海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

人工知能

人工知能


トマトの実を自動で収穫する屋内農場向け自律型収穫ロボットが米国で開発中

米マサチューセッツ州で2018年1月に創設された「Root AI(ルート・エーアイ)」は、人工知能(AI)やロボット技術を応用し、屋内農場における農業生産性を最適化するためのソリューションを開発するスタートアップ企業だ。...

人工知能によりスマートフォンで撮影した農作物の異常を自動検知するアプリ「SCOUTING」

ドイツの総合化学メーカー「BASF」傘下のデジタル農業ソリューションブランド「xarvio」がリリースする「SCOUTING(スカウティング)」は、人工知能(AI)による画像認識で農作物の異常や雑草などを検知するスマホア...

薬の飲み合わせに伴う副作用を自動予測する人工知能をスタンフォード大学が開発

米スタンフォード大学の研究プロジェクトは、2018年7月、人工知能(AI)を活用し、薬の飲み合わせによる副作用を予測する新たな手法を開発。 学術雑誌「Bioinformatics(バイオインフォマティクス)」において、そ...

KLMオランダ航空が音声コマンドで航空券を検索できる新機能をリリース

KLMオランダ航空は、2018年7月、双方向での会話が可能なGoogleのAI(人工知能)アシスタント「Googleアシスタント」を活用し、音声コマンドでKLMオランダ航空のチケットを簡単に検索できる新たな機能をリリース...

除草剤の消費量を9割削減!人工知能で雑草だけをピンポイントで除草するロボット

米カリフォルニア州で2011年に創設された「Blue River Technology(ブルーリバー・テクノロジー)」は、人工知能やロボット工学といった最先端テクノロジーを活用した“スマート農業機械”の研究開発に取り組む...

英スタートアップ「Wayve」が20分で運転を学習する自律走行車向け人工知能を開発

英ケンブリッジ大学の研究チームが創設したスタートアップ企業「Wayve(ウェイブ)」は、世界で初めて、人工知能(AI)の手法のひとつ「深層強化学習」を自律走行車に応用し、その成果を研究論文共有プラットフォーム「arXiv...

トレーナーはiPhone! AIで正しいスクワットを指南するiOSアプリはガジェット不要

健康管理の一環としてスクワットを日課としている人もいるだろう。足腰を鍛えるのに有効なスクワットだが、正しい姿勢でやらなければ効果が得られない。 そこで登場したのがiOSアプリ「Kaia Perfect Squat Cha...

人工知能により野生動物の特定や頭数カウントを自動化する手法をアメリカの大学が開発

米ワイオミング大学を中心とする共同研究プロジェクトは、2018年6月、人工知能(AI)のひとつ「ディープラーニング(深層学習)」を活用し、画像データをもとに、野生動物を自動で特定し、頭数をカウントする新たな手法を開発した...

顔認識システムを妨害する画期的なアルゴリズムを加トロント大学が発明

カナダ・トロント大学の研究プロジェクトは、2018年5月、顔認識システムを妨害するアルゴリズムの開発に成功した。 技術進歩に伴ってその精度が向上しつつある顔認識システムに対抗し、個人のプライバシーを保護する“プライバシー...

思いついたメロディをすぐにスコア化できるアプリ「frettable」が便利そう

音楽が好きな人なら、メロディがふと浮かぶことがあるのではないだろうか。口ずさんだり、楽器で奏でたり。その音を五線譜に書き込んでいく作曲作業を簡単にするアプリが登場した。 カナダのミュージシャンが開発した「frettabl...

1 2 3 4 5 6

WHAT'S NEW

最新情報