海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

食料廃棄物

食料廃棄物


エコで節約にも役に立つ!見切り品の値引き情報配信アプリ「Afgeprijsd」

欧米では、食料廃棄量の削減が地球規模の課題として広く認識されるにつれて、売れ残りメニューや見切り品を割引価格で販売したい事業者と一般消費者とをつなぐスマホアプリが、ますます多様に増えている。 とりわけ、オランダのスタート...

レストランの売れ残りメニューを割安で販売するアプリ「Food for All」がボストンで誕生

食料廃棄削減連合(FWRA)によると、米国の飲食店が排出した食料廃棄物のうち、寄付もしくはリサイクルされている割合はおよそ15.7%。 飲食店が余剰食料をチャリティなどに寄付する“フードバンク”の仕組みは、米国でも確立さ...

ホテルの豪華ビュッフェに特化した余剰食料の割引情報サイト「BuffetGO」が登場

近年、英ロンドンの「Too Good To Go」や加トロントの「FlashFood」のように、売れ残ったメニューを割引価格で提供したい飲食店と一般消費者をつなぐオンラインプラットフォームが徐々に広がり、食料廃棄量の削減...

オシャレ過ぎるコンポスト「BIOVESSEL」は臭いが少なくキッチンでも使用可能!

食料廃棄物の多くは、従来、埋立処分され、これによって、二酸化炭素の21倍もの温室効果を有するメタンガスが発生している。 そこで、微生物や細菌などの作用で食料廃棄物を発酵させ、堆肥に変えるコンポストが注目され、様々な装置や...

余剰食料の値引き販売とオンライン寄付を融合させた「Too Good To Go」がロンドンに進出

世界の食料廃棄量が、生産量全体の約3分の1にのぼり、近年、その削減がグローバル規模で喫緊の課題となっている。 このような環境のもと、米ニューヨークの「PareUp」、仏パリの「OptiMiam」、加トロントの「Flash...

消費期限が迫る値引き商品を安く購入し、スマホで決済できるアプリ「Flashfood」

カナダでは、2014年の一年間で、310億カナダドル(約2.46兆円)に相当する食料が廃棄された。 非営利団体「Second Harvest」のように、事業者から寄付された余剰食料を生活困窮者に提供する取り組みは広がりつ...

食料廃棄物専用の紙袋「Obeo」はニオイがこもらない特殊な作り

国際連合食糧農業機関(FAO)によると、食料生産量のうち約3分の1が廃棄されている。 欧州委員会の推計では、食料廃棄物の約42%が消費段階で発生しているとみられている。 アイルランド政府は、食料廃棄物の削減に向けて、20...

あらゆる余剰食料が約3割引きで調達できるB2Bマーケットプレイス「Cerplus」

農場で栽培された生産物の約4割がそのまま廃棄されている米国では、食料廃棄物の削減に向けて、国レベルでの具体的な数値目標を設定。 農務省と環境保護庁は、両省庁の提携により、2030年までに米国内の食料廃棄物を50%削減する...

見切り品の特価情報をゲットできるスマホアプリ「OptiMiam」

フランスでは、大型スーパーを対象に、売れ残った食料の廃棄を禁止し、生活困窮者を支援する非営利団体やチャリティーへの寄付を義務づける法律が成立。 食料廃棄量を削減し、食料の有効活用を推進する、国家レベルの先進的な施策として...

規格外の作物を直売で安く!青果物のB2Bマーケットプレイス「Souper Seconds」

国際連合食糧農業機関(FAO)によると、2011年時点で、食料生産量の2割が、いわゆる規格外青果物。米国の自然資源保護委員会では、米国内の農場で栽培されたものの、大きさ・色・形が規格に適合しないため、そのまま廃棄されてい...

1 2

WHAT'S NEW

最新情報