海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

人工知能

人工知能

カーレース業界初の無人自動運転車「Devbot」が登場

日々自動運転技術が進展していくなか、ついにカーレース業界にも人工知能で動く「Devbot」が登場した。業界史上初のその功績に注目の的となっているようだ。 ・ドイツ人デザイナーが開発 注目のレースカー「Devbot」は、米...

ロボットが詩人に!?人工知能が自動生成した文芸作品のみを収録するデジタルメディア「CuratedAI」

米通信社「AP通信」による米マイナーリーグの試合速報や、米有力紙「ワシントン・ポスト」のリオデジャネイロオリンピックに関する主要ニュース配信など、人工知能が、ジャーナリズムの分野で活用されはじめている。 では、人工知能を...

リオ五輪の速報をロボットが自動投稿 !Amazon率いるジェフ・ベゾスが買収したあの新聞社が実施

米国の通信社「AP通信」が自動記事生成ソリューションで米マイナーリーグの試合結果の配信を開始するなど、ビッグデータ解析や人工知能を活用した、いわゆる“ロボットジャーナリズム”が、徐々に広がってきた。 このような状況のもと...

AIが露出を自動調整! iPhoneカメラアプリ「Pix」がMicrosoftから

スマホを使って窓際で写真を撮り、被写体の顔が暗〜くなってしまった、という経験はないだろうか。 そんな残念なショットも、Microsoftがこのほどリリースしたカメラアプリ「Microsoft Pix」を使えばなくなりそう...

絵文字を人工知能が予想!スマホ向けキーボードアプリ「Swiftmoji」が登場

内容にぴったりの絵文字を提案!人工知能を駆使したキーボードアプリ「Swiftmoji」登場 読者の中にはキーボードアプリSwiftkeyを愛用している人もいるのではないだろうか。 人工知能が入力内容を分析して文言を予測変...

人工知能がディナーをリコメンド⁉︎米No1口コミサイトでサービス始まる

日本では食べログに代表される口コミサイトですが、米国のNo1口コミサイト「yelp」では、あなたが夕食を見つける手助けをするために、人工知能を使用しています。 ・どうやってデータを集めているの? このSNS時代。美味しそ...

AIで花の名前や生態を教えてくれるアプリ「Blippar」はiOSとAndroidに対応!

花屋で働いている人や、フラワーアレンジメントなどをやっている人を除けば、目に入る花の名前をパッと言えるという人は少ないのではないだろうか。 バラやユリなど大まかな種類はわかっても、なんという名称のユリなのかはわからない−...

ロボットが記者の職業を奪う!?AP通信が人工知能とビッグデータを使い野球の試合を自動執筆

米ニューヨークで1846年に創設されたAP通信(The Associated Press)は、米国内外で280カ所に拠点を構える、世界的な通信社のひとつ。 2014年以降は、米ノースカロライナ州のスタートアップ企業「Au...

人工知能がコーチング!発音に特化した英語学習アプリ「ELSA」は短期間で効果アリ!?

発音は、英語学習で日本人が最も苦手とするところ。文法や単語の知識は豊富なのに、音として発することに、どうにも抵抗があるという人が多いようだ。 そんな英語難民を助けてくれるのが、この「ELSA」。発音に特化した、新感覚の英...

がん検出率95%!人工知能を用いてがん細胞を特定する方法を米科学者が発明

比較的精度が高いとされるがん診断法の多くは、診断時に使用する生体標識による細胞へのダメージが懸念されている。 その現状打破への突破口となり得るが、カリフォルニア大学ロサンゼルス校、カリフォルニア・ナノシステム研究所のバー...

【Interview】人工知能が“うっかり忘れ”を防止!やるべきことを思い出させるリマインダーアプリ「ピクレトリ」を探る

近年のITトレンドを語る上で、欠かせないキーワードがいくつかある。中でもトップクラスの頻度で登場するのが、“人工知能”。今やアプリをはじめ、さまざまなサービスに採用されている。 そう。これまでSF映画でしかお目にかかれな...

キモかわいい⁉︎AI搭載アリ型ロボット「Antbo」は迷路も突破できる!

ペットロボットと呼んでいいか非常に迷うところだが、昆虫のアリを模したロボット「Antbo」が登場した。 ユーザーの声やスマホでコントロール可能で、しかもAI(人工知能)を搭載しているので、自分で学習しながら周辺を徘徊した...

【Interview】もう”ぼっち”じゃない!人工知能との会話を可能にした「SELF」に感じる未来

“おしゃべりする人工知能”と言って、真っ先に思い出すのが、アップルのSiri。ユーザーの言葉を理解し、求められた中で最適な情報を提供する、秘書機能的ソフトウェアだ。 しかし、その役割はあくまで情報収集のサポート。人の心に...

【Interview】AI搭載でパワーアップ!次世代型マーケティングプラットフォームに大接近

“次世代型マーケティングプラットフォーム”として、数多くの企業から支持される「B→Dash」。 先月より従来の機能に加え、新たにAI(人工知能)を搭載。さらに高精度な施策提案が、期待される。 提供元は、マーケティングテク...

1 2 3 4

WHAT'S NEW

最新情報