海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

食料廃棄

食料廃棄


食品ロスを33%削減!消費期限により価格変動させるAIソリューションが欧州で本格展開

イスラエルのスタートアップ企業「Wasteless(ウェイストレス)」は、2016年の創設以来、食品の消費期限をベースとするダイナミックプライシング(動的価格設定)を実装した食品小売業者向け在庫最適化ソリューションの開発...

ビル・ゲイツも応援!鮮度が2倍長持ちするアボカドが米コストコで販売開始

米カリフォルニア州で2012年に創設された「Apeel Sciences(アピール・サイエンシーズ)」は、青果物の劣化を遅らせる特殊素材「Apeel(アピール)」を開発するスタートアップ企業だ。 2018年6月には、会員...

ブロックチェーンを活用し余剰食料の寄付をサポートするソリューション「Goodr」

米アトランタで2017年に創設された「Goodr」は、スーパーマーケットや飲食店など、余剰食料を譲りたい事業者と生活困窮者を支援する非営利団体やチャリティーをつなぎ、生活困窮者らへの食料支援に活かす食料マネジメントソリュ...

商品の販売期限に応じて価格を自動変動させる在庫最適化ソリューション「Wasteless」

イスラエルのテルアビブで2016年に創設された「Wasteless(ウェイストレス)」は、ダイナミックプライシング(動的価格設定)のメカニズムを採用した、食品小売業者向けの次世代型在庫最適化ソリューションだ。 ・販売期限...

旬の魚介類を漁師から一括で買い付ける定期購入サービス「Fishbox」

スコットランドは、英国の漁獲量全体の6割以上を占める、漁業の盛んな地域。そして、スコットランドの漁港で水揚げされた新鮮な魚介類を地元の漁師から直接買い付け、英国の家庭に届けている定期購入サービスが「Fishbox(フィッ...

農作物の運搬を大幅に効率化するソーラ—保管庫付き電動三輪車「Fruiti-Cycle」

国際連合食糧農業機関(FAO)によると、他の食料に比べて劣化の早い青果物は、生産量の45%が消費されないまま廃棄されているのが現状。 とりわけ、物流インフラが十分に整備されていないアフリカ地域では、青果物の食料廃棄率がよ...

飢餓を救う!余剰食料の値引き販売プラットフォーム「Chowberry」

国際連合食糧農業機関(FAO)によると、サハラ砂漠以南のアフリカ地域では、およそ2億3,300万人もの人々が、飢餓や栄養失調に苦しんでいる。 そのうち、一日1.25ドル(約138円)未満で生活する人口の割合が54.4%に...

エコで節約にも役に立つ!見切り品の値引き情報配信アプリ「Afgeprijsd」

欧米では、食料廃棄量の削減が地球規模の課題として広く認識されるにつれて、売れ残りメニューや見切り品を割引価格で販売したい事業者と一般消費者とをつなぐスマホアプリが、ますます多様に増えている。 とりわけ、オランダのスタート...

カメラとスマホアプリで冷蔵庫の中身をモニタリングするスマートガジェット「FridgeCam」

環境庁によると、日本の一般家庭から排出されている食料廃棄量は、2013年時点で、870万トン。 いわずもがな、環境負荷の軽減の観点からも、食料廃棄量の削減が望ましいが、家庭の冷蔵庫には、様々な食料が所狭しと詰まっているこ...

レストランの売れ残りメニューを割安で販売するアプリ「Food for All」がボストンで誕生

食料廃棄削減連合(FWRA)によると、米国の飲食店が排出した食料廃棄物のうち、寄付もしくはリサイクルされている割合はおよそ15.7%。 飲食店が余剰食料をチャリティなどに寄付する“フードバンク”の仕組みは、米国でも確立さ...

1 2

WHAT'S NEW

最新情報