海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

新型コロナウイルス

新型コロナウイルス


南カリフォルニア大、AIでワクチンの設計サイクルをスピードアップ!

当初の予測よりも大幅に速められたワクチンの開発。それでも設計期間には1年近くを要している。今後出てくるであろう新たな変異株に対処するためにも、ワクチン設計のサイクルを速める必要があるだろう。 こうしたなか南カリフォルニア...

ファンの「数」から「エンゲージメント」を重視する時代へ。THECOO平良氏が考えるウィズコロナの音楽ビジネス

新型コロナウィルスの影響によって、未曾有の打撃を受けることになった音楽業界。ライブやフェスといったイベントが相次いで中止となり、音楽活動をするアーティストたちは苦境に立たされている。 そんな危機にいち早く解決策を打ち出し...

MITが80万件のソーシャルメディア投稿をAIで分析! メンタルヘルスの低下を検出する

MITとハーバード大学による研究チームは、オンライン上の言語表現を分析することで、メンタルヘルスの低下が特定できることを発見した。 2020年1~4月にかけての、統合失調症やうつ病といった、精神疾患に関連するReddit...

カルテックのグラフェン製センサーはコロナから痛風までを検出する!

無症状の新コロナ感染者を発見する技術の開発が世界で進められている。これには、家庭で検査できて精度が高いキットが有用と考えられるが、カリフォルニア工科大学(カルテック)の研究者によるセンサーは、候補のひとつとなるだろう。 ...

COVID-19肺炎、CT画像からAI解析する手法開発

国立情報学研究所は、名古屋大学、順天堂大学、日本医学放射線学会などと共同で、新型コロナウイルス肺炎のCT画像をAI解析するためのプラットフォームを開発した。 AIを用いて胸部CT画像から判定 このプラットフォームは、人工...

ジョンズ・ホプキンズ大、市販のグルコースモニターをコロナの抗体検査に活用!

アフターコロナの社会では、抗体の有無を素早くチェックできる仕組みの浸透が望まれる。抗体の有効期間や有効性の個人差など、いまのところ不確定な要素が多いものの、今後解明が進められるにつれて、活動制限のあり方が確実に変わってく...

スタンフォード大が発表の新数理モデル! マスク着用への感情も加味する

感染症拡大の傾向を見る数理モデルでは、人口動態や移動率、過去のインフルエンザ発生率などのデータが用いられる。ただ、現実的には感染が拡がるかどうかに、信念に基づいた大衆の行動パターンが関わっていると考えられる。 このほどス...

ルイジアナ州立大、スポーツ選手をコロナから守る空気循環式ヘルメットを開発!

密着や荒い呼気が発生するスポーツでは、新型コロナの集団感染が懸念される。こうしたなか、ルイジアナ州立大学の研究チームが、スポーツ選手の安全を守るべく空気循環式ヘルメットを開発した。 同ヘルメットはモジュラー式の空気循環器...

カーネギーメロン大が3Dプリントを利用したN95マスク! お湯でほぐせば顔にフィット

新型コロナによるN95マスク不足をアイデアと技術で解消すべく、3Dプリンティング促進団体のAmerica Makesは、「Fit to Face Challenge」というコンペを開催した。 カーネギーメロン大学の研究者...

ジョンズ・ホプキンズ大、人工呼吸器をロボットでリモート操作できるシステムを開発

新型コロナの重症患者が増すにしたがって、人員や個人用防護具などの医療資源がひっ迫する。実際に医療危機を目の当たりにしたジョンズ・ホプキンズ大学の研究者らが、医療資源ひっ迫を緩和するためのシステムを開発した。 同システムは...

1 2 3 4 5 17

WHAT'S NEW

最新情報