海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

ロボット

ロボット


化学薬品なし、熱処理でミツバチの寄生虫を駆除。ロボット×AIの人工巣箱「BeeHome 4」

米国では、150億ドル相当の農作物の受粉をサポートする“自然の労働者”として、ミツバチが一目置かれている。米国農務省によると、世界の種子植物(顕花植物)の80%以上は、繁殖するために花粉媒介者を必要としているという。 花...

まるで人間?会話に合わせて表情を作る、ChatGPT搭載のヒューマノイド「Mark X」が切り開く“ロボットの新時代”

ロボットが人間に代わってデータ入力や社内のヘルプデスクをしてくれたり、週末のショッピングモールや博物館では顧客を誘導・案内してくれたり…そんな時代が近づきつつある。カナダを拠点とするMark Roboticsは、AI搭載...

デスクの“相棒”にいかが?豊かな感情表現・障害物検知が可能な、GPT搭載ロボット「LOOI」がキュート!

「デスクの上で仕事を見守ってくれる」「人間の言葉を理解したり、感情表現をしたりする」そんなユニークなロボットがクラウドファンディングサイトのKickstarterに登場した。TangibleFutureが開発するChat...

プライバシー配慮に焦点をあてたデリバリーロボットも登場、OrionStarが「HCJ2024国際ホテルショー」に新製品を出展

昨今、人員不足の解消や作業の自動化を目的に、多くの飲食店や病院、ホテルなどでロボットが活用されている。ただ、従業員の代わりに自力で料理や物品を配送する自立走行型のロボットは、店舗や施設内で 人の目に触れる機会が多く、セキ...

注目の“ロボットデリバリー”本格化へ。Uber Eatsら、米国発AIロボットを活用した実証を3月に都内で開始か

ロボットが家まで食事を届けてくれる…そんなサービスが、身近になる日もそう遠くないかもしれない。 昨今、物流業界における慢性的な人手不足、飲食店やスーパーへアクセスしづらい地域の課題、顧客体験向上などへの対応策として、自律...

種まき・肥料散布・除草を実行する“AIロボット”で、農業の生産性をUP!ガーナのスタートアップに注目

ガーナの農業技術スタートアップ企業「3Farmate Robotics」は、シリコンバレーの投資家から重要なエンジェル投資を受けたことを発表した。この投資は、アフリカのAI分野で重要な役割を果たすAlliance4aiに...

全自動の窓掃除ロボット、少ない水で除菌&洗浄する“超音波洗浄機”…家庭で使える時短テックアイテム

毎日の皿洗いや掃除といった家事に悩まされている人は少なくないだろう。そこで今回は家事を効率化するテックアイテムをピックアップ。家庭で使える便利な時短アイテムを探している人は要チェックだ。 台湾発の窓掃除ロボット「HOBO...

障害物を避ける四足歩行ロボット、軽量&低コストの協働ロボットも。海外発ロボットが続々と日本上陸

中国発のネコ型配膳ロボット「BellaBot」をはじめ、海外発のロボットが続々と日本へ参入している近年。海外発のロボットは飲食、建設、農業、医療など幅広い分野で活用されており、今後も国内でのニーズが高まると見込まれている...

コンパクトながら可搬重量30kgを実現。重量物を高速搬送する、デンマーク発の協働ロボット「UR30」

近年、生産現場では変動する需要や変化する外的環境に対応できる生産ラインの構築が求められている。 そんななか、デンマークに本社を構えるユニバーサルロボットは、1,300mmリーチで本体質量63.5kgと軽量・コンパクトなが...

仏具“おりん”の職人×ECOVACSロボット掃除機のコラボ。共通する信念・モノづくりへのこだわりとは?

ロボットメーカーのグローバルブランドECOVACSが、2023年3月に創業25周年を迎えた。同社は1998年の設立以来、利益の半分を研究開発費に配当する研究開発型企業として成長してきた。 中国の市場から拡大し、日本、ドイ...

1 2 3 4 5 17

WHAT'S NEW

最新情報