海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

空飛ぶクルマ

空飛ぶクルマ


テラドローンが80億円を調達! 安全・効率的なエアモビリティ社会へ向け技術開発を加速

ドローンや空飛ぶクルマといったエアモビリティ事業をグローバルに展開するテラドローン株式会社。エアモビリティにおけるハード・ソフト・サービスを開発・提供し、空の産業革命を推進してきました。 そしてこのたび、シリーズBラウン...

空飛ぶクルマのインフラプラットフォームを開発するエアモビリティ、日本特殊陶業から資金調達

空飛ぶクルマに関するプラットフォームを提供するエアモビリティ株式会社(以下、エアモビリティ社)は、日本特殊陶業株式会社(以下、日本特殊陶業社)から資金調達したことを発表しました。 これにより、同社は「空飛ぶクルマ」社会の...

ハードだけでは成立しない「空飛ぶクルマ」の実用化、安全な空の移動に欠かせないインフラとは

全世界で「空飛ぶクルマ(eVTOL)」の開発が加速し、自由な空の移動を気軽に楽しめる未来が現実味を帯びてきました。 一方、実際のサービスインを想定した場合、機体の本体はもちろん、安全な空の移動を支えるインフラ構築も欠かせ...

丸の内で“空飛ぶクルマ”のVR体験! 搭乗手続きや飛行中の疑似体験で社会受容性などを検証

近年、世界中で加速する「空飛ぶクルマ」実用化への動き。国内でも、2023年度の事業開始および2030年の本格普及を掲げたロードマップが示され、その動きは活発化しています。 国による制度整備や企業の技術開発など、いよいよ現...

【2021年振り返り #9】空飛ぶクルマ実用化に向けて。注目企業の今年の動きをまとめました

「空飛ぶクルマ」とは、正式名称を「電動垂直離着陸型無操縦者航空機(eVTOL)」といい、電動化・完全自律の自動操縦・垂直離着陸が大きな特徴。 その実用化は、都市部でのタクシーサービスや離島・山間部などの新たな移動手段、災...

“空飛ぶクルマ”用のナビシステム「AirNavi」、実用化に向けてまずはドローンで実証実験

エアモビリティ株式会社は、日本初となる“空飛ぶクルマ”のナビゲーションシステム「AirNavi」を開発中。 2021年9月には、このナビを空飛ぶクルマに実装する前段階となる「『空飛ぶクルマ』のナビゲーションシステム『Ai...

SkyDrive「空飛ぶクルマ」2025年の事業化に向け前進、国交省が型式証明申請を受理

「空飛ぶクルマ」を開発する株式会社SkyDriveは、2021年10月29日に「空飛ぶクルマ」の型式証明申請が国土交通省に受理され、型式証明活動を開始したことを発表しました。なお、型式証明の審査対象は、2025年に事業化...

JAL、大阪にて「空飛ぶクルマ」実現に向けた環境調査・社会受容性の検証を実施

大阪府は、2025年大阪・関西万博をひとつのマイルストーンとして、大阪での「空飛ぶクルマ」実現に向けた取り組みを推進中。そのなかで、「空飛ぶクルマ」実現に意欲のある企業・団体からなる「空の移動革命社会実装大阪ラウンドテー...

エアモビリティ社、米国Bartini社の「空飛ぶクルマ」の独占販売契約に合意

「空飛ぶクルマ」のプラットフォーム事業を手がけるエアモビリティ株式会社は、米国の「空飛ぶクルマ」メーカーであるBartini(バルティーニ)社と独占販売契約に基本合意しました。 安全性と静音性を保ちながら時速300kmで...

「空飛ぶクルマ」実現に向け、SkyDriveと大阪府・大阪市が連携協定を締結

近年、開発が進む「空飛ぶクルマ(eVTOL)」は、都市部でのタクシーサービス、離島や山間部の新たな移動手段、災害時の救急搬送などにつながるものとして期待されています。日本では、2023年頃の事業開始、2030年の本格普及...

1 2

WHAT'S NEW

最新情報