海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE


Google出身者が開発!飲食店に特化した美食家のためのソーシャルメディア「Misk」

ポルトガルの首都リスボンでGoogle出身の起業家Madalena Rugeroni氏らが開発した「Misk」は、飲食店に特化したソーシャルメディアだ。 世界330都市以上を網羅し、世界各地の美食家たちをつなぐプラットフ...

スマホで撮影するだけで農作物の異常が診断できるスマホアプリ「Plantix」

独ハノーファーで2015年に創設されたスタートアップ企業「PEAT」は、画像認識により、植物の害虫や疫病、養分欠乏などを瞬時に診断するスマホアプリ「Plantix」を開発。 農作物をスマートフォンで撮影し、画像をアップロ...

旬の魚介類を漁師から一括で買い付ける定期購入サービス「Fishbox」

スコットランドは、英国の漁獲量全体の6割以上を占める、漁業の盛んな地域。そして、スコットランドの漁港で水揚げされた新鮮な魚介類を地元の漁師から直接買い付け、英国の家庭に届けている定期購入サービスが「Fishbox(フィッ...

料理の画像をもとに材料とレシピを予測する人工知能「Pic2Recipe!」をMITが開発

料理をワンショット撮影するだけで、材料はもとより、レシピまでわかってしまう。 そんな魔法のような人工知能が、米マサチューセッツ工科大学(MIT)で開発された。 ・料理の画像をもとにそのレシピを自動予測 MITコンピュータ...

激安スマートオーブンと食材宅配サービスを融合させた「Tovala」が誕生

スマートオーブンとは、“煮る““焼く”“蒸す”といった調理機能を備え、Wi-Fi機能によってスマホアプリとも連携できるスマート家電のひとつ。 米シカゴでは、スマートオーブンと食材宅配サービスを融合させた新しいフードサービ...

150種類のレア食材を一流レストランに供給するニューヨークの垂直型農場「Farm.One」

高層ビルなど限られたスペースで日光や土を使わずに農作物を栽培する垂直型農場が、近年、世界各地の都市部で広がってきた。 米ニューヨーク市マンハッタン地区でハーブや食用花などの栽培を手がける「Farm.One(ファーム・ドッ...

一流レストラン「noma」の知見がオープンソースに!北欧の旬の食材を検索できるスマホアプリ「VILD MAD」

仏ミシュランガイドで2つ星を獲得しているデンマークのレストラン「noma(ノーマ)」は、地元の旬の食材を生かした独創的な料理で、世界中の食通をうならせてきた。 「VILD MAD」は、そのオーナーシェフであるレネ・レゼピ...

魚の養殖と水耕栽培の融合!世界初のオープンソース型アクアポニックスシステム「Aquapioneers」

アクアポニックスとは、土を使わず水で植物を栽培する水耕栽培と、淡水魚の養殖を組み合わせた循環型農法。 魚を飼育する水槽と植物を水耕栽培するプランターを結合させることにより、魚の排泄物をバクテリアが分解し、植物がこれを有機...

環境先進国スウェーデン発、余剰食料の値引き販売アプリ「Karma」

北欧スウェーデンは、長年、環境対策に積極的に取り組み、国民の地球環境に対する関心や意識も高い、世界的な“環境先進国”のひとつ。 首都ストックホルムでは、毎月993トンの食料廃棄物が分別回収され、11万5,000立方メート...

農作物の運搬を大幅に効率化するソーラ—保管庫付き電動三輪車「Fruiti-Cycle」

国際連合食糧農業機関(FAO)によると、他の食料に比べて劣化の早い青果物は、生産量の45%が消費されないまま廃棄されているのが現状。 とりわけ、物流インフラが十分に整備されていないアフリカ地域では、青果物の食料廃棄率がよ...

1 2 3 4 5

WHAT'S NEW

最新情報