このような割引情報を消費者間で共有しあうためのアプリ「Froodly...

食糧の無駄を減らす!食材が余っている人と欲しい人を結ぶプラットフォーム「Feeding Forward」

米国では、1年間に生産量全体のおよそ30%にあたる1330億ポンドの食料が廃棄されている。一方で、4530万人もの人々が貧困に陥り、その多くが、食料を必要としている。 ・余剰食料に特化したマッチングプラットフォーム 「F...

食材のムダを可視化!レストラン向け食料廃棄物モニタリングツール「MintScraps」

国際連合食糧農業機関(FAO)の推計によると、1年間の食料廃棄量は、世界全体で食料生産量の約3分の1に相当する16億トン。 米国でも2010年時点で、食料供給量の31%が消費されないまま廃棄され、その損失額は、1616億...

1 2

WHAT'S NEW

最新情報