海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

農業

農業


果樹を「養子」に!?果樹栽培農家と消費者を直接つなぐオンラインプラットフォーム

レモンやマンダリンオレンジなどの産地としても知られるイタリア南部カラブリアで開設された「Biorfarm」は、イタリアの果樹園で生育されている木を“養子縁組”することによって、小規模な果樹栽培農家と消費者をつなぐオンライ...

大豆の異常を自動診断できる人工知能がアメリカで開発される

米アイオワ州立大学の研究チームは、経験豊富な科学者や育種家などの専門家と同様に大豆の異常を人工知能が診断する、新たなテクノロジーを開発。 その研究成果をまとめた論文が、2018年4月、学術誌「米国科学アカデミー紀要 (P...

農家と投資家を直接つなぐナイジェリア初のオンラインプラットフォーム「Farmcrowdy」

「Farmcrowdy(ファームクラウディ)」は、アフリカ西部のナイジェリアで初めて創設された、地方の農家と個人投資家をつなぐオンラインプラットフォーム。 農業生産性の向上や事業拡大のための資金を融通することで、農家をサ...

イチゴを傷つけずに自動で収穫できるロボットがベルギーで開発中

「Strawberry Picker(ストロベリー・ピッカー)」とは、ベルギーの研究開発企業「Octinion」が開発をすすめている、完全自動型イチゴ摘みロボット。 イチゴのように繊細で傷がつきやすい農作物の収穫作業を自...

スマホで撮影するだけで農作物の異常が診断できるスマホアプリ「Plantix」

独ハノーファーで2015年に創設されたスタートアップ企業「PEAT」は、画像認識により、植物の害虫や疫病、養分欠乏などを瞬時に診断するスマホアプリ「Plantix」を開発。 農作物をスマートフォンで撮影し、画像をアップロ...

魚の養殖と水耕栽培の融合!世界初のオープンソース型アクアポニックスシステム「Aquapioneers」

アクアポニックスとは、土を使わず水で植物を栽培する水耕栽培と、淡水魚の養殖を組み合わせた循環型農法。 魚を飼育する水槽と植物を水耕栽培するプランターを結合させることにより、魚の排泄物をバクテリアが分解し、植物がこれを有機...

【レポート】農業にテクノロジーをかけ合わせ、日本をもっと元気に!「AG/SUM(アグサム)アグリテック・サミット(日本経済新聞社主催)」

農業テクノロジーのサミット、 5月23日〜25日開催の「AG/SUM(アグサム)アグリテック・サミット(日本経済新聞社主催)」に行ってきました。 日本の食を支える「農業」。この産業はまだまだITの恩恵を受けられていない分...

農作物の運搬を大幅に効率化するソーラ—保管庫付き電動三輪車「Fruiti-Cycle」

国際連合食糧農業機関(FAO)によると、他の食料に比べて劣化の早い青果物は、生産量の45%が消費されないまま廃棄されているのが現状。 とりわけ、物流インフラが十分に整備されていないアフリカ地域では、青果物の食料廃棄率がよ...

米スタートアップ企業「Abundant Robotics」がリンゴの収穫用ロボットを開発中

国連食糧農業機関(FAO)によると米国は中国に次ぐ世界第二位のリンゴの生産国。 米国のリンゴ農家の数は7,500軒で、年平均84億リットルのリンゴを生産している。 リンゴの収穫作業は、葉や枝をかき分け、繊細な果実を傷つけ...

アフリカの農家と金融機関をつなぐ信用スコア生成サービス「FarmDrive」

イギリスの海外開発研究所(ODI)によると、サハラ砂漠より南のアフリカ地域では、農家全体の80%を占める約3,300万軒の小規模農家が、この地域の農作物のおよそ9割を生産している。 しかし、これら小規模農家が必要な資金を...

1 2

WHAT'S NEW

最新情報