海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

ロボットアーム

ロボットアーム


電熱線カッターを自在に操る「RoboCut」! 最小限のカットでウサギを彫る

スイス連邦工科大学チューリッヒ校(ETHチューリッヒ)の研究者は、2本のロボットアームの最適な動きを計算するアルゴリズムを開発した。これを適応したロボットアームは、高度に協調して電熱線カッターを操り、プラスチックの塊から...

電動車椅子に取り付けて使うロボットアーム「JACO」は、ドアの開閉や物つかみが可能

腕や指先は日常生活において最も利用頻度の高い部位といってもいいだろう。病気や怪我で腕の動きに制限があったり、腕そのものを失くしたりした人の不便は計り知れない。 そこでカナダ企業KINOVAが展開しているのが、電動車椅子に...

AIを活用したロボットアーム型の食事介助ロボットシステムが米国で開発される

米ワシントン大学の研究チームは、2019年3月、人工知能(AI)を活用したロボットアーム型の食事介助ロボットシステム「ADA」の開発に成功した。 食べ物の種類や大きさ、形状などに合わせて、フォークでユーザーの口元までこれ...

選果に最適?! ソフトタッチで物をつかめるロボットアームをMITが開発

ロボットアームと聞くと、人間の腕を模した5本指のあるタイプを想像する人が多いのではないだろうか。しかし、米国マサチューセッツ工科大学(MIT)のコンピュータ科学・人工知能研究所(CSAIL)がこのほど発表したのは、デスク...

絵画もチェスの相手もできるデスクトップ据え置き型ロボットアーム「Hexbot」

ロボットアームも、今や卓上に置ける時代である。それも玩具と大差ないものではなく、コンマ何mm単位の精密な工作ができるものが開発されるようになった。 クラウドファンディング「Kickstarter」に登場した「Hexbot...

ロボットが野菜を収穫!シリコンバレー郊外で世界初の自律型屋内農場が誕生

シリコンバレー郊外のカリフォルニア州サン・カルロスで2015年に創設されたスタートアップ企業「Iron Ox(アイロン・オックス)」は、2018年10月、植物科学と人工知能、ロボット工学を融合させた世界初の自律型屋内農場...

指文字で手話通訳ができるロボットアームをベルギーの大学が開発

ベルギーのアントワープ大学の研究プロジェクト「Project ASLAN」は、手話通訳ができるロボットアームの開発に成功した。 テキストメッセージのアルファベットを、手話の指文字で一字づつ変換し、自動で表現できるという。...

MITが開発した自動建設システムがドーム型の建物をわずか13.5時間で建設

ロシアのエンジニアリング会社「Apis Cor」が専用3Dプリンターで家屋の建設に成功するなど、昨今、建設の分野において、3Dプリンティング技術の活用が広がっている。 しかしながら、従来の3Dプリンティングシステムは、資...

1

WHAT'S NEW

最新情報