海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

機械学習

機械学習


ハーバード大が最適化アルゴリズムを指数関数的に高速化!タクシーの配送計画を6倍速で生成

セールスマンが複数の都市を1回だけ巡回する際の最短経路を計算する「巡回サラリーマン問題」では、一つひとつの都市について最適経路を求めるため、都市の数が増すほど、計算コストが膨大になっていく。 同じように、最適化問題を解決...

MITが医用画像の分析速度を1000倍にするアルゴリズム!診断画像のなめらかな位置合わせを一瞬で

MRI検査で得られる画像など、医用画像を重ね合わせて詳細に比較・分析する技術が、コンピュータ支援診断に活かされている。 例えば、脳腫瘍がある患者では、数カ月前の脳の画像を直近のものと重ね合わせて、腫瘍の小さな変化を分析す...

商品の販売期限に応じて価格を自動変動させる在庫最適化ソリューション「Wasteless」

イスラエルのテルアビブで2016年に創設された「Wasteless(ウェイストレス)」は、ダイナミックプライシング(動的価格設定)のメカニズムを採用した、食品小売業者向けの次世代型在庫最適化ソリューションだ。 ・販売期限...

人工知能を活用し、乳幼児が泣いている理由を泣き声から推測するスマホアプリ

米カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)デイヴィッド・ゲフィン医科大学院のアリアナ・アンダーソン准教授を中心とする研究チームは、2018年5月、人工知能(AI)を活用し、乳幼児の泣き声からその原因を推測できるスマホ...

ラーメン二郎の写真、どこの店舗のものかを機械学習が見極め!

ラーメン屋にはそれぞれ特徴がある。味はもちろん、盛り付けなども異なるもの。 ただ、チェーンやのれん分けされたお店の場合、基本的には同じものであることが多い。とはいえ、店舗によってどうしても多少の差は出てくる。その違いを画...

生物の構造をヒントにロボットを作る「Festo」、新作は巨大コウモリと転がるクモ!

これまでもカンガルーやアリといった生物を模したロボットをいくつも開発してきたFestoが、新たに2つの生物工学ロボットを発表した。1つはコウモリ型ロボットの「フライングフォックス」で、もう1つはクモ型ロボットの「ホイール...

アーティストもAIと音楽制作する時代!Googleがラズベリーパイで作れるシンセサイザーを公開

機械学習により芸術作品や音楽を作り出すための実験的なGoogleのプロジェクト、「Magenta」がRaspberry Piを活用できるシンセサイザーをリリースした。 「NSynth Super」は、タッチパッドを使って...

カメラを向けて情報収集できる「Google Lens」、iOSでも使えるように

花にスマホのカメラを向ける。すると花の名称を教えてくれる。コンサートの案内をカメラに写す。すると、コンサートチケット販売サイトなどを案内してくれる。 そんな使い方ができる情報検索アプリ「Google Lens」はAndr...

約90億7000万円相当の食料廃棄量を削減!野菜や果物の鮮度を自動測定できるシステム「Eden」

世界最大級のスーパーマーケットチェーンであるウォルマート(Walmart)は、2018年3月1日、機械学習などの最新テクノロジーを活用し、生鮮食品の鮮度を測定できる独自システム「Eden(エデン)」を開発したことを明らか...

人や動物の“いい表情”だけを撮るGoogleのAI搭載小型カメラ「clips」発売

Googleが、人工知能や機械学習をフル活用した設置型の小型カメラ「Google clips」を発表したのは昨年10月のこと。それから約4カ月、満を持しての発売となった。 グーグルストアの他、米国ではBest BuyやV...

1 2 3

WHAT'S NEW

最新情報