海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

屋内農場

屋内農場


ロボットが野菜を収穫!シリコンバレー郊外で世界初の自律型屋内農場が誕生

シリコンバレー郊外のカリフォルニア州サン・カルロスで2015年に創設されたスタートアップ企業「Iron Ox(アイロン・オックス)」は、2018年10月、植物科学と人工知能、ロボット工学を融合させた世界初の自律型屋内農場...

トマトの実を自動で収穫する屋内農場向け自律型収穫ロボットが米国で開発中

米マサチューセッツ州で2018年1月に創設された「Root AI(ルート・エーアイ)」は、人工知能(AI)やロボット技術を応用し、屋内農場における農業生産性を最適化するためのソリューションを開発するスタートアップ企業だ。...

季節を問わずイチゴの地産地消を実現する屋内農場ソリューションがパリに登場

仏パリで2015年に創設された「Agricool(アグリクール)」は、貨物コンテナをリユースし、イチゴを一年中栽培できるモジュール型屋内農場ソリューション「Cooltainer(クールテイナー)」を都市部で展開するスター...

スーパーや飲食店で農作物を栽培する、B2B型屋内農業ソリューション「Infarm」

ドイツの首都ベルリンで2013年に創設された「Infarm(インファーム)」は、スーパーや飲食店、ホテルなどに向けたB2B型屋内農場ソリューション。 独スーパーマーケットチェーン「METRO」や「EDEKA」らと提携し、...

スウェーデンの首都ストックホルムで高層ビルの地下に屋内農場「CityFarm」を建設中

北欧スウェーデンで2008年から都市型農業の研究開発に取り組む「Plantagon(プランタゴン)」は、首都ストックホルムの高層オフィスビル「DN-Skrapan」の地下空間を活用し、「CityFarm(シティ・ファーム...

ソーラー発電を活用した、世界初のエネルギー自給自足型の屋内農場「Metropolis Farms」

必要な電力をソーラー発電によってまかなう“エネルギー自給率100%”の屋内農場が、世界で初めて、米フィラデルフィア市で創設された。 再生可能エネルギーを活用した都市型農業の新たなソリューションとして、話題となっている。 ...

1

WHAT'S NEW

最新情報