海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

ミシガン大学

ミシガン大学


ミシガン大がデータを自己消去できるメモリチップ開発! 偽造やデータ漏洩の防止に

精巧に作られたチップの改ざんや偽造を検出するのは非常に困難だ。日々利用しているデバイスが、データを送信し続けていたとしても気づかない可能性があるだろう。 ミシガン大学の研究チームが開発したメモリチップは、データが7日間で...

ミシガン大が熱を利用した“ソーラー”バッテリー技術! エネルギーを効率的に再利用

太陽光や風力発電で生成したエネルギーを熱として保存する「蓄熱方式」は、電気のまま蓄積する方式よりも低コストで運用できるとのメリットがある。ただ蓄熱方式では、熱を電気に変換するプロセスにまだ課題があり、効率の改善余地がある...

ミシガン大開発の無料オンライン学習プラットフォームはリモート授業を促進する!

リモート授業を支援するさまざまなデジタルツールが登場している。Google Classroomなど、ファイル共有や評価などに重宝するものもあるが、カリキュラムの管理までできる総合的なツールは意外に少ないようだ。 ミシガン...

ミシガン大開発のAIは見切れた動画からも人の姿勢が認識できる!

現行のAIは、全身が表示された動画ライブラリにてトレーニングされており、身体の一部だけが映った動画の認識精度は極端に落ちる。また、基本的にトレーニングに利用される動画には人手でラベルが付けられる必要があった。 ただ、We...

ミシガン大、宇宙船などで利用できる自己完結型バグ修正システム!

一般的に、ソフトウェアのバグ修正の際は、パッチをダウンロードしてソフトウェアを再構築する必要がある。ただこのモデルは自動運転車やドローン、宇宙船といった移動する車両には適応できない。 本来はこうしたシステムこそ、いち早く...

ミシガン大、コーチング的手法を取り入れたメール作成支援ツールを公開!

学生が初めて企業や研究機関にメールを送るのには勇気がいる。メールの作法はわからなくても、先方との繋がりをつくるために、まずは連絡しないと始まらない。 ミシガン大学の研究者は、インターンシップの機会を得る際の経験をもとに、...

ミシガン大が窓用ソーラーバッテリーで光の利用効率8%を達成!

ビルの窓などに設置できる透明なソーラーバッテリーは、スペースを有効利用しつつ電力が得られて経済的だ。 実用に耐えられるソーラーバッテリーの開発が求められるなか、ミシガン大学の研究チームによるプロダクトでは、高い光の利用効...

ミシガン大、ロボットが効率的にモノを探すためのモデルを発表!

配膳や片付けをしてくれる家庭用ロボットの登場に期待がかかるが、サービスロボットには、自律的にモノを探す能力が不可欠だ。 こうしたなか、ミシガン大学の研究チームは、ロボットがモノを素早くに見つけるための技術を開発した。 「...

ミシガン大がAIベースのバーチャルカウンセラーを公開!

新型コロナによるストレスは、誰もが少なからず感じているだろう。うまく話を聴いてくれる人がいれば、ハードな状況の人ほど不安や孤独感が解消されるにちがいない。 ミシガン大学とテキサス大学の研究チームは、こうしたカウンセラーの...

ミシガン大の室温自動調節システム「HEAT」はメンバーの快適性を最大化してくれる

大人数のオフィスでは、エアコン温度調節の正解を決めかねる。ミシガン大が開発のサーモスタットは、室内のメンバーにとって最適な温度を自動で算出。省エネにまで寄与してくれるようだ。 ミシガン大学の研究者グループは、従来のサーモ...

1 2

WHAT'S NEW

最新情報