海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

画像認識

画像認識


KDDIの技術を活用!麻雀の点数計算を瞬時に行うアプリを開発

日本でも大人を中心に根強く人気がある麻雀。論理的思考や心理戦という側面や、指先を使うことから、認知症予防の効果も期待されているという。 2017年には“国際マインドスポーツ(高い思考能力を用いて競われるゲームをスポーツと...

動きを認識して家電をOn/OffしてくれるAIカメラ「Piccolo」!

スマートスピーカーが生活に馴染むと、スマホの画面を触ってニュースを再生したり、手動でルームライトをOn/Offしたりといった操作について、いかに面倒なことをしていたかに気づかされる。IoT社会の到来で操作端末やリモコンは...

GoogleのAIカメラDIYキットはRaspberry Piを活用、5000円の自分専用機械学習機!

Googleはベストショットを自動で撮り溜めてくれるAIカメラ「Clips」を10月に発表しところたが、撮影タイミングをすべてAIに任せることに物足りなさを感じた方もいるだろう。そんな方たちが待ち望んでいた、認識対象を独...

スマホで撮影するだけで農作物の異常が診断できるスマホアプリ「Plantix」

独ハノーファーで2015年に創設されたスタートアップ企業「PEAT」は、画像認識により、植物の害虫や疫病、養分欠乏などを瞬時に診断するスマホアプリ「Plantix」を開発。 農作物をスマートフォンで撮影し、画像をアップロ...

食のヘルシー度をユーザー間で楽しく競い合う画像共有サービス「KaleKam」

株式会社リクルートライフスタイルが2016年5月に発表したアンケート結果では、対象者のうちの27.7%が「過去1年以内に食べ物や外食の様子を画像で投稿した経験がある」と回答。 また、画像共有サービス「Instagram」...

絵画版Shazam!間もなくリリースのアプリ「Smartify」は画像認識技術で絵画を解説してくれる

美術館やギャラリーで絵画を眺めるのが好き、という人にうってつけのアプリが5月にもリリースされる。 現在、アムステルダム国立美術館(オランダ)やウォレス・コレクション(イギリス)などと連携して準備を進めている「Smarti...

スマホカメラにかざすだけでモノの名前を音声で教えてくれるスマホアプリ「Aipoly Vision」

世界保健機構(WHO)によると、視覚障がい者の数は、世界で推計2億8,500万人。 スマホのビデオ通話機能により健常者が視覚障がい者の“目”となって支える「Be My Eyes」など、スマートフォンの機能を活用した視覚障...

800万点のアート作品を瞬時に検索!芸術作品版Shazamアプリ「Magnus」

周囲で流れている音楽を認識し、曲名を表示する「Shazam」や、気になる植物を撮影して品種を検索する「PlanetNet」など、音声認識技術や画像認識技術を活用した情報検索ツールが、様々な分野に広がっている。 ・800万...

スマホで撮影した植物が瞬時にわかる画像検索アプリ「PlanetNet」

スマートフォンなどを通じて聴き取らせると、周囲で流れている音楽を認識し、曲名を表示する「Shazam」は、「これ、何の曲?」という疑問に瞬時に答える楽曲検索アプリとして、音楽ファンから絶大な支持を集めてきた。 “植物版S...

被写体を切り取り、別の写真や動画に貼り付けできる画像アプリ「StackMotion」

写真や動画などを編集するアプリはすでにたくさんあるが、このほど登場した「StackMotion」は写真の被写体を切り取って、別の写真や動画、スライドショーに重ね合わせることができるというものだ。アイデア次第でかなりユニー...

1

WHAT'S NEW

最新情報