海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

医療

医療

医療分野にも応用可能!ジップロックのような合成パックを米シカゴ大学が開発

米シカゴ大学の研究チームは、2018年5月、ファスナー付きプラスチックバッグのジップロック(Ziploc)のように、再密封可能な合成パックの開発に成功したことを明らかにした。 とりわけ、医療分野において、医薬品を充填する...

傷口に当てて「皮膚」を出力するポータブルバイオ3Dプリンターが開発される

カナダ・トロント大学の研究プロジェクトは、2018年5月、皮膚組織の層を“出力”し、深い傷を保護して治療するポータブルな3Dバイオプリンターを、世界で初めて開発した。 患部に当てて、バイオインクを“出力”すると、その場で...

開頭手術を高精度でサポートする手術支援ロボットがオランダで開発される

蘭アイントホーフェン工科大学(TU/e)の研究プロジェクトは、2018年4月、開頭手術をサポートする手術支援ロボット「RoBoSculpt」を開発した。 長時間にわたって高い精度と集中力を持続させながら開頭手術にあたる外...

英バーミンガム大学が低コストで効果的な色覚補正コンタクトレンズを開発

英バーミンガム大学の研究プロジェクトは、人体に無害で低コストな色覚補正のためのコンタクトレンズを開発した。 その研究成果をまとめた論文が、2018年4月、学術雑誌「Advanced Healthcare Material...

スマートフォンを活用して12種類の感染症を診断する新たな手法が発明される

米ワシントン州立大学とペンシルバニア大学の共同研究チームは、2018年4月、スマートフォンを使って臨床検査機関と同等レベルでウイルス感染や細菌感染を検査する新たな手法を発明。 その研究論文を専門雑誌「Clinica Ch...

患者を医療機関に送迎するオンデマンド型の配車サービス「RoundTrip」

米フィラデルフィアで2016年に創設された「RoundTrip(ラウンド・トリップ)」は、患者を医療機関に送迎するオンデマンド型配車サービスだ。 現在、ペンシルバニア州、ニューヨーク州、ニュージャージー州など、アメリカ北...

AIとアタッチメントレンズによりスマホ画像を顕微鏡レベルに変換することに成功

米カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の研究プロジェクトは、2018年4月、人工知能(AI)の手法のひとつであるディープラーニング(深層学習)を活用し、スマートフォンのカメラ機能で撮影した画像を、高性能な顕微鏡で...

記憶力が35%改善!脳から記憶を取り出して再合成する技術

記憶の仕組みは意外にシンプルで、ニューロンを介して情報が電気信号に乗せられ、脳に記憶が刻まれる。この仕組みの研究が進めば、脳の通信システムは人工的な電気刺激によりハッキング可能だという。 実際、南カリフォルニア大学は以前...

ヒトの器官を模した人工組織をつなぐマイクロ流体プラットフォームをMITが開発

米マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究プロジェクトは、2018年3月、最大10器官の組織をつなぐマイクロ流体プラットフォーム「Body on a chip」の開発に成功した。 開発初期の新薬の有効性と安全性を調べる、...

患者を送迎させる医療機関に向けたB2B型配車サービス「Uber Health」がリリース

代表的なオンデマンド型配車サービスのUber(ウーバー)は、2018年3月1日、患者を安心かつ快適に送迎できる、医療機関に向けたB2B型配車サービス「Uber Health(ウーバー・ヘルス)」を米国で正式にリリースした...

ブロックチェーンを活用した処方箋管理ソリューション「ScalaMed」

「ScalaMed(スケーラメッド)」は、ブロックチェーンを活用したセキュアでポータブルな次世代型処方箋管理ソリューションだ。 医師で起業家のTal Rapke(タル・ラプケ)氏を中心に、豪シドニーで開発がすすめられてい...

救命現場で働く人に! 高品質な心肺蘇生法を学習できるアプリ「Little Anne」

呼吸や心臓が停止している救急患者に対して行う心肺蘇生法。別名CPR(cardiopulmonary resuscitation)と呼ばれ、緊急時や救命の場で、大いに活用されている。 このCPRの質をさらに高めた手法が、Q...

血液サンプルを運ぶ自律型ドローンがスイスの空を飛び回る

スイス政府は2017年3月、人口密度の高い都市を対象とした無人物流ネットワークの運営企業に米Matternetを認定した。同社の血液サンプル・医療情報収集システム「Matternetステーション」が、患者のケアの質向上や...

ワイヤレスで歩行速度と歩幅を正確に計測できる「WiGait」をMITが開発

近年、高齢者の日常生活を見守る「Lively」や、赤ちゃんの眠りの質や動きを感知する「Nanit」のように、センサー技術を活用したモニタリングソリューションが多様に増えてきた。 そのような中、マサチューセッツ工科大学(M...

1 2 3 4

WHAT'S NEW

最新情報