海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

余剰食料

余剰食料


ブロックチェーンを活用し余剰食料の寄付をサポートするソリューション「Goodr」

米アトランタで2017年に創設された「Goodr」は、スーパーマーケットや飲食店など、余剰食料を譲りたい事業者と生活困窮者を支援する非営利団体やチャリティーをつなぎ、生活困窮者らへの食料支援に活かす食料マネジメントソリュ...

商品の販売期限に応じて価格を自動変動させる在庫最適化ソリューション「Wasteless」

イスラエルのテルアビブで2016年に創設された「Wasteless(ウェイストレス)」は、ダイナミックプライシング(動的価格設定)のメカニズムを採用した、食品小売業者向けの次世代型在庫最適化ソリューションだ。 ・販売期限...

余剰食料を割引販売するスウェーデンのB2C型オンラインマーケットプレイス「Matsmart」

スウェーデンで2014年に開設された「Matsmart(マッツマート)」は、余剰食料に特化したB2Cオンラインマーケットプレイス。 これまでに、スウェーデンのほか、ノルウェー、フィンランドで展開し、食料廃棄量の削減に一役...

環境先進国スウェーデン発、余剰食料の値引き販売アプリ「Karma」

北欧スウェーデンは、長年、環境対策に積極的に取り組み、国民の地球環境に対する関心や意識も高い、世界的な“環境先進国”のひとつ。 首都ストックホルムでは、毎月993トンの食料廃棄物が分別回収され、11万5,000立方メート...

飢餓を救う!余剰食料の値引き販売プラットフォーム「Chowberry」

国際連合食糧農業機関(FAO)によると、サハラ砂漠以南のアフリカ地域では、およそ2億3,300万人もの人々が、飢餓や栄養失調に苦しんでいる。 そのうち、一日1.25ドル(約138円)未満で生活する人口の割合が54.4%に...

エコで節約にも役に立つ!見切り品の値引き情報配信アプリ「Afgeprijsd」

欧米では、食料廃棄量の削減が地球規模の課題として広く認識されるにつれて、売れ残りメニューや見切り品を割引価格で販売したい事業者と一般消費者とをつなぐスマホアプリが、ますます多様に増えている。 とりわけ、オランダのスタート...

レストランの売れ残りメニューを割安で販売するアプリ「Food for All」がボストンで誕生

食料廃棄削減連合(FWRA)によると、米国の飲食店が排出した食料廃棄物のうち、寄付もしくはリサイクルされている割合はおよそ15.7%。 飲食店が余剰食料をチャリティなどに寄付する“フードバンク”の仕組みは、米国でも確立さ...

規格外の野菜や果物がお得な定期購入サービス「Tasty Misfits」、ロンドンで展開中

世界食料安全保障プログラム(GFS)のレポートによると、英国では、大きさや形、傷などの理由で、規格を満たさず、市場に流通しないまま、飼料となったり、そのまま廃棄される食料が、総生産量のおよそ4割にのぼる。 最近ようやく、...

ホテルの豪華ビュッフェに特化した余剰食料の割引情報サイト「BuffetGO」が登場

近年、英ロンドンの「Too Good To Go」や加トロントの「FlashFood」のように、売れ残ったメニューを割引価格で提供したい飲食店と一般消費者をつなぐオンラインプラットフォームが徐々に広がり、食料廃棄量の削減...

余剰食料の値引き販売とオンライン寄付を融合させた「Too Good To Go」がロンドンに進出

世界の食料廃棄量が、生産量全体の約3分の1にのぼり、近年、その削減がグローバル規模で喫緊の課題となっている。 このような環境のもと、米ニューヨークの「PareUp」、仏パリの「OptiMiam」、加トロントの「Flash...

1 2

WHAT'S NEW

最新情報