海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

ロボット

ロボット


温室で栽培されているトマトを自動で収穫する自律走行型ロボット「GRoW」

イスラエルのスタートアップ企業MetoMotionによって開発された「GRoW」は、三次元ビジョンシステムやマシンビジョンアルゴリズムなど、ロボット工学や自動化技術を活用し、温室で栽培されているトマトを自動で収穫する自律...

振動で動く世界最小サイズの3Dプリントロボットを米大学が開発

いま、さまざまなロボットの開発が進んでいる。今回、アメリカのジョージア工科大学が開発したのは、振動で動く世界最小サイズの3Dプリントロボットだ。 ・振動を利用して動く3Dプリントロボット ジョージア工科大学は、圧電アクチ...

2.5分でコーヒーをいつでもどこでも淹れてくれる超頑丈なバリスタロボット「Aroma」

もうすぐやってくる夏休み。キャンプやハイキングのとき、淹れたての美味しいコーヒーが飲めたら素敵だ。 今回登場したのは、2,5分でコーヒーをいつでもどこでも淹れてくれる超頑丈なバリスタロボット「Aroma」。 ・熟練バリス...

収穫の是非を自動で判断! レタスの収穫ロボット「Vegebot」を英ケンブリッジ大学が開発

英ケンブリッジ大学の研究チームは、2019年7月、アイスバーグレタスを自動で収穫するロボット「Vegebot(ベジボット)」を開発した。 研究成果をまとめた論文は、学術雑誌「The Journal of Field Ro...

ホテルのシーツを自動で殺菌! 極小スマートロボット「CleanseBot」で快適睡眠

旅行や出張のとき、体調が悪くなったことはないだろうか。もしかするとその原因は、いつもより多くの細菌にさらされているためかもしれない。 綺麗に見えるホテルのシーツは清潔とは限らず、バクテリアが潜んでいる可能性がある。 今回...

人間の暴力に耐えかねたロボットが反撃! Boston Dynamicsがパロディー動画を公開

最近のロボットは、周囲を“見ながら”自律的な動きをとったり、マップ情報をもとに目的地に向かったりと高度な能力を取得している。 もちろんそれはカメラやコンピューターなど人間が搭載したマシーンで動く。しかし、ロボットはいつの...

四つ足ロボット「HyQReal」は重さ3トンの小型飛行機を牽引できる!

駆け足をしたり、飛び跳ねたり、ジャンプしたりと、ロボットが多彩な能力を身につけつつある昨今だが、このほど登場したのは力持ちタイプ。 イタリア技術研究所(IIT)が開発したイヌのような四つ足ロボット「HyQReal」は重さ...

集団で目的を達成する「パーティクル・ロボット」をMITが開発

MITの研究者らは、グループでつながって動く「パーティクル・ロボット」を開発した。生体組織をつくる細胞からインスパイアされて生まれた同ロボットは、移動したり、物を運んだりといった作業を集団でおこなう。 シンプルなユニット...

自分好みのサラダが60秒で完成!世界初の自動販売機型サラダ製造ロボット「Sally」

「Sally(サリー)」は、米カリフォルニア州のスタートアップ企業「Chowbotics(チョウボティクス)」が世界で初めて開発した自動販売機型サラダ製造ロボット。 ショッピングモールやオフィス、病院、空港など、3フィー...

クモの糸をロボットの筋肉に、MITの研究者がスパイダーシルクの新たな性質を発見

クモの糸の素材(スパイダーシルク)は軽くて強いことで知られ、近年では、湿度の変化に応じて突発的に収縮する「超収縮」といった性質も確認されている。 このような優れた性質から、人工的にスパイダーシルクを製造して産業利用しよう...

1 2 3 4 5 6

WHAT'S NEW

最新情報