海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

ワシントン大学

ワシントン大学


ワシントン大がカブトムシ用GoProを制作、重さわずか250mg!

ワシントン大学の研究チームは、昆虫が背負うこともできる小型軽量カメラを開発した。このカメラは重さ約250mgと、トランプの10分の1程度。ワイヤレスで操作できて、おそらくCGでしか観たことのない昆虫目線の映像を提供してく...

ワシントン大が開発のスマートリング、次世代入力デバイス「AuraRing」が便利そう!

パソコンやタブレットなどの操作にスマートリングが活躍するかもしれない。 ワシントン大学の研究チームは、リストバンドと組み合わせて使うスマートリング「AuraRing」を開発した。同デバイスは、人差し指の繊細な動きを追跡し...

スマホと紙で中耳炎がわかるアプリ、米大学が間もなく商業展開

乳幼児がかかる病気で最も多いものの一つが中耳炎だろう。突然むずがったり、耳を痛がったりするが、中耳炎をおこしているかどうかというのは素人では判断できない。 しかし、米大学の研究チームが開発したモバイルアプリと紙を使えば、...

AIを活用したロボットアーム型の食事介助ロボットシステムが米国で開発される

米ワシントン大学の研究チームは、2019年3月、人工知能(AI)を活用したロボットアーム型の食事介助ロボットシステム「ADA」の開発に成功した。 食べ物の種類や大きさ、形状などに合わせて、フォークでユーザーの口元までこれ...

レーザーで電力供給して飛ぶ小型昆虫ロボ「RoboFly」、ワシントン大学が開発

空を飛ぶロボット、つまりドローン類は内蔵するバッテリーが動力源となっている。あるいはワイヤーでつながれて電気を得て動いている。 しかしそれとは全く異なる技術を、ワシントン大学の研究チームが開発した。なんと、レーザービーム...

DNAを記憶媒体にする技術が進歩!ストレージ容量400メガで読み取りエラーなしに

ハードディスクと同じようにDNAにデータを保存する手法が検討されている。 じつはDNAは長期記憶媒体として優れていて、たとえば7000前の歯のDNAから持ち主の特性が読み取られた実績がある。 記録容量についても、理論的に...

レーザーを使ってワイヤレスにスマートフォンを充電する手法が開発される

米ワシントン大学の研究プロジェクトは、世界で初めて、レーザーを使って、ワイヤレスにスマートフォンを充電する手法を開発した。 レーザーエミッターからの不可視光線がスマートフォンに電荷を与え、標準的なUSBケーブルと同程度の...

これは不思議! 電子部品なしでWi-Fi通信する3Dプリントオブジェクト

3Dプリンターで作り出されるプラスチックのオブジェクトに、一切電子部品などを付け加えることなくWi-Fi通信させる技術を米国ワシントン大学の研究者が発表した。 洗剤のキャップなどにこの技術でつくったオブジェを取り付け、洗...

スマホで手軽に感染症診断!イリノイ大らが速くて安い検査キットを開発

疾患の早期発見や医療費抑制につながるとして、ポイント・オブ・ケア検査(患者の周辺で提供される検査)が注目されている。 そんななか、誰もが持っているスマホの、高度な処理能力やカメラ、セキュリティ機能に目を付けたのが、イリノ...

車椅子やベビーカーを利用する人のためのルート検索マップ「AccessMap」

「Googleマップ」や「Apple Maps」といった地図アプリは、目的地までの距離や所要時間をベースに最適な移動ルートを検索するものがほとんど。 横断しづらい交差点や段差のある縁石、工事現場など、細かな道路状況は考慮...

1 2

WHAT'S NEW

最新情報