海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

大気汚染

大気汚染


樹木275本分の大気浄化作用を備えたコケの壁「CityTree」で街の空気をキレイに

世界保健機関(WHO)によると、世界人口の92%がWHOの基準値を超えて汚染された大気の中で生活しているとみられている。 このように大気汚染が地球規模で取り組むべき深刻な課題となるなか、コケ植物の大気浄化作用とIoT(モ...

世界初、大気汚染物質から再生された画期的なインク「Air Ink」

ガソリンや軽油などの燃料が燃焼したり、化学反応を起こすことで生じる排気ガスは、二酸化炭素をはじめ、粒子状物質(PM)や窒素酸化物など、大気汚染物質を含んでいる。 いわずもがな、大気汚染物質の排出量を可能な限り減らすことが...

街の健康状態を可視化するセンサー装置「Array of Things」が、米シカゴで展開中

リストバンドなどの形態で販売されている「Fitbit」シリーズは、心拍数や歩数、移動距離、消費カロリー、睡眠状態など、ユーザーの健康状態を自動的に記録するウェアラブル端末。 健康状態を可視化することで、生活習慣の改善につ...

空気がきれいなら無料の公衆WiFi!鳥の巣型の大気汚染モニタリングデバイス「TreeWifi」

従来、大気の汚染状態を把握する手段は限られていたが、近年、センサー技術や無線通信技術の進化に伴い、より多くの地点で大気の状態をモニタリングしたり、計測データでこれを可視化するための環境が整ってきた。 オランダの首都アムス...

スマホアプリと測定ツールで大気を可視化する、個人ユーザー向けのモニタリングツール「CleanSpace」

大気は、目にみえないため、その汚染状態を把握するには、専用の測定器などが必要。 従来は、限られた地点に公的機関が測定器を設置し、大気の状態をモニタリングするのが一般的であったが、近年、個人ユーザー向けの大気環境測定器が少...

PM2.5の飛散状況もわかる!?オンライン世界地図が誕生

大気汚染は、地球環境に悪影響を及ぼすのはもちろん、私たちの健康をも脅かすもの。 世界保健機関(WHO)によると、2012年に大気汚染が原因で亡くなった人は、世界全体で700万人にのぼるという。 ・世界の大気汚染の状況を“...

ウェアラブル端末で地域の大気汚染を可視化!カナダの取り組みに注目

私たちの周りを取り巻く大気は、目にみえないもの。 それゆえ、大気中にどのような物質がどれほど含まれ、私たちの日常生活をどのくらい脅かしているのかを知る手段は、限られているのが現状だ。 ・住民が地元の大気汚染状況を計測 カ...

身の回りの空気清浄度を教えてくれるウェアラブルガジェット「TZOA」

都市部を中心に大気汚染が問題化して久しいが、できるだけきれいな空気を吸いたいというのは皆に共通する思いだろう。 だが、空気というのは目に見えない。においがある場合はともかく、自分がいま吸っている空気がどれだけ汚染されてい...

1

WHAT'S NEW

最新情報