海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

機械学習

機械学習

MIT研究者が絵文字を使ったツイート分析アルゴリズム!DeepMojiはテキストに含まれる感情を検出

SNS上の発言に含まれる感情を検出する技術は、ブランドや商品に対する顧客の態度の追跡や、金融市場の変動を予測する上で有用なことから、精度向上への期待が高まっている。また、SNS上の差別的発言を迅速に取り締まる手段として、...

EU初! 人間に最も近い擬人ロボットがスイスの大学に登場

近年、人間を模したヒューマノイドロボットの開発が世界中の大学や研究機関で行われている。 そんななか、スイスのチューリヒ大学では現在、民間企業の協力を得て、ヒューマノイドロボット「Roboy Junior(ロボーイ・ジュニ...

写真に合うキャプションやステッカーが自動で!マイクロソフト、iOSカメラアプリ「Sprinkles」をリリース

スマホで撮った写真を編集できるアプリはたくさん展開されている。最近人気なのは、写真にステッカーや絵文字などを飾って遊べるタイプだろう。 今回紹介するのは、最新テクノロジーを駆使したマイクロソフトの「Sprinkles」。...

スマホカメラにかざすだけでモノの名前を音声で教えてくれるスマホアプリ「Aipoly Vision」

世界保健機構(WHO)によると、視覚障がい者の数は、世界で推計2億8,500万人。 スマホのビデオ通話機能により健常者が視覚障がい者の“目”となって支える「Be My Eyes」など、スマートフォンの機能を活用した視覚障...

Googleの機械学習システムは専門医よりも上!糖尿病による網膜症の兆候を機械学習できるシステムを開発

糖尿病の合併症として、失明につながる恐れのある糖尿病網膜症を写真から早期に診断できるようになるかもしれない。 Googleがこのほど、機械学習とコンピュータービジョンの技術を駆使したディープラーニングを使って、糖尿病網膜...

貧富の差が一目瞭然!人工知能でアフリカの貧困状況を正確に予測するマップを米スタンフォード大が開発

近年、世界中のあらゆる地域の位置情報へのアクセスが可能となったものの、アフリカを含む地域ではいまだ開発途上の状況にある。そんななか、米国のスタンフォード大学の研究者らによって、アフリカの貧困エリアの位置情報をより正確に入...

マニアック!インドのタミル語に対応した、初のテキスト音声変換アプリ「Hear2Read」がリリース

世界第二位の人口を擁し、インダス文明からの長い歴史を持つインドは、800種類以上の言語が存在する多言語国家。 ヒンディー語が公用語に定められているものの、各地では、その地方の言語が日常的に使われている。 ・インドの言語に...

タイピングやペン回しもできる5本指ロボットを米大学が開発!NASAやEUの研究プロジェクトも使用

人間型ロボットが開発されている今、人間を模倣した5本指ロボットというのは決して珍しい存在ではない。今回、米国のワシントン大学の移動制御研究室に登場したのは、今話題の機械学習で動く5本指ロボットだ。 ・NASAやEUの研究...

1 3 4 5 6 7

WHAT'S NEW

最新情報