海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

ミシガン大学

ミシガン大学


ミシガン大が窓用ソーラーバッテリーで光の利用効率8%を達成!

ビルの窓などに設置できる透明なソーラーバッテリーは、スペースを有効利用しつつ電力が得られて経済的だ。 実用に耐えられるソーラーバッテリーの開発が求められるなか、ミシガン大学の研究チームによるプロダクトでは、高い光の利用効...

ミシガン大、ロボットが効率的にモノを探すためのモデルを発表!

配膳や片付けをしてくれる家庭用ロボットの登場に期待がかかるが、サービスロボットには、自律的にモノを探す能力が不可欠だ。 こうしたなか、ミシガン大学の研究チームは、ロボットがモノを素早くに見つけるための技術を開発した。 「...

ミシガン大がAIベースのバーチャルカウンセラーを公開!

新型コロナによるストレスは、誰もが少なからず感じているだろう。うまく話を聴いてくれる人がいれば、ハードな状況の人ほど不安や孤独感が解消されるにちがいない。 ミシガン大学とテキサス大学の研究チームは、こうしたカウンセラーの...

ミシガン大の室温自動調節システム「HEAT」はメンバーの快適性を最大化してくれる

大人数のオフィスでは、エアコン温度調節の正解を決めかねる。ミシガン大が開発のサーモスタットは、室内のメンバーにとって最適な温度を自動で算出。省エネにまで寄与してくれるようだ。 ミシガン大学の研究者グループは、従来のサーモ...

NASA も支援!海底火山を探索する自動運転水中ロボットを米研究所が開発

どんどん進化していくロボット。今回、ギリシア沖の海底火山で自動運転水中ロボットが、堆積物のサンプリングに成功した。 ・ 海洋ロボットが堆積物の自動サンプリングに成功 このロボットは、アメリカのウッズホール海洋学研究所が開...

IoTデバイスをよりコンパクトに、ミシガン大が極小・超低消費電力のBluetooth無線チップを開発!

低消費電力の近距離無線通信を実現するBluetooth Low Energy(BLE)は、IoTを支える技術の1つだ。このほど、ミシガン大学の研究チームは世界最小クラス、ミリスケールのBLE無線チップを開発した。 BLE...

ミシガン大が世界最小コンピュータを開発。0.04ミリのサイズにしてデータの保持や通信が可能!

これがパソコン…信じられるだろうか?ミシガン大学が、米粒よりも小さいコンピュータを発表。その大きさはなんと0.04㎣だ。 実は、3月にはIBMが1mm x 1mmのコンピュータを発表し、それまで世界最小だったミシガン大学...

有機太陽電池として最高レベルの変換効率15%を米ミシガン大学が達成

米ミシガン大学の研究プロジェクトは、有機太陽電池として史上最高レベルとなる変換効率15%の有機太陽電池を開発することに成功した。 その成果をまとめた研究論文が、2018年4月、学術雑誌「Nature Energy」に掲載...

すべてのスマホでiPhoneのように3Dタッチが使える⁉︎アプリ「ForcePhone」を米大学が開発中

Apple社がiPhone 6s/6s Plusに搭載した3Dタッチ機能。指で画面を強く押すことで操作ができるようになるというものだ。 この3Dタッチ機能をどんなスマホでも利用できるようにするアプリを、米国ミシガン大学の...

1

WHAT'S NEW

最新情報