海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

ロボット

ロボット


ギフトとしても喜ばれそう!子ども向けプログラミングロボット「mTiny」

幼児・児童向けのプログラミングキット「mTiny」が10月から発売開始。プログラミングの基礎づくりを行うことを目的としたロボットということで注目が集まっている。 ・プログラミング学習だけどスクリーンは必要なし プログラミ...

パナソニックのパワーアシストスーツが2020年東京パラリンピック重量挙げで採用!競技補助員の作業負担を軽減

このたび、パナソニック株式会社が開発している「パワーアシストスーツ」が、2020年パラリンピックで採用されることが決定。 「パワーアシストスーツ」採用を決定したのは、世界パラ・パワーリフティング(WPPO)競技大会。東京...

最適なタイミングでピンポイントに除草する、人工知能を活用した除草ロボット

米サンフランシスコで2016年に創設されたスタートアップ企業FarmWise(ファーム・ワイズ)は、人工知能(AI)を活用した自律型除草ロボットの開発に取り組んでいる。 ・最適なタイミングでピンポイントに除草する自律型除...

ロボット魚が外来魚にストレスをかけて生態系崩壊を抑制!米大学が研究報告

カダヤシという魚をご存じだろうか。カダヤシはメダカによく似た体長3~5cmのアメリカ原産の魚だが、その分布を広げ、在来の魚や両生類の数を減少させている。2009年には国際自然保護連合により、世界の侵略的外来種ワースト10...

森美術館で展覧会「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命―人は明日どう生きるのか」開催! テクノロジーが人間にもたらすものは、自由か、あるいは……

六本木の森美術館で2019年11月から開催される展覧会「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命―人は明日どう生きるのか」について簡単に紹介! 技術革新や新しいサービスが次々と生まれている今だからこそ、「芸術」という観点からゆっくりと自分たちの未来について考えてみてはどうでしょうか。

分身ロボット「OriHime」を開発するオリィ研究所が、「分身ロボットカフェ DAWN ver.β2.0」を10月に期間限定オープン

分身ロボット「OriHime(オリヒメ)」の開発、提供を手掛ける株式会社オリィ研究所は、難病や重度の障害で外出困難な方が分身ロボットを操作して接客を行う「分身ロボットカフェ DAWN ver.β2.0」を、2019年10...

AgriTech(農業テック)スタートアップのinaho株式会社、伊藤忠テクノロジーベンチャーズなどから資金調達を実施

自動野菜収穫ロボットを開発するinaho株式会社は、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ株式会社、創発計画株式会社、株式会社ドフ、複数の個人投資家から資金調達を完了しましたこと発表した。 inaho株式会社とは inaho株式...

乾電池で動くロボット「エボルタNEO」くん、トライアスロン完走!

東京オリンピック・パラリンピックを1年後に控え、1988年のカルガリー冬季オリンピックから最高位のオリンピックスポンサーとしてオリンピックを支えているパナソニックが、新たな挑戦をした。 乾電池の実証実験 パナソニックは単...

温室で栽培されているトマトを自動で収穫する自律走行型ロボット「GRoW」

イスラエルのスタートアップ企業MetoMotionによって開発された「GRoW」は、三次元ビジョンシステムやマシンビジョンアルゴリズムなど、ロボット工学や自動化技術を活用し、温室で栽培されているトマトを自動で収穫する自律...

振動で動く世界最小サイズの3Dプリントロボットを米大学が開発

いま、さまざまなロボットの開発が進んでいる。今回、アメリカのジョージア工科大学が開発したのは、振動で動く世界最小サイズの3Dプリントロボットだ。 ・振動を利用して動く3Dプリントロボット ジョージア工科大学は、圧電アクチ...

1 2 3 4 5 7

WHAT'S NEW

最新情報