海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

農業

農業


中干しと直播で水田からのメタン排出削減を目指すシンガポールのアグリテックRize

農地が国土の1%しかない都市国家シンガポールにも、農業分野のスタートアップが存在する。といってもシンガポール本国で農業をするわけではなく、周辺諸国の農家をサポートする企業だ。 Rizeは、データ駆動型の実践により持続可能...

インドネシアのスタートアップCROWDE社、融資型クラファン運営で農家を支援

インドネシアは農業が盛んな国だ。世界銀行によると、2022年時点で労働人口の29%が農業に従事しているという。世界平均の26%をよりわずかに上回る程度だが、それでも3分の1程度が農業に関わっている。 さらに、同国の農業省...

米ウォルマートが出資するアグリテック企業Ninjacart、インドの大手B2B生鮮食品サプライチェーンへ成長

新興国の農業は、その流通過程が複雑ということがよくある。 仲買人が乱立していることにも原因があるが、そもそも流通業者が買取価格の変動を見越して敢えて安い価格を生産者に提示したり、生産者自身が適正の買取価格を知らなかったり...

アグリテックBlueWhite、自律走行型トラクターで「人手のいらない農業」実現へ

「農業の人手不足」が世界で叫ばれている近年、その解決策として畑にロボットを投入しようという動きが活発になっている。 多くのロボティクス企業が農業市場へ参入する中、イスラエルのスタートアップであるBlueWhite(旧:B...

B級野菜も販売するフィリピンの農業流通スタートアップMayani、日系飲食チェーン店とも協力

農業と漁業は、人間が生きていくうえで欠かせない産業である。 しかし、現状は一次産業従事者の前に複雑過ぎる構造が横たわっている。特に、仲買人が何度も介入する流通過程はきわめて深刻な問題だ。これを打破することが、アジアの途上...

ドローンによる高解像度の画像とAI解析で、作物の生産性を向上。Aeroboticsの営農サポート

アフリカにおいて農業は国の経済の要ともいえる分野だ。日本財団によるとアフリカでは農業がGDPシェアの20%以上を占めている国が30か国にのぼり、人口の約6~7割は農村で小規模な農家を営みとしているという。ちなみに日本の農...

天候・土壌・害虫発生をモニタリングする「IoTanic」、インドネシアの農業をスマート化

世界ではアグリテック、すなわち農業の課題にテクノロジーで取り組む食料生産分野のスタートアップが次々と登場している。 その背景には、新興国の農業が依然として近代化から取り残されているという事情がある。ASEANの“雄”とも...

AIで農作物の需要予測、フィリピン農業サプライチェーンスタートアップKitaの大躍進

「農産物の産地直送」は、さまざまな効果をもたらす。まず、農産物の鮮度を極力保った状態で小売店または消費者に届けることができる。次に、産地の「見える化」を実現できる。転売が繰り返されるうちに産地があいまいになるということが...

ガーナの「中間業者問題」解決に取り組むサプライチェーン改良スタートアップAgrocenta

西アフリカは世界有数の農業地帯である。しかし、それは必ずしも現地の農家が“豊か”であることを意味しない。 日本でもよく知られているガーナ産カカオは、近年ではフェアトレード化が進行しているとはいえ「中間業者問題」を完全解決...

IT化で農家に持続可能な利益を。農業途上国のガーナを一変させたアグリテック企業Farmerline

2013年に設立されたFarmerlineは、ガーナを中心にアフリカの農家に先進的な農業関連サービスを提供するアグリテック企業。2023年の世界経済フォーラムで「テクノロジーのパイオニアとなるスタートアップ」のひとつに選...

1 2 3 4 5

WHAT'S NEW

最新情報