海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

人工知能

人工知能

プログラミングとロボット工学を学びながら本格的なAIロボットが作れるDIYキット「NOVA」

進化の止まらないロボット。子供でも簡単に組み立てられて、プログラミングの学習にも最適なDIYキットもよく目にするようになってきた。 しかし、今回紹介する「NOVA」はそれらと一味違う。NOVAは、ロボット開発をしたい人が...

リアルタイムで横断歩道を最適化するソリューションがロンドンで試験導入

歩行者と自動車、自転車が道路で安全に共存できるよう、自動的にリアルタイムで最適化する、次世代型の横断歩道ソリューション「Starling Crossing(スターリング・クロッシング)」が、英ロンドンで試験導入された。 ...

人工知能がヒットを予測しベストセラーを世に送り出すオンライン出版プラットフォーム「Inkitt」

独ベルリンで2015年に開設された「Inkitt」は、読者のパワーを源とする世界初のオンライン出版プラットフォーム。 2016年半ばに書籍の出版を開始して以来、世界中の読書愛好家たちの力によって、16名のベストセラー作家...

人工知能を活用した、ウェアラブル型の高齢者遠隔見守りシステム「Aifloo Band」

スウェーデンの首都ストックホルムを拠点とするスタートアップ企業「Aifloo」は、2015年の創設以来、ウェアラブル型の高齢者遠隔見守りシステム「Aifloo Band」の開発に取り組んできた。 ・ウェアラブル端末で高齢...

スマホで撮影するだけで農作物の異常が診断できるスマホアプリ「Plantix」

独ハノーファーで2015年に創設されたスタートアップ企業「PEAT」は、画像認識により、植物の害虫や疫病、養分欠乏などを瞬時に診断するスマホアプリ「Plantix」を開発。 農作物をスマートフォンで撮影し、画像をアップロ...

【Interview】AIエンジニアの人手不足解消に!人工知能プログラミング特化型のオンライン家庭教師「Aidemy」第1期生の募集開始!

AIは近年、情報通信産業だけでなく、農業や漁業、製造業といった、さまざまな業界で活用が進んでいる。しかし、日本の人工知能エンジニアは日本全体でおよそ1,000人程しかおらず、2020年には約4万8,000人もの人手不足が...

ビジネスで大活躍! AI搭載カメラアプリ「Microsoft Pix」は名刺や書類もスキャン

マイクロソフトの人工知能(AI)搭載カメラアプリ「Microsoft Pix」に新機能が加わった。名刺や書類にカメラをかざすと、対象物を認識してベストな撮影になるようAIが調整するというもの。 しかも撮影後は自動でフォル...

どの髪の色が似合う? AI活用のアプリ「Teleport」なら自撮り写真でお手軽カラーチェンジ

髪の色を染めるとき、どの色にするかは皆慎重に検討して判断するだろう。染めてから、「似合わない」では悲劇だ。 そこで、あらかじめ自分に似合う色を写真でチェックできるようにしたアプリが「Teleport」。人工知能(AI)を...

【Interview】決め手は独自開発の人工知能!機能強化で話題のコミュニケーションロボット「Kibiro」に密着

今回ご紹介するのは、個人ユースのコミュニケーションロボット「Kibiro(キビロ)」。オリジナルの人工知能KIBIT(キビット)を駆使して人と対話したり、クラウドネットワークから情報を提供するパーソナルロボットだ。 今年...

料理の画像をもとに材料とレシピを予測する人工知能「Pic2Recipe!」をMITが開発

料理をワンショット撮影するだけで、材料はもとより、レシピまでわかってしまう。 そんな魔法のような人工知能が、米マサチューセッツ工科大学(MIT)で開発された。 ・料理の画像をもとにそのレシピを自動予測 MITコンピュータ...

6000万件以上の科学論文を集約したオンラインプラットフォーム「Sparrho」

研究活動を通じて得た成果や見解がまとめられた“科学論文”へのアクセス手段は、一般ユーザーにとって、まだまだ限られているのが現状だ。 そこで、科学論文や特許などのコンテンツを集約したオンラインプラットフォームが「Sparr...

スマホが視覚障害者の“目”になる! 身の回りのもの全てを音声描写するアプリ「Seeing AI」がスゴイ

スマホのカメラを人に向けると「20歳くらいの女の人で、微笑んでいます」と描写してくれ、お札を映すと「20ドル札です」と教えてくれる−。 そんな機能を搭載したアプリ「Seeing AI」がMicrosoftからリリースされ...

自撮り写真でステッカー作成! Prismaの姉妹アプリ「Sticky AI」、まずはiOS版登場

昨年リリースされ、瞬く間に大人気となった写真加工アプリPrismaを覚えている読者も多いだろう。写真をサクッと絵画風に加工できるというもので、今や月間ユーザーは1000万人を超える。 そのPrismaに、姉妹アプリ「St...

2~3日先の地震リスクを予測するAIシステムをNASAが開発中、既に20の地震を予知!

現状の技術では地震をできるだけ早く人々に通知することはできても、数日後に地震が起こるリスクを予測することは不可能である。 そんななか、NASAエイムズ研究パーク内に発足したGeoCosmoに所属する研究者らの尽力により、...

1 2 3 4 5

WHAT'S NEW

最新情報