海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

再生可能エネルギー

再生可能エネルギー


廃水処理した水と海水を混ぜてエネルギーを生み出す手法を米スタンフォード大学が開発

米スタンフォード大学の研究チームは、2019年7月29日、廃水処理された水と海水を混合することによってエネルギーを生み出すための新たな手法を開発。 一連の研究成果は、アメリカ化学会(ACS)のオープンアクセス論文誌「AC...

ベル研究所らが作り出したバッテリーは電気の利用効率を高める!地球にもやさしい新技術

Nokiaのベル研究所やAMBERの研究者からなるチームは、密度あたりの充電量を上げ、バッテリー寿命を2.5倍以上にする技術を開発した。通常、バッテリー容量は年に3~5%ほどしか増加してきていないとのことで、同技術がどれ...

大気中の二酸化炭素からジェット燃料を生成する実証実験にオランダの空港が着手

蘭ロッテルダム空港は、2019年5月、大気中から二酸化炭素を集め、航空用ジェットエンジンに使用する燃料に変換させる実証実験に着手した。 空港内に専門施設が建設される計画で、これが実現すれば、世界で初めての事例となる。 ・...

EV充電ステーションのEVgo、供給電力に100%再生エネを活用へ

米国の大手EV充電ステーションネットワークのEVgoは、展開する急速充電ステーションで使用する電力を100%再生可能エネルギーで賄うと発表した。 充電ステーションを展開する企業は近年増えているが、こうした取り組みは全米初...

サンフランシスコ、商業ビルに再生可能エネルギー導入を義務化へ

米国サンフランシスコ市は多くのテック企業を抱え世界をリードしている都市だが、環境面でも他に先駆けた政策を導入する。 大気汚染や地球温暖化の原因となっている二酸化炭素の排出を抑制するため、商業ビルに100%再生可能エネルギ...

Googleが水上設置型のソーラー発電でアジアに参入!

8年前Googleは、ニューヨークからバージニアにかけての大西洋に、風力発電システムを建設することを明らかにした。この巨大な水上プロジェクトの進捗は芳しくないようだが、今度は台湾で水上設置型のソーラー発電システムを建設。...

ユーザー間でソーラー電力を融通し合うマイクログリッドがバングラディシュで展開中

バングラデシュの首都ダッカで2014年に創設された「SOLshare(ソルシェア)」は、地域コミュニティごとにエネルギー供給者と消費者を直接つなぎ、地元で発電したソーラーエネルギーを融通し合うP2P型の電力売買プラットフ...

EVバッテリーを再利用! ルノー、欧州最大のエネルギー貯蔵システム構築へ

フランスの車メーカー、ルノーは電気自動車(EV)で使用したバッテリーを活用する新たなプログラムを立ち上げた。 2020年までに欧州最大のエネルギーストレージシステム構築を目指す。 ・行き場のないバッテリー ルノーが販売す...

消費電力を可視化し、再生可能エネルギーを最適な価格で調達できるスマホアプリ「Tibber」

スウェーデンの首都ストックホルムで2016年に創設された「Tibber」は、消費電力を可視化し、必要な電力を最適な価格で調達できるスマートフォンアプリ。 2018年2月以降、電気自動車(EV)やハイブリッド自動車(HV)...

EVgo、EVの使用済みバッテリーをリサイクル活用したEV充電ステーションを設置

電気自動車(EV)が普及するのに伴い、EV充電ステーションもかなりのスピードで増えつつあるが、米国にこのほど登場したのはEVの使用済みバッテリーをリサイクル活用したもの。 太陽光発電が最も多い時間帯に電気を蓄電しておいて...

1 2

WHAT'S NEW

最新情報