海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

ロボット

ロボット

飼い主の指ハートにハートポーズで反応!人の動きや言葉を理解する、GPT搭載のペットロボット「Loona Blue」

ペットのいる生活にあこがれつつも「家を留守にすることが多い」「ペットが飼えない物件に住んでいる」などの理由でペットを飼えない家庭は多いだろう。 そんな家庭におすすめしたいのが、人の動きや言葉を理解するGPT搭載のペットロ...

もう大量のロボットは必要ない?急速充電ロボットで、EC倉庫の大規模オペレーションを効率化

ロボット技術の進歩が著しい近年。多くの業界でロボットが活用されており、EC業界も例外ではない。モノを運送するロボットを倉庫に導入し、作業の効率化を図っているEC企業は増えつつある。 しかし、長時間のオペレーションには大量...

ロボットの表情で充電状況がわかる!可愛いだけじゃない、高効率&低発熱の急速充電器シリーズ

UGREENが、2色の「Nexode RG 30W」と「Nexode RG 65W」の3モデルのロボット型急速充電器「Nexode RG」シリーズの発売を開始した。 ロボットの表情で充電状況がわかる UGREENが発売し...

Dreameの汎用ヒューマノイドロボットや4足歩行ロボットなど、世界ロボット大会で注目集める

Dreame Technology(以下、Dreame)は、北京で開催された世界ロボット大会2023(World Robot Conference:以下、WRC)に出展。 多様なロボットを発表し、ロボットのエコシステムと...

ラピュタロボティクス、自動倉庫「ラピュタASRS」発売。物流倉庫の保管効率と生産性の向上に期待

物流業界では、生産年齢人口の減少や人件費高騰に対応するため、生産性向上による省人化対策が急務となっています。 また、物流倉庫内では、通路や棚上の空間ロスにより、保管容積を十分に有効利用できていないという課題もあるようです...

カジュアル・フォーマルな食事シーンになじむ配送・配膳・下げ膳ロボット2種。異なる機種の共働も

東京に本社を構え、商用サービスロボットの開発・製造・販売を手がけるKEENON Robotics株式会社は、60カ国以上に自社ロボットを提供しています。 そしてこのたび、最新型配膳・配送・下げ膳ロボット「DINERBOT...

ゲームコントローラでロボットを遠隔操作。どこからでも点検できるソリューション、施工現場で導入

株式会社センシンロボティクスは、ロボットを遠隔操作・管理する遠隔操作ソリューション「RemoteBase(リモートベース)」を施工現場に提供したと発表しました。 遠隔操作可能!世界中どこからでもOK 「RemoteBas...

地中配管点検を効率化するヘビ型ロボット「Soryu-C」、イタリアの地域暖房設備点検に活用

地中配管点検を行うには、道路に穴を掘り、地上からアクセスする必要があり、点検が難しいとされています。 株式会社ハイボットは、ヘビ型ロボット「Soryu-C」が、イタリア北部の都市ブレシアにあるA2A社が管理運営する地域暖...

カーネギーメロン大発の“視触覚”技術を搭載したロボットハンド、複数のロボットに接続対応

株式会社FingerVision(以下、FingerVision)は、米・カーネギーメロン大学発の「視触覚」技術の実用化を通じて、ロボットや機械の適用範囲を広げ、さまざまな社会課題を解決することを目指しています。 このた...

ネコ型配膳ロボット開発のPudu Robotics Japan、DFA Roboticsと国内飲食店の“おもてなし”追求するロボットプロジェクトへ

パーソル総合研究所・中央大学「労働市場の未来推計2030」によると、2030年、日本の労働需給は644万人不足すると推計されており、特にサービス産業においては400万人の不足が見込まれています。 そんななか、Pudu R...

Mujin、知能ロボット「MujinRobot」向けのハンド開発。多様な袋物の積み下ろし・積み付け作業を実現

株式会社Mujinは、連続新製品発表の第1弾として、知能ロボット「MujinRobot(ムジンロボット)」に搭載できる袋物対応のロボットハンドを、標準ハンドラインアップに追加しました。 自律的かつ臨機応変に動く知能ロボッ...

専門的かつ正確に回答するOrionStarの大型言語モデル「ChatMax」、受付ロボットやAI配送ロボットに導入予定

Orion Star Robotics US Inc(以下、Orion Star)は、独自開発した大規模言語モデルにもとづく、意味理解・ベクトルデータベース・意味検索などの機械学習技術を統合した企業課題解決ツール「Cha...

KDDIら、大規模マンションでのロボット配送実証フェーズ2完了。受容性や課題を確認

KDDI株式会社、株式会社KDDI総合研究所、野村不動産ホールディングス株式会社は、買い物の負担がない未来の実現を目指し、2022年2月より「ロボットを用いた商品配送に係る実証実験」を3つのフェーズで進めています。 今回...

八丈島のリゾートホテル、下げ膳ロボット「Hola Bot」導入。離島の人手不足などの課題解決へ

人口減少や高齢化による人手不足問題は大きな社会課題ですが、国内外の離島ではより一層深刻化しているといいます。 そんな中、株式会社DFA Robotics(以下、DFA Robotics)は、中国のPudu Robotic...

1 2 3 4 5 17

WHAT'S NEW

最新情報