海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

食料廃棄

食料廃棄


食品ロスを削減!消費期限をベースとする価格変動システムを蘭スーパーが試験的に導入

オランダ最大級のスーパーマーケットチェーンAlbert Heijn(アルバート・ハイン)は、2019年5月、人工知能(AI)を活用した、食品の消費期限をベースとするダイナミックプライシング(動的価格設定)の実証実験に着手...

貼るだけで果物の鮮度を最長2週間保持できる画期的なステッカー「Stixfresh」

「Stixfresh(スティックスフレッシュ)」は、マレーシア出身の発明家Zhafri Zainudin氏らが開発したステッカー式の鮮度保持ソリューション。 青果物の鮮度を通常の2倍から4倍長く保持することで、食料廃棄物...

イケアが余剰食料販売アプリ「Too Good To Go」で売れ残りメニューを割引販売

大手家具量販店イケア(IKEA)は、2019年3月、余剰食料に特化したオンラインマーケットプレイス「Too Good To Go」と提携し、ベルギー国内全8店舗の併設レストランを対象に、売れ残ったフードメニューを割引販売...

鮮度が2倍長持ちするアボカド、2019年内に欧州でも販売開始へ

青果物の劣化を遅らせる特殊素材「Apeel(アピール)」を開発する米国のスタートアップ企業「Apeel Sciences(アピール・サイエンシーズ)」は、2019年2月、オランダの食品卸売業者「Nature’...

イケアの食品ロス削減を支える食料廃棄モニタリングソリューション「Winnow Solutions」

世界400店舗以上でレストランを併設する大手家具量販店イケア(IKEA)は、2020年度末までに食料廃棄量を50%削減することを目標に掲げ、食料の無駄の軽減に取り組んでいる。 そして、イケアの取り組みを支えているのが、英...

余剰食料の受け取りスポットとなるスマート冷蔵庫がスウェーデンで試験的に設置される

余剰食料を割引価格で売買できるスウェーデン発のオンラインプラットフォーム「Karma(カルマ)」は、2018年11月、商品の受け取りスポットとして、スウェーデンの大手家電メーカー「Electrolux(エレクトロラックス...

触れるだけで食品の鮮度が確認できる、新感覚の食品表示ラベル「Mimica Touch」

英ロンドンのスタートアップ企業「Mimica(ミミカ)」は、食品の劣化を検知する食品表示ラベル「Mimica Touch(ミミカ・タッチ)」を開発。 創業者でもある工業デザイナーのSolveiga Pakštaitėさん...

食品ロスを33%削減!消費期限により価格変動させるAIソリューションが欧州で本格展開

イスラエルのスタートアップ企業「Wasteless(ウェイストレス)」は、2016年の創設以来、食品の消費期限をベースとするダイナミックプライシング(動的価格設定)を実装した食品小売業者向け在庫最適化ソリューションの開発...

ビル・ゲイツも応援!鮮度が2倍長持ちするアボカドが米コストコで販売開始

米カリフォルニア州で2012年に創設された「Apeel Sciences(アピール・サイエンシーズ)」は、青果物の劣化を遅らせる特殊素材「Apeel(アピール)」を開発するスタートアップ企業だ。 2018年6月には、会員...

ブロックチェーンを活用し余剰食料の寄付をサポートするソリューション「Goodr」

米アトランタで2017年に創設された「Goodr」は、スーパーマーケットや飲食店など、余剰食料を譲りたい事業者と生活困窮者を支援する非営利団体やチャリティーをつなぎ、生活困窮者らへの食料支援に活かす食料マネジメントソリュ...

1 2

WHAT'S NEW

最新情報