海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

ロボティクス

ロボティクス


電熱線カッターを自在に操る「RoboCut」! 最小限のカットでウサギを彫る

スイス連邦工科大学チューリッヒ校(ETHチューリッヒ)の研究者は、2本のロボットアームの最適な動きを計算するアルゴリズムを開発した。これを適応したロボットアームは、高度に協調して電熱線カッターを操り、プラスチックの塊から...

ジョンズ・ホプキンズ大、人工呼吸器をロボットでリモート操作できるシステムを開発

新型コロナの重症患者が増すにしたがって、人員や個人用防護具などの医療資源がひっ迫する。実際に医療危機を目の当たりにしたジョンズ・ホプキンズ大学の研究者らが、医療資源ひっ迫を緩和するためのシステムを開発した。 同システムは...

カーネギーメロン大、音を分析してロボットのアクションに活かす技術!

マシンビジョン関連技術の進歩には目を見張るものがある。また、触覚関連技術に関してもロボットがモノをつかむために研究されてきた。ただ、これら最先端の技術を備えたロボットも、五感を備えた人間のようにモノを操作することはむつか...

Hello Robotが家庭用ロボット「Stretch」の販売開始! 家事の自動化がすぐそこ

家事を手伝ってくれるロボットには、ペッパーのような外見を想像する方もいるだろう。もしそうなら、今回発売となった身長測定器のような家庭用ロボットには拍子抜けするかもしれない。 でも紹介動画を観れば、このシンプルなロボットが...

ミサイル誘導の技術を虫の研究に! 昆虫の飛行と並行して動くケーブルロボットが登場

研究用途で飛行する昆虫を分析するのはむつかしい。一般的に、狭い空間に閉じ込める、ホバリングさせる、装置を取り付ける、動きを刺激で操作する…といった手法がとられているようだが、いずれも動きに制限がかかってしまう。 こうした...

来院者の検温や誘導をお手伝い!医療機関におけるAIロボットの実証実験がスタート

イグニション・ポイント株式会社(以下、「イグニション・ポイント」)は、AIサービスロボット「Cruzr(クルーザー)」をベースにした日本国内向け対疫病モデルの実証実験を開始。医療スタッフの負担軽減などを目的として、医療機...

ワイヤレス充電器とスピーカーになるテーブル「Suntable」は太陽光で発電!

これからの季節、大活躍しそうなスマートテーブル「Suntable」が登場した。太陽光で発電し、ワイヤレス充電器とスピーカーになる優れモノだ。 ソーラーパネルで発電するスマートなテーブル アメリカに本拠を置くロボティクスの...

カエルのES細胞を部品にロボットが作られる!まったく新しい生命「xenobots」

ゲノム編集や遺伝子組み換えにより生命は再設計されてきたが、バーモント大(UVM)の研究者らは少し変わった方法で新種の生命を誕生させた。アフリカツメガエルのES細胞を部品として用い、ロボットを制作したのだ。 生体部品はスパ...

Ginza Sony Parkでロボティクスの関係性を問う展覧会が開催

Ginza Sony Parkで、人とロボティクスが親和性を高めながら共生していく明るい未来像を表現した「#012 Affinity in Autonomy <共生するロボティクス>」が、12月14日よりスタートしている...

MITの糸型ロボットは細い血管もすり抜ける、ジョイスティックによる遠隔操縦も開発中!

日本人の死因4位の脳卒中。急性脳卒中は最初の90分以内に治療できれば、生存率は大幅に上がると言われている。 MITの研究チームが開発した糸型ロボットなら、将来的に迅速な治療を実現できるかもしれない。 研究チームは、磁気で...

1 2

WHAT'S NEW

最新情報